GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

アルスラーン戦記 第二十一章「別れの詩」感想、最後までカッコつけおって!

その城は攻めちゃダメッス!? パルス軍、三騎士物語!!

イメージ 32

イメージ 1

 アレだ、まるでザンデさんみたいな猪トリオが、パルス軍にも誕生! フォローを忘れぬギーヴさんイケメン!
 雨降って地を固め、パルス軍が向かう「聖マヌエル城」といや
 エトワール君の城じゃないか…

 次回、陥落必至の城主は何を思い、エト君はどんな暴走をしてしまうのか…!?

ギーヴさん旅立つ
 なるほど、因縁を利用して「新参者」の溜飲を下げさせ、また何かを探させる任務だったのか
 汚名も厭わぬギーヴさん、テライケメン。

 銀さんの動きといい、どんどんドラマが重なって行きますね。

ザラーヴァント『我らを後方に追いやって、手柄を立てさせぬつもりか!』

イメージ 3

 完全に3人1セットが定着した模様。

忠義のあり方
 新生パルス軍はペシャワール城塞を発ち、迎え撃つべくルシタニアも各地の軍を召集
 銀仮面はこれに応じず、自らアルスラーン打倒に動く

 パルス軍の不和は、ギーヴが「悪党を演じる」事で収拾、彼はナルサスの密命で単独行に赴く。

 またギーヴは、彼を憎んだ三人の騎士を人知れず助け
 彼らの殿下への忠誠を新たにさせた

 やがてパルス軍は、古城・聖マヌエル制圧に動くのが、その守備隊にはエトワールの姿があった―――。 

 次回、第二十二章「出撃前夜」

ナル『ま、ザラーヴァント殿たちが気分を害する理由もわからなくは無い』

『彼らからすれば、どこの馬の骨ともしれぬ連中に見えるだろうさ―――』

イメージ 2

イメージ 4

イメージ 5

 積極的に煽り倒していくスタイル。

私も含めてな?
 やはり、色物集団で固められた「アルスラーン殿下の側近たち」に、正規の騎士は不満を抱く
 むしろ堂々と口にする分、彼らはマシな部類だろう

 時間が解決しない以上、ナルサス次の一手が必要だという。

 てなワケで。
 今回、頼りになるのはギーヴである。

 何より一番クチが達者というか、口から生まれたヒトだものね。

 にしてもこの人、どこの国の人なのか未だ謎ですね。

ヒルメス私兵『裏切り者の始末如き、あのお方を煩わせることも無い!』

クバード『(殿下じゃない)となると、ザンデか』

イメージ 6

 一方、元祖・イノシシ武者のザンデは、クバードが軍の内情をバラすと考え抹殺部隊を。
 かくして、クバードは完全に「ヒルメス陣営」に愛想を尽かす。
 やっちまったな!

 ただ、今更ペシャワール城塞となると、すれ違いになっちゃいましたね。

イスファーン『なんだと! 貴様、俺の兄を射殺したというのか…!』

ギーヴ『あぁ? だから何だ?』

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 アダ名は「ファルハーディン」、狼に育てられた者。シャプールが雪山で拾った子らしい。

ガス抜き
 一方、城塞最後の夜、ギーヴはイスファーンを挑発して騒ぎを起こし、「追放」処分を受ける。
 殿下は、「筋を通す」「正規軍を大切にする」と
 印象付けるためだ
 
 こちらにしてみれば、新参者はアンタらの方なのだがな?

 が、ギーヴさんよく言った!
 まったくだよ!

 ともかく、ギーヴが追放される事が大切なのだ

双頭将軍『お、おい早まるなギーヴ殿!? いますぐ殿下にっ!』

ギーヴ『おたっしゃで、殿下!』

イメージ 10

 こうして、「目障りな楽士の追放」で不満にガス抜きしつつ、ギーヴには探し物の旅へ。
 殿下が王となられる為、いずれ必要となるかもしれない
 さて、何を探しに旅立ったのか?

 にしても、事情を知らないキシュワードさん、良いヒト過ぎてつらい。

アルスラーン『(見ていてくれ…、ギーヴ!)』

『行くぞ! ルシタニアを打ち倒し、王都エクバターナを取り戻す! 出陣!!』

イメージ 13

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 14

 整然と行進し過ぎィ! そらもう、現代軍隊もビックリの整然さだヨ!
 
城塞王都
 5月、パルス軍は城塞を発し、迎え撃つルシタニアも「統治」に割いていた兵団を集結
 が、銀仮面は召集に応じなかった。

 良い、放っておいてもヤツは必ずここに来るだろう…、アルスラーンの首を掻き切る為にな?

 さすが王弟、気付いているらしい。
 cv子安は伊達じゃない!

 さて、圧倒的優勢のルシタニアも「正攻法」で落とせなかった王都、どうやって落とすのか…?

殿下『サン・マヌエル?』

ナル『古い時代の砦で、長らく放置されていたところを占拠されました』

イメージ 15

 さて、寡兵で攻城戦に挑まんとするパルス軍は、その前哨戦に「聖マヌエル城」を狙う。
 パルスの城だが、なぜかルシタニアの偉人の名を持つ城だ
 交流があったのだろうか?

 攻めるには難しい地形に守られ、幕僚は首を捻る。

 これまで、パルス領内ゆえ「戦場」にもなりえず、平和な時代は使いにくかったのでしょうか。

ナル『大陸行路に位置するここを落とさずして、進むことは出来ません』

イメージ 16

 しかし、ここを守る温厚な将軍は、本来『ルシタニア王国・図書館長』らしい。
 そこが付け目になるだろう
 が

 前回の通り、この城こそ、エトワール君が所属する城なのです―――

 ひと騒動は避けられませんね。

ファランギース『チャスーム城塞? はて、聞いた事が無いな?』

キシュワード『ルシタニア軍が、最近新たに築城した拠点だな……』

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

 敵を侮ってはいけない(戒め)。

若者達、血気に逸る
 が、その前にパルス軍内部でひと騒動、先日の騒ぎで「お前達こそ新参者だ」と煽られた為か
 行軍中、青年将軍トリオが突出してしまったのだ。

 最近、監視用に新設されたという砦を侮り、罠に嵌る三将軍!

 いつもと逆だ!?
 パルス軍、寡兵を相手に罠にハマる!

 結果、三将軍と将兵は、アルスラーン本隊と分断されてしまった!

ナルサス『このまま彼らを残し、進軍するという選択肢もありますが?』

イメージ 20

 人為的な「土砂」に道をふさがれ、敵に追われる彼らが、どこまで逃げたのかも検討はつかない
 既に足元も暗く、見捨てるのも選択肢だが―――

 迷うことではない! すぐに全軍の足を止め、救出部隊の準備を!

 殿下、即断即決!
 ナルサス双頭将軍もニッコリである。

エラム『申し訳ありません、切り立った岩山が迷路のように入り組んでいて…』

ナルサス『地の利を敵に取られたか…』

イメージ 21

 パルス軍は、辺境の地の地形を把握した敵軍に苦しめられるが、響いたのは琴の音色―――
 あまりに場違いな、今だからこそ響く音色!

 あのギーヴが、彼らの居場所を教えてくれているのだ!

 ギーヴさん格好よすぎる! 

トゥース『我らが犠牲になれば、殿下の本隊が無傷で進めるというものだ…』

イスファーン『……そう考えれば、無駄死にではない、か』

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

 ギーヴと喧嘩した「仇」の男、イスファーンは、彼に助けられたと気付いた模様。

騎士の本懐
 結果、追い詰められ玉砕を覚悟していた三騎士は、冒頭で侮辱したダリューン以下「本隊」に救出
 が、なぜ助けに戻ったのかと殿下に問う。
 犠牲はつきものだ

 だが、それでも私は少しでも多くの者に生きて欲しい……。諸君らの力を、生きる為に貸して欲しい。

 犠牲は出る
 だが、それでも少しでも「生きる為に」戦って欲しいのだと。

 三騎士、心からの忠義を尽くすと決める。

ファランギース『止めはすまい、だが殿下から伝言だ。聞いていけ』

『“最後まで、面倒をかけてすまない”と』

イメージ 1

イメージ 29

イメージ 30

 しばらく戻るつもりは無い、男前だったぜギーヴ…!

別れの詩
 やがて、ギーヴを止めるかのようにファランギースが現れるが、彼はふりきって旅立つ。
 あのギーヴさんが!

 旅立つ彼は、生きる、死ぬ事は「旅立つ」事、時は人を老いさせてゆくと謳う

 全ては『旅』であり
 また、時間というものは限られている……。

 決して心配することは無い、それに時間は限られている、だから必ず帰ってくると……?

銀仮面『待っているぞ…、貴様との決着に相応しい舞台を用意してな…』

イメージ 31

 一方、銀さんは難攻不落のザーブル砦を占拠、ルシタニアの呼出し命令を無視する暴挙に。
 彼の考えでは、もはやルシタニアの命運は尽きた
 そういう事か…?

 いよいよ、生かされていた国王、アンドラゴラス三世らも最期か…?

予告『アルスラーンは、考えねばならないことが幾つもあった…』

イメージ 32

 今回は、漫画化担当の荒川女史と同じく、スクエニ出身漫画家の中村光先生。聖☆お兄さん

次回「エトワール」の城へ
 ここは、「探索任務」も兼ねてギーヴを出奔、不和を鎮めるって流れだったのね。
 さすがナルサスさん、ただでは起きない

 にしても、お前達こそ新参だろうがとは良く言ってくれたもんです、さすがギーヴさん!

 結果的に三騎士の忠義も深まった格好。
 いかにも、続く決戦の中で死んでしまいそうなフラグとも思えますが……。

 次回、第二十二章「出撃前夜」