GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

アイドルマスター シンデレラガールズ 第20話「Which way should I go to get to the castle?」感想。炸裂! 舞踏会を待つ前に

魔女の波紋! 大揺れシンデレラ・プロジェクト、ソロデビュー!?

イメージ 24

イメージ 1

 おそらく、後腐れなく凛を旅立たせる為でしょうが、本田さん突っ走りすぎィ!? 予想外のラスト!?
 第一期といい、シンデレラの核弾頭やで本田ァ!
 しまむらさんは一体…。

 多分、常務自身は「良いアイドルを選んだ」だけでしょうが、嵐を呼びすぎッショ!

冬まで待つ、秋でもやる
 また、「舞踏会」を待つまでもなく、秋でまで成果を求められる苦境
 この苦境にトラブルときた!

 秋までにトラブルを解決、舞踏会を気持ちよく決め、最終回って流れなんでしょうか?

美城『私は、君達三人の組み合わせに可能性を感じた―――』

イメージ 11

 引き抜きではなく、「掛け持ち」を提案する魔女。

「その先」が見たくて
 常務は、秋のアイドルの祭典に「各部署の成果を問う」と打ち出し、自身もProject Kroneをプロデュース。
 その“美城スタイル”の一員に、凛とアナスタシアも選ばれた
 常務は、掛け持ちで構わないという

 二人は惑い、しかしアーニャは「挑戦」に、凛は加蓮と奈緒とのユニットに「何か」を感じた

 美波は微笑んでこれを受け入れるが
 未央は凛が何を考えているかが、卯月はどうしたらいいかが分からなくなる。

 未央の出した結論は、自身もまたソロ活動を始めることだった――――。

 次回、第21話「Grown for each.」

常務『私は、キミ達の才能を買っている…、それを伸ばしてみないか?』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 Krone、ドイツ語で「冠」か。

Project Krone
 常務は、自身のプロジェクトと「掛け持ち」しないかと、凛とアーニャに意思を問う。
 彼女たち自身の、自主性に問う。

 また秋のアイドルの祭典を“成果を問う”場とし、各部署に発奮を促した。

 生き残りが懸かった状況
 しかし、Pの心境は穏やかならざる有り様に。

 さすが常務チョイス、美しい。

本田『頑張るしかないね…、何が何でも、頑張るしかないじゃんっ!』

イメージ 12

 一方、冬の「舞踏会」を前に、部署解体になるやもと提示されたシンデレラも混乱
 しかし答えはシンプルだ

 ただ、成果を出せばそれで良いのだから。

 クオリティッスよ!

本田『こんなことくらいで、負けてられないよねっ!』

『だって、ニュージェネでやりたい事、まだまだあるもん!』

イメージ 13

 が、「new generations以外のユニット、トライアド参加を問われた凛や
 同じく、シングルデビューを促されたアーニャには
 未央の言葉が刺さる…!

 本田未央…、恐ろしき精神攻撃!

大槻唯『一緒にやろうよっ♪ 衣装もキメキメでカッコイイしさ、迷う事ないって!』

鷺沢文香『―――でも、アナスタシアさんが迷う気持ちも、解る気がします』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 20

 顔色悪ゥい!? でも美人さんだ!!

自覚的に無自覚に
 アーニャも、既にKrone入りを決めたアイドル達と出会い、「挑戦する楽しさ」を思う。
 奇しくも、美波と重なる言葉だった。

 挑戦するのは、楽しいからっ♪

 蘭子ちゃんさんまで!
 良いコトだけど、シンデレラを追い込んじゃってますよ!?

 挑戦すること、それ自体はとても尊いことなワケで―――。

アーニャさん、スマホを消灯する

イメージ 21

 現在、ユニット活動している以上、パートナー美波への相談は必須の事だ。
 しかしアーニャは、一度は美波のアドレスを出すも
 連絡せずに終えてしまう

 彼女に、相談で「余計な負担をかけたくない」のでしょうか

 でも、今回ばかりは……。

北条 加蓮『私、このチャンス逃したくない――――』

『デビューしたいのも勿論だけど、奈緒と凛と三人で、もっと歌ってみたい!』

イメージ 19

 そして、凛の場合は「ユニット」、三人で歌ったときに感じた手ごたえを信じたいと押され
 加蓮、奈緒との“Triad Primus”参加を乞われた

 私達が感じた何かは、本物だって信じてるから!!

 熱く語る加蓮
 けれど、凛にはnew generationsもある以上、二つ返事できるハズもなく――――

鮮やかな♪ 色まとう波紋は 風 受けて 飛び立った――――

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

 今やるべき事は、あの時の笑顔を越える事だから。

可能性を感じたなら
 だが、いざ練習に参加した凛は心が沸き立ち、アーニャもまた「挑戦」に魅力を感じていた
 二人が、可能性を感じたなら――――

 あの時の笑顔の、もう一歩先を、見つけられると思うのでしたら……!

 Pの役割はサポートだ
 だから、二人自身が願うならサポートするのが本道だ

 今は、自分の企画か常務の企画かは関係ない、二人が笑顔になれるかが大切なのだと―――。

 Pは背中を押す事を決意する

アーニャ『今まで私、一人で決めた事なかったデス……』

『だから、“変わるならそこから変わらないと”と、思いましタ…!』

イメージ 29

 今回、結果だけ聞かされた美波だったが、それは「自分で決めたかった」からだとアーニャは言う
 アーニャが変わる、「挑戦する」為の第一歩
 美波は笑って受け入れる

 けれど、確かにアーニャの道だけど、美波の今後にも関わることなワケですよね――――。

美波『ここからじゃ、(夜空の星は)あんまり見えないね?』

アーニャ『ハイ…、でも、いま見えないだけ――――』

イメージ 30

 夜空を見上げる二人、夜空の星のように、二人の行く先は未だ見えないけれど
 ただ、いま見えないだけ。

 アーニャが「挑戦したい」と選んだ道の先は、果たして、どうなっているのでしょうか。

 いずれ見えてくる将来は、果たして望ましいものなのか。

島村 卯月『私…、新しい事を考えるの、苦手なのかも……』

本田 未央『いやいやー、私は、勢いだけでも動きたくなるタイプだから』

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

 即座に追うP、成長してる!

わからない
 一方、盛り上がっていたnew generationsの動揺はその比ではなく、またも未央が暴走。
 ただただ、三人とも「解らない」

 感じたんだ…、新しい何かを。それが解らないから…、それを確かめたいの!

 感じた何かが「わからない」
 そんな事を言う、凛の気持ちが「わからない」

 そして、島村卯月は、こんな時にどうすればいいのかが全くわからない……。

 三者三様に、ただただ分かりたい

莉嘉『美波ちゃんはそれで良いの!?』

美波(天使)『ええ、私は大賛成よ♪』

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 1

 でも卯月もまた、ちゃんと決意した顔をしてるから…?

まずは動いてみる
 だが、もう未央も泣いてふさぎこむばかりじゃない、彼女なりの「回答」で挑む!
 凛の負担を軽減する為に…?

 本田 未央、本日よりソロ活動を始めますっ! よろしく!

 本田爆弾!
 でも、これなら凛は集中してやれる!

 きっと今は、かけもちして状況じゃない、集中しても時間が足りないくらいだから!

 でも卯月は……?

次回、「それぞれの為の成長」

イメージ 17

イメージ 8

イメージ 30

 一期以来、美波さんが損な立場に ⇒ それを笑って受け入れるって背負わせすぎだとは思う

お城への道は…?
 やはり、シンデレラ達にどの道を行きますか、と誘う問いかけの回。
 凛もアーニャも、挑戦を選ぶ!

 そこで未央は、凛と同時に最大限に頑張れる方法、ソロ活動を選んだって寸法か。

 でも、それなら卯月とユニットでも良いじゃん?
 なら未央の真意は…? 

 次回、第21話「Grown for each.」