GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『BB-399 バーサル騎士ガンダム』、ランナー写真。金と銀、二色メッキの喜び!【SDガンダム外伝】

「騎士の頂点」、四半世紀を経て待望のレジェンドBB化!

イメージ 2

イメージ 3

 ジークジオン、必ず倒して見せる…!

BB-399 バーサル騎士ガンダム
 2012年4月キット、騎士ガンダムの本体とマントを流用し、待望のバーサルがキット化!
 ちょうど、「スパロボ」に出演している事から
 タイミングを合わせたらしい

 ポイントは肩、ゴールドとシルバー、二色メッキを組み合わせるのが嬉しい!

 なお青い部分はシールの模様。
 フルアーマーに無かった、赤いマントの復活もチョー嬉しい!

 ポリキャップはPC-303とPC-7、レジェンドBB第一弾の流用ですが、基本仕様は最新とほぼ同様。

全ての騎士の上に立つ者、それがバーサル騎士である

イメージ 4

 ちなみに、宇宙世紀」を意味する“ユニバーサル・センチュリー”が由来。

騎士、新生
 魔王サタンガンダム打倒で炎の剣を失い、フルパワーを発揮できなくなった三種の神器」。
 HP800に低下した騎士は、騎士サザビーの亡霊に敗れ
 霞の鎧、力の盾までも失った

 この装備は、騎士の元の鎧と盾に、砕かれた神器をかけあわせ打ち直したものだ。

 HPは2000まで上昇、鍛冶屋テムさんまじスゲェ!

シールは主に、肩アーマーと、ほぼパール一色の武器を補う

イメージ 5

 問題は武器で、金のシールを張っても微妙に足りない感じ、ここは塗るべきか。
 また、肩も曲面なので難しそう。

 鎧や剣の星マークは、ちゃんと金メッキでパーツ分割再現です。

ランナーA,C

イメージ 6

 A,赤&パール
 C,紺色

 この辺は騎士からの流用で、軽装タイプに用いられるパーツ。

 マントも「一応」全パーツが付属しています。

ランナーF1、F2、F3、F4

イメージ 7

 F1、パール
 F2、銀メッキ
 F3、金メッキ
 F4、クリアレッド

 主に肩、頭部に用いられるメッキパーツ群!

 クリアレッドは鎧、武器の赤いアクセントを再現するパーツで、なんか久しぶりの仕様。

G、ポリキャップ&ホイルシール

イメージ 8

 G、パール
 PC-303 ポリキャップ
 PC-7 球状ポリキャップ

 武器と鎧の新造部、本体に比して、大型化した電磁ランスの迫力がパねぇ!!

 ちなみに、槍の一部(G-12)を中央で切ると、旧キットにあった可動ギミックが再現できるオマケつき。

本キットの「すげぇな」ポイント、バーサル鞘

イメージ 9

 スライド金型を使い、合わせ目も肉抜き穴もなく、一体成型で再現されてます。
 いやー、これまた久々ですね。

 BB戦士399番、バーサルに懸ける想いがありがたい。

気になるのは「マントがバックパック側にくっついてる」事ですが

イメージ 10

 この仕様で、マントがやや「遠い」のが気になりますが、余剰部品のA-5が使えそうですね
 騎士ガンダム用パーツ

 鎧にかみ合わない部分があり、ニッパーで切り落とす必要があるっぽい。

 頭と胴体で挟み込み、胴体側で固定する部品です。 

BB戦士の通算400番、果たしてその正体は…!

イメージ 1

 例によって、騎士とサタンのドタバタエピソードになってますが、遂に二人が合体!!
 四半世紀を経て、BB戦士コミック上で誕生!

 このスペリオルドラゴンは、「元祖SD」で商品化されたガンプラでした。

 BB戦士化する日は、果たしてくるのでしょうか…!

ジオン族の本拠地、「ムーア界」の死闘に消えた伝説の勇者―――

イメージ 11

イメージ 20

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

 決戦にはガンダム族だけが赴き、その全員が未帰還となった

ラクロアの勇者
 悪の皇帝、ジークジオンとの闘いに身を投じ、復活した宿敵「ブラックドラゴンと融合
 スダ・ドアカの神「スペリオルドラゴン」を甦らせ
 ジークジオンを討ち果たした

 バーサルは、その戦いに赴いた際の姿、全ての騎士の上に立つ騎士である。

 異世界の「頑駄無真悪参」でもあり
 元の武装とは、秘宝“白銀の盾と銀狼剣”が時空を越える際、変じたものでもあった。

 従って、スペリオルドラゴンは、ブラックドラゴンの一部となっていた炎の剣
 三種の神器全てに武者の秘宝まで取りこんだ事になる

 竜神さまマジぱねぇ