GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

クロスボーンガンダム ゴースト 10巻[長谷川裕一]感想。復活の“フルクロス”! フォントの思考、冴え渡る!!

 シリーズ第4作。Vガンダム』の裏舞台、UC0153年の知られざる戦いを描く“蛇足”の物語。

“サウザンド・カスタム”最後の大奮戦! 黄金王、その欠陥とは…?

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

※画像右下隅のクリックで拡大。

 決戦に入り、乱入してきた“サウザンドカスタム=サーカス”が壊滅、事態は一気に終局へ。
 金目当てに渡り歩いた彼も、その主義は初代の名キャラ
 カラス先生の主義に基づいていたね…

 今巻も、「考えて」必死にモビルスーツを乗りこなすフォントもカッコ良い!

フォント、ハッタリの嵐
 何が良いって、自機の性能と状況を鑑みて、本来は想定してなかった使い方で退けていく
 そんな戦い方がカッコいい!

 今は必死に黄金王の欠陥を探っていますが、さてどういう事なのか?

“サーカス”の意地に、黄金王は機能不全に陥るが……?

イメージ 7

 その穴を埋めたのは、戦艦を殴り壊すムチャクチャなMA! 相変らず荒唐無稽すぎて楽しい!

その王に膝は折れぬ
 UC0153年、周辺の機体を停止させる「ミダス」、子機を打ち込んだ対象の制御を奪うサイコミュ
 大型MA「カオスレス」を実用化したキゾ中将は
 ザンスカールに反乱を起こす

 同時に宇宙細菌を打ち込みパイロットを殺害、「苗床」と化す彼らは、猛威を振るった。

 フォント達「蛇の足」は彼らを止めようと襲撃し
 また、細菌を奪い、他の細菌を全滅させ「独占」を図るサーカスは共闘に

 サーカスは壊滅に陥るが、その置き土産から、“センサー”が停止現象に関係があると判明。

 そこに細菌を「焼き払う」べく、カーティスの手配した奥の手が――――?

改修を経て、ファントムは「ゴーストガンダム」へ!

イメージ 1

 V2と同じ光の翼」を目指した失敗作、幽霊となって戦場へ!

XM-XX ゴーストガンダム
 技術的に未熟で、「翼」の余剰を全身から放出、Iフィールドで押さえ込む事で成り立つ欠陥機
 今回、その余剰パワーをビームライフルに転用したものの
 収束できない欠陥品に

 要は、真っ直ぐ飛ばないだけなのだが、「曲がるビーム」として敵を驚かせる

 或いは、全身の噴出孔から「翼」を最大放出
 全身ビーム砲に!

 結果、オーバーヒートに陥るなどムチャクチャだったが、ハッタリとして役立てていく!

“銀のフルクロス”、思ったほどは活躍せず?

イメージ 9

 とはいえ面白い形で見せ場を持っていったフルクロス、やっぱ格好良いですね!
 盲目なので、センサー類が通常と異なり
 それが突破口に

 黄金王は、センサー類が「支配」機能に関わっているらしいですが…?

 巻末には本機の詳細な設定も。

トビア=カーティスが語る、MS進化の限界

イメージ 6

 また今回興味深く、また納得の行く話だったのがこの辺のくだり。
 既に、モビルスーツが進化したくても
 人がついてこれない

 設定上は、Zの時点で「リニアシート」が発展、パイロット保護を行っているんですよね。

 その限界を越える新提案が、今回のコクピットだと。

最強の“一騎当千”見参! やだ、カッコ悪いわコレ!?

イメージ 10

 最後のサウザンド・カスタム機は、失敗作のファントムを除く「性能統合」の機体。
 その多彩な機能により、こんな愉快な外観に
 ひどいな…。

 巻末によれば、仕様書をみた担当者が吹き出したという、公式「面白デザイン」扱いでした

 これで強いんだから世の中わかりませんね。

「サーカス」指揮官クォ・グレー、散る

イメージ 11

 シリーズ一作目、カラス先生の教え子だったのか。

「意地」ゆえの死
 これまで、カネ目当てを貫いてきたクォ・グレーですが、最後は意地のままに死ぬ辺り
 キゾを「強い」と認め切れなかったんでしょうか

 ギリギリで気遣ったり、ああいうやり口で、結構部下思いだったりも。

 感傷を見抜いたり、年の功が光ってましたね。

収録

イメージ 8

 彼に庇われ生き残ったサーカスの人、どうなるんでしょうね。

 機動戦士クロスボーンガンダム ゴースト<MOBILE SUIT CROSSBONE GUNDAM GHOST>、10巻。
 長谷川裕一著、角川コミックス・エース、ガンダムエース連載作品。
 2015年8月発売(前巻2015年4月)。

 プロローグ
 第41話 銀の咆哮
 第38話 開幕
 第39話 道化 対 黄金王
 第40話 HI・KA・RI

■巻末 メカ解説
 XM-XX ゴーストガンダム
 クロスボーンガンダムX-0 フルクロス
 バタラ・ハードローラー
 EMS-TC07 グレゴ