GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

Fate/kl プリズマ☆イリヤ ツヴァイ ヘルツ!第5話「浴衣と花火」感想。“トレース”と“魔法少女”、正しい使用法!

 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ ヘルツ!(2期の2期)。

三期初の転身シーンがコレですかよ!? ミユ、その正体は…

イメージ 29

イメージ 30

 今、全裸を隠すために敢えて変身する勇気! ひもくじの正解を探す為の“トレース・オン”! 有用過ぎィ!
 グッダグダながら、再び「ミユの正体」へ疑念を深めていく中
 美々ちゃんのワンカットが可愛い!

 まったく…、イリヤもミユも、いつまで棚上げしとくつもりなのかしらね…?

棚上げ問題
 なお、本作もいよいよ「棚上げ」を終え、ラスト一月はシリアス突入!
 八枚目のカード、任務を降りるミユ…

 そして士郎さん、バイト姿が似合いすぎにも程がある!

凛『浴衣は日本伝統のパジャマ、下着はつけないものなのよ?』

イメージ 3

 ハイ、のっけから騙されたー!!

棚上げ
 ミユはいつもの面々に誘われ、初体験の夏祭り、花火に幸福に翻弄されてゆく。
 一方、ひと段落した凛とルヴィアも息抜きに現れ
 士郎を巡って死闘に…

 その夜、イリヤ何気ない気持ちで「魔法少女になった経緯」をミユに問い、はぐらかされた。

 ミユは何かを隠している
 それも、イリヤとクロにも関係する何かを隠している―――。

 クロは現状維持する二人に、また、バイトのダメットが大損害を出した事に嶽間沢豪兎も呆れていた。

 次回、第6話「Blue glass moon」

クロ『セラって着付けも出来たのね?』

セラ(メイド姉)『もちろんです! メイドとして当然のスキルです♪』

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 ウソ、昨日あわてて調べてた(byリズ)
 
命儚い祭りだ少女よ
 夏の日、セラとリズをお留守番にして始まったお祭り回、ホントこの二人は出番が少なく寂しい!
 無論、ミユも祭りは初体験で――――

 あの店は…、ひどいボッタクリをしている……!

 原価厨!?
 ミユ、目の付け所がシャープエッジ!

 綿菓子が疑問だというミユ、何故ならボッタクリだからだッ!

 なのに、何故みんな幸せそうなのか…?

イリヤ『えぇと…、お祭りっていうのはそういうものじゃ…』

龍子『祭りの楽しさは、計算なんかじゃ計れないぜッ!』

イメージ 7

 そこに、祭りを満喫する夏女、受け身だけは免許皆伝の「嶽間沢流武術」武術の使い手・龍子が現れ
 なんか知らんが衝撃的な体験をしてゆく
 物理的な意味で。

 いやー、神輿にひかれないかヒヤヒヤしましたね!

ミユ『もし…、今のが祭りの本来の楽しみ方なら…』

『私には、上手くやれる自信がない―――』

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

 いちいちミユさん、可愛すぎィ!

悪くないかも
 ともあれ、次第にミユも祭りを堪能してゆくのだが、今度のトラブルはイリヤ起こす。
 彼女、マジカル☆ブシドーというアニメが大好きなのだが

 それ、本物もってるくせに、今更そんなオモチャでどうすんのよ?

 嫉妬したステッキがキレた!
 いや、元々アンタのが後から来たんですし!

 なお両者まとめて捨てられた模様。

 これでも、英霊にも匹敵する超絶チートアイテムなのに!

サファイア『ミユ様、ミユ様は浮気なんてなさいませんよね?』

ミユ『もちろん、私はずっとイリヤ一筋だから―――』

イメージ 14

イメージ 15

 なおミユさん、壮絶に見当違いな返答をした挙句、美々ちゃんに素材を提供した模様。
 チョコバナナ二刀流!

 流行なのか二刀流!

くじびき屋『―――いらっしゃいませ』

三人娘『『『なんかダメっぽいお店の人きたァ!?』』』

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

 忘れがちですが、クロは「アーチャーの英霊カード」が核なので!

約束されし縁日価格
 さて、ボッタクリといえばダメット・フラガ・マクレミッツだが、今度はひもくじ屋のバイト
 外れた場合、ヒモしかくれない!

 ハズレで景品を与える気など、微塵もありませんッ!!

 対抗し、「トレース」で構造解析するクロ!
 解析ならお手の物!

 ホント、便利な魔術である。

ルヴィア『では、これで残りの全てを―――』

凛『これなら、ここにある景品全てを持って帰っても問題ないわよね?』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

 曇りなき眼…!

士郎さん似合いすぎ問題
 結局、ヒモくじは「五十万で全て買う」という荒業で、当たらないハズの景品まで根こそぎに。
 そんなルヴィア達と共に、士郎と合流する

 龍子の親父再びだと!? たいして興味も無いのに、龍子の家の事情をここまで知ることに…

 龍子の家かよ!
 てっきり、柳洞寺関連だと思ってたよ!

 いわく、イリヤの誕生会でよくして貰ったから、手伝っているという。

 士郎さん、どの世界線でも好青年ですねえ

嶽間沢 豪兎『コイツをもってきな! 良いってコトよ! アイツもな…』

イリヤ『龍子、ここまで遠ざけられるなんて……』

イメージ 23

 また、嶽間沢流の継承者・豪兎は、娘を早く屋台から遠ざけてくれイリヤ達に促す。
 なんせ龍子、二期に「パウンドケーキ」を作った際など
 フリスクをブチ込んだ革命児である

 龍子を料理に近づけてはいけない(戒め)。

凛『そういえば浴衣の着付けって言うと、よく間違った話を聞くわよね?』

士郎『間違った話?』

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

 凛ちゃんさんになんて事を……。

恥辱の連鎖反応
 さて、ようやく兄と過ごせるかと思いきや、凛の仕掛けた「全裸浴衣」の罠が炸裂
 ルヴィアは真っ赤になるが――――

 甘いですわね遠坂凛! エーデルフェルトの策は、隙を生じぬ二段構え!!

 どこの飛天御剣流だよ!
 ルヴィア、凛に水風船を「突っ込んで」「割る」二段構え!

 凛、もらしたのかと誤解される悲劇。

 ひでえシナリオだよ!

イリヤ『浴衣の時に、下着をつけないのは間違いって言ってたよね……』

クロ(ちょっとした痴女)『脱げなきゃバレないから、問題ないでしょ?』

イメージ 28

 だが全ては前ふり、実はイリヤ達も「急場の知識」で着付けされ、同じ過ちを……。
 これが夏の日の過ち!

 あまつさえ、偶然とんできたラムネの瓶で!

 ちょっとした痴女から完全な痴女へ 

ダメステッキ『おお! これはまた随分とステキな格好でっ♪』

イリヤ『ルビー! ちょうど良かった、転身するよっ!』

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

 初転身がコレかよ!

魔法少女とは(哲学)
 幸い、ルビーが飛来したことから「転身」で服装チェンジし、事なきを得るイリヤだったが
 ルビーにこっぴどく説教される

 何故なら、「変身」とは肌を露出をするものであり、露出を隠すものでは無いと。

 ルビーさんの謎哲学。
 魔法少女とは、なりゆきで変身して露出する少女だとッ!

 言い切ったァ!?

 このステッキ、もうアカン!

サファイア『裸とコスプレ少女で、後者を選択したのですね?』

ルビー『はなはだ不本意な使われ方ですっ』

イメージ 32

 なお、ミユが「和服の着付け」もこなせた為、イリヤは変身解除をする事に。
 ミユ>魔法のステッキ。

 また今回の通り、エーデルフェルト家では和服を着る機会はない。

 海外の名門ですから。
 つまり、ミユが「着付け」を出来たのは、彼女本来の技能という事になるんでしょうね。

イリヤ『ルビーがね、魔法少女って、なりゆきでなるもんなんだって?』

ミユ『私は―――、私も、そんな感じ』

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

 もういっそクロが聞けよと思わんでもないが、答えないだろうしねぇ…。

心に棚を量産中
 さて、ひと騒動を終えたイリヤは、ミユに「魔法少女となった経緯」を何気なく尋ね
 答え辛そうに返され、そのまま濁してしまった

 まったく…、イリヤもミユも、いつまで棚上げしとくつもりなのかしらね…?

 一期でしたでしょうか
 ミユは、本来は戸籍も何も持ちません

 イリヤ同様、偶然ステッキに認められた彼女は、「居場所を下さい」とルヴィアに懇願。

 オープニングでは主役同然の彼女、その棚上げは――――。

ダメット『そんな!? この通り売り上げも!』

嶽間沢 豪兎『足りるわけねェだろうが! バイト代、引かせて貰うからな!』

イメージ 37

 一方、ヒモくじを完売したと意気揚々のダメットは、嶽間沢流武術継承者・嶽間沢 豪兎
 そんなんで足りるわけねェと叱責
 またも轟沈。

 そも、二等以上をとられた時点で終わっていたのだ……!

 バカな…!

次回ミユ『今回の作戦から、外して頂いて構いません―――』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 38

 エンドカードは、今週の総作画監督、平田和也さん。クロかわいいな…。

次回、カード回収に動きが…?
 シリーズ構成、ライトノベル作家・井上堅ニさん脚本での完全オリジナル回。
 冒頭、お約束のウソが飛び出したと思いきや
 被害に遭うのがイリヤとは。。。

 次回も、前半はドタバタのオリジナルやってから、後半でシリアス突入でしょうか?

 ただアレだ!
 ここまでカード回収を棚上げした上、シリーズの結末はアレだ!

 今シリーズ結末へ、原作未読組の反応、そして「四期」がいつになるのかが気になりますね!

 次回、第6話「Blue glass moon」
 さぁ残り一月だ!