GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

うみねこのなく頃に散Episode8 8巻 [夏海ケイ]感想。激戦決着! 真実よりも大切なこと

 無数に描かれた本シリーズですが、私は夏見先生版&水野先生版のみ購読。

「お前の家族は死んだ」。確定を示す“赤い真実”を蹴り越えた先へ!

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 2

※画像右下隅クリックで拡大。

 幼い頃に見せてもらった「魔法」は、成長した今、ただのチープなトリックだって解る。
 けれど、それは幼い自分を楽しませる為についたウソ
 そこにあったのは善意

 だからそれを理解した今、自分も、誰かに「魔法」が使えるんだよって解る。

「事実」より尊いもの
 エンジェの言葉、事実なんかより尊いものがあるって事、それがすごく温かい気がした巻でした
 事件は、「真実」だけ並べ立てれば凄惨なもの
 だけどそうじゃない

 みんなの意思を理解したから、真実だって乗り越えられる、すごく救われる結末。

バトラさんが戦う人すぎて辛いぜ!

イメージ 1

 前巻の皆と同様、バトラさんが強すぎて最高だったぜヒャッハー!

エンジェの旅立ち
 ベルンは、黄金郷とそこにいた者達を消し去り、バトラさえも殺害してしまう。
 だが、事実を知ったエンジェだからこそ
 今は解ることがある

 真実、結末がどんな形であったとしても、エンジェは彼らの心を知った。

 だから、もう彼らを憎まない。
 彼らを思い続ける限り、彼らが胸から消え去ることは無い。

 事実を突きつけるだけのベルンカステルには、事実を知って屈指しないエンジェは倒せない。

 一回り強くなったエンジェは、再び「現実」へと立ち向かう――――

絶対的な存在に、食い下がったラムダデルタ!

イメージ 5

 いってみれば、アウアウローラの「強さ」を表現する役割だったラムダデルタ
 でも、食い下がって吼える姿
 めっちゃ格好良かった!

 ホントお前ら、ミステリで叫ぶ熱さじゃないぜオラァ!!

「過去」に誘った死神、ベルンカステル

イメージ 9

 また今回、ベルンを「死神」と評するシーンが、またカッコ良く的確だったというか。
 彼女は、「真実を教えよう」って誘った

 それはエンジェの「過去を忘れる」って選択肢を遮り、過去を振り向かせた行為だったんですよね

 真実を教えることが、人間を救うとは限らないっていうか
 この辺の下り、なるほどなーって。

それにしてもこの魔女、ベタベタである

イメージ 7

 エンジェは、「結末」とか「事実」とはどうあれ、彼ら自身に悪意は無かった事を思う
 彼らを憎まずに、自分の大切な思い出にする
 共に生きていく事を選ぶ

 それはさておき、ベアトがすげぇノリノリで何よりです!

 いや、この辺のくだりめっちゃ愉快だった!

作画:夏海先生得意のネタ、コラ劇場!

イメージ 6

 本編を切り張りし、ネタ台詞を添えるセルフパロ劇場、今巻も面白かった!
 あのシーンをこう使うのかよ!
 みたいな

 同時発売の9巻で完結ですが、夏海先生の新シリーズ、絶対買おうと改めて思うよ!

収録

イメージ 8

 まさに嫁に行く笑顔、エンジェがキレイ、胸中思って歳甲斐なくボロボロいきました。ホント。

 ガンガンコミックスJOKER「うみねこのなく頃に散Episode8、8巻」。2015年8月(前巻2015年4月)
 原作・監修:竜騎士07。作画:夏海ケイ
 月刊ガンガンJOKER連載。

 第31話「激闘の果て」
 第32話「死」
 第33話「反魂」
 第34話「縁寿の選択」

 巻末やカバー下にオマケ漫画あり。
 巻末作者コメント。

 同時に最終巻が発売され、縁寿が×××する衝撃展開からスタート…! その感想はまた後日に。