GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

Charlotte -シャーロット- 第八話「邂逅」感想、喧噪、初めて出会う懐かしい人。

騒がしすぎる日常カムバック! テンション高すぎな“邂逅”の意味は…?

イメージ 31

イメージ 1

 邂逅とは噂の盲目バンド、ZHIENDのサラとの出会い。ズブ濡れさんや「他校の男女」じゃなくて!?
 キャラ的には、テンションが友利会長とよく似た人ですが
 どう関わってくるんでしょう

 けど、もしそんな時が訪れた時には、上手くやれよな?

「変わる」決意
 そんな彼女、ズルをしたという物言いや成功、元・能力者のような雰囲気ですが
 ズルをして成功して、それを捨てた時の覚悟とは?

 その決意は、有宇くんにはどんな形で訪れるのでしょうね?

有宇『行ってくるな? 歩未―――』

イメージ 2

 いつもなら、冒頭と最後は妹さんパートだったのにな…。

岐路を越えた人
 有宇は、歩未の死を乗り越え登校し、周囲も彼を気遣い「いつも通り」に「元気付けよう」
 カレーをPVをライブ・チケットを差し入れる

 その帰り道、有宇は“ZHIEND”の盲目ボーカル、Sara Shaneと出会った。

 友利兄妹が大好きなバンド
 有宇は、「友利一希」の覚醒を思いつき、Saraに同行を頼む。

 果たして、未だ「バンドマン」であるとする一希は、Saraの歌に僅かに正気を取り戻した。

 Saraは有宇の優しさを指摘。
 有宇は、友利が自分を変えてくれた事を想い、彼女とのZHIENDライブに胸を膨らませる。

 次回、第九話「ここにない世界」

有宇『(このウザいまでの賑やかさ…、いつも通りの日常を送れそうだ)』

『(白柳さんにも悪いことしたな、次会ったら、謝らなくちゃ)』

イメージ 3

イメージ 4

 いや、そこは電話しようよ!

ウザいまでに騒がしい日常
 立ち直った有宇を、高城やゆさりんら仲間達は温かく迎え、教室もいつもの喧騒に溢れていた
 今は、いつも通りになる事が大切だ、と
 有宇自身も解っている。

 遅っせェなァ! お前ら何座だ!!

 一方、会長は平常運転
 というか、「呼び出し」って事はずぶ濡れさんが来る!

 前々回のアレ、何だったのか…!

友利『じゃあ揃ったところで、とりあえず黒羽さんのPVでも見ますか』

高城『いやぁったぁぁぁぁあ!!』

イメージ 5

 が、揃ったところで流されたのは、ゆさりん新曲PVだったというビックリ展開。
 何がビックリって、ずぶ濡れさんは来ないの!?

 あ、今日はアイツ来ないッスよ?

 全くの別件だったらしい。

友利『ふーん……、良いじゃないですか?』

柚咲『友利さんに褒められるなんて、ゆさりん嬉し~~い♪』

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

 あ、いま自分の事を「ゆさりん」と言ったので減点

商売的には百点満点
 しかし、PVはちょっとしたものというか結構ガッツリ作られてて、スタッフさん力入れすぎィ!
 その出来栄えを巡り、会長が珍しく褒める場面も
 前より柔らかくなりましたね

 赤点じゃないですか! 柚咲さんがバカみたいになってるじゃないですかー!!

 高城君もツッコミ適切だな!
 ひくなッ!

 というか冒頭の「最初のおまじない」も含め、前半がゆさりん祭り過ぎィ!

 占いコーナー潰して生まれたシロモノだったのか…!

友利『ンな事ァどうでも良いんだよ! ここにZHIENDのチケットが2枚あるッ!』

『あなたの歌が百点満点なら、ZHIENDは百万点ですッ!!!』

イメージ 14

 ともかく、別に用が無かったのに召集された理由は、ライブに誘う為だった。
 会長のお気に入り、兄が大好きだった盲目バンド
 ジエンドのライブがあるのだ

 タマには良いんじゃないですか? 息抜きも

 要は、これも会長なりの「最高の」気遣いだったっぽいですね。

ミサ『BPM260の超高速ツーバスを聴けるなら行くッ!』

友利『BPM260の超高速ツーバスは聴けないのでご遠慮下さいッ!』

イメージ 13

 アイドルにドルヲタ、この面々で海外バンドを聴きたいのなんて、他にいませんしね!
 なお、BPMとは音楽の演奏テンポの速さを示し
 バスとはバス・ドラムの事?

 つまり、スゲー速いスピードでドラムを二個連打するロックな感じって事でしょうかイェア!

有宇『(何だ!? 今の、もしかして……!)』

盲目の外人『――――お前は、モダン焼きを食わせてくれるのか?』

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 幸い、店員がバンドメンcv杉田だったので、「Sara」だと裏づけされる事に。 

それはソバ入りなのか!?
 帰り道、有宇は聞き覚えのある声をした、盲目の外人女性に「モダン焼き」について詰問され
 彼女にオゴられるというウルトラCを成し遂げる。

 って、また変なのが出てきた!?

 店員もcv杉田だ!
 有宇は、彼女に押しきられお好み焼き屋「RYUYA」に。

 どうも彼女、モダン焼きが忘れられず、来日をチャンスだと探し回っていたらしい。

 日本語も堪能だなオイ!

有宇『えーと、僕はウーロン茶。…いや、広島焼き二つで』

イメージ 18

 有宇は、いつものクセで買い食いを控えよう、妹との夕食に腹を空かせておこうとし
 もう、帰っても誰もいない現実に気付き
 胸を締めつけられる

 アンタ…、何か良くない事でもあったのか?

 その重い雰囲気に、盲目の女「Sara Shane」は敏感に察するのだが――――

サラ『誰か、身近な人を失った、とか…?』

『――――良かったら、聞かせてくれないか?』

イメージ 19

 盲目の女、友利兄妹の大好きなバンド「ZHIEND」ボーカル、サラは事情を言い当て
 今や、すっかり弱った有宇から事情を聞きだすや
 線香まで上げてくれた

 その妹さんにケムリをあげさせて欲しいッ!

 スモーク!?
 曰く、親切にして貰ったから、恩返しをしたいのだというサラ。

友利『アタシはZHIENDの演奏が好きで、CDを聴いたりライブを見たいだけです』

有宇『えぇ~~~?』

イメージ 20

 さて有宇は、その大ファンである友利を引き合わせようとするが、彼女はあっさり断ってしまう
 だが、有宇にはもう一つ考えがあった

 もう一人の、「遠くに住んでいるファン」に会わせるのだ。

 しかし、会長がずっと後ろ姿だったのは…?

サラ『いいよ? どこにでも連れてってくれ』

『アンタの大事な事は、あたしにとっても同じくらい大事な事になってんだよ』

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

 なんてこった! コロッケ・ソバのメニュー! アメイジングすぎるぜッ!

見覚えある旅路
 何故か、妙に有宇に親身になってくれる彼女は、彼が親身とする「ファン」に会う為に骨を折り
 道中、コロッケ・ソバに感動したりしつつ―――

 これは懺悔なんだ。罪滅ぼしのようでもあるな……

 盲目は後天的なもの
 曰く、「人生について考えた事はあるか」と。

 サラは自分が歌も演奏もヘタクソで、夢に破れた女だったと過去を語る。

 二話連続ヒキコモリ描写だと…!?

有宇『でも、今はそうなってるじゃないか?』

サラ『それは“ズル”をしたからさ。自分の欲の為だけにな……』

イメージ 27

 サラは一度は神を恨んだが、“ズル”をして成功者となり、日本でもスゲェ売れたという。
 現在では、日本では知る人ぞ知る「世界的に高評価な」バンド
 どのくらい前なんでしょ

 だが、社会現象並みに売れた結果、周囲は彼女を食い物にしようとざわめいた。

 家族に迷惑をかけ、弟を誘拐されさえした。

サラ『だから、そういうのはヤメにしたんだ。地味なバンドになる決意をした』

『最後にな、引き換えに視力を渡して、ジ・エンドさ♪』

イメージ 28

イメージ 1

 ジ・エンドが、ZHIENDなのは…?

ZHIEND
 かつて、ズルして成功して後悔した彼女は、地味に好きに演奏する道を選んだ。
 失った視力は、対価に神に渡したのさ
 と、こともなげに笑う。

 けど、もしそんな時が訪れた時には、上手くやれよな?

 人生を変えた岐路
 果たして、彼女に何があったのか……?

 そりゃ、有宇くんだって「ズルして成功者になろうとして」、ご覧の有り様なクチですが……?

 にしても何歳なんでしょ、この人。

有宇『すまないな、こんな遠い場所まで連れて来て』

サラ『ほぉ? 気付いているか、今のアンタはとても優しい―――』

イメージ 29

 また、お察しの通り、有宇君の目的は「友利の兄に会わせる」ことだったが
 その行為には、有宇自身のメリットはない
 彼もまた変わった

 かつて、ズルして他人を蹴落としていた彼は、友利と出会って変わったのだ―――、と。

 高城くんは!?
 スーパーアイドルゆさりんは!?

サラ『そいつは予想以上にヘヴィだな……』

有宇『かつてはアンタのバンドに憧れて、メジャーデビューする寸前だった人だ…』

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

 上手くいきすぎて、兄さんが豹変しないかヒヤヒヤした!

邂逅
 やがて一希の病室に着くと、今まさに、彼は「作曲」の真っ最中というヘヴィな状況だった
 が、それは彼が「音楽」を忘れていない
 という事

 な…、お………?

 サラの歌は奇跡を起こす
 彼女の生歌にも、しばらく荒れ狂っていた一希は静かに

 妹、友利奈緒の名前にも反応するなど、彼の「治療」は大きな一歩を踏み出すことに。

サラ『だったら、アンタというお客がいる事を意識しながら歌うよ』

『アンタの大切な人も来るんだろ? その人の為にもな』

イメージ 36

イメージ 37

 今期、ワカコ酒とかやってるcv沢城さんの好演。

ハッピーエンド…?
 かくして、有名バンドガールと奇縁を作り、友利を「特別だ」と意識し始めた有宇だったが
 当の友利から感謝される。

 お礼を言いたかったんです、ありがとうございます―――。

 友利の感謝
 しかし、一貫して表情を見せないのは…?

 いつもの平板な声でなく、かすれた声は感謝のような。

 しかしどうにも、全体的に上手く行きすぎて、どんでん返しの前ふりっぽい印象が……?

有宇『どうして、こんなに懐かしく感じるんだろう……』

イメージ 35

 いつか初めて聴いた時、的確にイメージを感じ取ったように、妙に聞き覚えある有宇。
 兄の件といい、記憶に欠落がある有宇

 なら、その盲目ボーカルこそ有宇の兄である、という流れかと思いきや……?

 男っぽい人です
 それに、弟がいたとか。
 やたら新切な件も含めて怪しいですが、直球過ぎてむしろ違うのか……? って感じ。

次回、ここにない世界。つまりどういう事?

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11
 
 今週、ゆさりんが今までで一番かわいく見えた気がします。

ハイテンション外人!
 なんだか、友利会長を連想させるような底知れなさ、変な外人サラさん登場!
 異国食にテンション上がる外人良いよね…

 ただ、友利に変えられたんだと意識し出した有宇君が、ヘシ折られるフラグに見えて仕方ない!

 先週がダウンだっただけに、今週はテンションが高くて、冒頭だけでも凄い賑やか!!
 でも、もう八話目まできてしまった本作
 次の動きが起こるのか?

 次回、第九話「ここにない世界」