GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

クラスルーム☆クライシス 第八話「金と選挙と学園祭」感想、久々の全員制服! いいドヤ顔だった!

  資金の行方、判明。動き出す霧羽三兄弟! さて社長は?

イメージ 29

イメージ 18

 苦境におかれ、祭りも学園祭にも参加したことがないというナギサを、あっけらかんと誘うミズキ。
 構図が、ヒーローとヒロインで逆転してた感があって
 そこがなんとも微笑ましい 

 

 たった一晩だったが、ちゃんと僕はクラスの一員として――――

 

僕がいた証
 初めて仲間と参加した証に、どこか誇らしげだったナギサが、ちょっといじらしい一幕。
 けど、そうした「優しくされる側」から
 ナギサも立ち上がる!

 

 図式は三兄弟の暗闘ですが、動きが見えない長兄、社長が不気味ですね。

    霧羽ナギサ『学園祭が終わったら、覚えておけよ…!』

イメージ 3

 イジメ☆かっこ悪い!

 

ナギサ、立つ
 文化祭前夜、再び「労働組合」と彼らに支持された政治家、村上サダユキがカイトを訪ね
 言葉巧みに篭絡、カイトに選挙協力を取り付ける。
 彼らは野党、「大宇宙党」だ

 

 選挙直前、野党・大宇宙党が四割の支持を集め、与党・星民党を圧迫していた。

 

 霧科という「会社」は、与党・星民を支持する。
 便宜を図ってくれるからだ。

 

 そんな中、次兄ユウジは個人的に「星民」支持を打ち出し、不正に資金を送り続けていた。

 

 ナギサは流れに気付き、文化祭に後ろ髪を引かれながらも
 その政治、社内派閥闘争に身を投じる。

 

 次回、第九話

    政治家ども『見ての通り、選挙前から苦戦気味でね。資金が足りんのです』

    ユウジ『そんな…、先日“五本(五億)”もお渡ししたばかりでは!』

イメージ 4

イメージ 5

 支持23%の方が与党、「星民党」。

 

「予算」の行方
 選挙、与党「星民党」は長らく会社に便宜を図っており、社の上層部は彼らの味方だという。
 だが支持率は低く、政権交代は必至

 

 焦った落ち目の与党・星民は、更なる予算を請求するばかり。

 

 しかも居丈高!
 まったく、何様だって話!!

 

 見たところ、ユウジは「個人的に」A-TECに予算を彼らに供与、社長の座を狙っているらしい。

    労働組合のお偉いさん『霧羽部長!? 何やってるんですか、あなた…』

    ナギサ『見て解らないのか? 明日から学園祭じゃないか』

イメージ 6

イメージ 7

 一方ナギサ、愚痴りながらも一人で徹夜し、展示の「立て看板」を作り上げたらしい。
 かわいいドヤ顔である。

 

 さて、この“労働組合”は「大宇宙党」の支持者だ。

 

 社と組合、支持政党が違うのである。

    大宇宙党の議員『学園祭で、カイト先生に演説して頂ければ!』

    カイト『そんなこと言って、掌を返して去っていったじゃないですか……』

イメージ 2

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

 一番右下、カオルコの崩し顔がすごく可愛い。

 

選挙前後は別の顔
 ざっくり、与党・星民は「会社」を優遇した政策を打ち出し、野党・大宇宙は「労働者」側に立つ
 以前、大宇宙とカイトの結びつきに、眼鏡ユウジが怒ったのも
 道理というものだ。

 

 なんだかんだで、町の「天才」カイトの影響力はデカいらしい。

 

 で、あっさり篭絡されるカイト。
 この研究バカ…。

 

 彼らは、勝った暁にはA-tecを支援するとはいってるが、まあいつものパターンであろう。

 

 カオルコかわいい。

    組合長『勝った後のほうが大変だ、というのが共通認識のようです―――』

    ナギサ『敵であるボクに、そんな内情を話して良いのか…?』

イメージ 12

 だが、野党・大宇宙党は「政権運営」のノウハウがなく、理想で支持率を釣ろうが実行力は無い
 ナギサの指摘に、組合長はあっさり頷き
 そこが弱点だと認めた

 

 さて、この古ダヌキは何故そんな事を話したのか……?

 

 ユウジに対抗すべく、ナギサが「大宇宙党」に付くと読んでいるのでしょうか?

    ミズキ『イリス? 機体状況はどう? イリス?』

    イリス『……!』

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 多分、幼い頃に血縁者の死体と漂流、そのまま小惑星に激突したらしい。重すぎる……。

 

白崎イリスのトラウマ
 一方、「記憶喪失」のフラッシュバックが本格化し、イリスは熱を出してしまう。
 軽い風邪、倒れた彼女を気遣うのはミズキ
 そしてナギサだ

 

 皆、キミの兄貴のチューニングに四苦八苦している

 

 ピンチヒッター・カイト!
 ダメっぽい!

 

 あっちゃあ~と兄貴のフォローに行くミズキ、かわいい!

 

 去り際、イリスに変なことするなと釘を刺すが―――

    ナギサ『白崎が悲しむ様な真似はしない、そんな事したら、君も悲しむだろう』

    ミズキ『おっとぉ、直球頂きました~』

イメージ 18

 対し、クソ真面目なナギサは、二人を悲しませるような真似はしないと生真面目に返す
 いちいち、からかいにも真面目に応えるナギサ

 

 多分、仕事に関しても、こんな風にいちいち真面目にやってきたんでしょうか。

 

 そうやって、周りを感化してきたんでしょうか。

    ミズキ『あのさ、ナギサ君は明日の学園祭どうする?』

    ナギサ『仕事だ、閉会式まで戻らない…。僕の学園祭はここまでだ』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

 たった一晩だったが、ちゃんと僕はクラスの一員として――――

 

小さな自負
 また、生真面目なナギサは明日は仕事が入ってるとかで、もう学園祭は終わりだと返した。
 でもそこには、確かに「参加した」小さな自負
 彼の喜びがあって……

 

 明日の五時、校門前に集合っ! それじゃあ、待ってるからねっ

 

 彼を誘うミズキ!
 戸惑うナギサ、二人が微笑ましい。

 

 ナギサは主人公だけど、周りに「救われる側」であって、ある意味ヒロイン的なキャラだなー、と思う

    ナギサ『やかましいな、キミの親友は』

    イリス『だから、二人でいるとちょうど平均的』

イメージ 22

イメージ 1

 パイロットという仕事も、イリスに因縁があるらしい。

 

幸せでいて欲しい
 残ったイリスは、ナギサが、最初から自分の過去を知っていた事を問い詰めるのだったが
 ナギサは、過去の事を思い出させまいと心を砕く

 

 復讐など、バカのする事だ

 

 多分、自分自身が「復讐」に身を焦がすナギサらしい台詞。

    イリス『明日のミズキの誘い、どうする?』

    ナギサ『僕は…、たこ焼きというものを食べたことが無い』

イメージ 23

 去り側のナギサも、「自分は、祭りに行くような人間じゃない」と言い捨てるような
 真逆に、「だから食べてみたいんだ」とも取れる
 曖昧に言い残す

 

 行きたくてたまらない自分を律そうとして、出来てないのがいじらしい。

    アンジェリーナ服部花子『こんな大金を、どこに流用しているのか…』

    ナギサ『―――僕に心当たりがある』

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

 当初、彼にガッツいてたのが、今や影も形もない花子も素敵ですよ? 

 

景気の良い話
 さて、陰険眼鏡のユウジは「A-TECが、莫大な予算を要求している」という体裁で金を吸い上げ
 権力で口封じするものの、綻びだらけとなっていた 

 

 今のナギサ様は、ナギサ様らしくないナギサさまです―――。好ましくなった、とも言えます。

 

 ユウジ打倒は予算の復活
 そうなれば、A-TECは確実に存続できるだろう。

 

 張り切る花子、そしてナギサ。

 

 二人は、互いに「変わったな」と意外そうに言い合うのだった。

    そして、少年達の青春は飛ぶ。ついでにカイトが死にかける

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

 燃料部、ペットボトルをパラシュートで落としたのが「あ、なるほど」って感じ。 

 

文化祭
 翌日、A-TEC名物の「巨大ペットボトルロケット」は、彼らの技術を惜しみなく投入
 代打操縦士、カイトが駆って大空へ―――!

 

 先日、お風呂事件で持ってきてたのは「雛形」だったのね!

 

 彼らの出し物は大成功
 かくて、彼らの打ち込んだ「学園祭」は終わる

 

 何気にカイトを師事するメカニック、アキがきらきらしててかわいい!

 

 ナギサも見守っていた模様。

    ユウジ『大宇宙党の村上サダユキをなんとかしろ…!』

    『それ以上、説明しないと動けないのか? お前は犬以下だなッ!!』

イメージ 33

 そんなナギサは、明らかに「五時」の約束を気にしたまま、上司であるユウジと面談
 彼に、非合法に選挙妨害をしろとかいう
 無茶を命じられていた

 

 いわく、元々ナギサはそういう暗闘要員だったらしい。

 

 子供に何させてんの!

    ナギサ『――――社長はどこまでご存知なので』

    ユウジ『それをお前が知る必要は無い』

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

 一時間も待っていたらしい二人、黙々と食べるイリスかわいい。

 

ナギサ、立つ
 既に、追い詰められたユウジは正気を失っており、ナギサが一切「反撃しない」と捉え
 鉄砲玉になってこい、と暴言を吐いた

 

 が、その焦りがナギサに重大さを認識させる事になる。

 

 ミズキと約束した五時
 ナギサには、「社長への道」が見えた。

 

 この件は、ユウジを潰すだけでなく、カズヒサ社長への切り札に成りうるハズだと。

 

 ナギサは約束を捨て、立ち上がる事を選ぶのだった―――。

    次回、ナギサはクラスに帰ってくるのか…?

イメージ 9

イメージ 11

イメージ 7

 オッチャン再登場! ペットボトルとか、前の話が生きてくるのが好きですね。ドヤ顔も微笑ましい
 
ユウジさん暴走しすぎィ!
 いわく、カネを出さなきゃアンタたちの計画もポシャるよ、と政権与党に脅される格好で
 ユウジ兄さんが焦り、焦りすぎて察される話
 冷静さを失ってはいけない

 

 これだけ暴走している以上、長兄も気付いてそうですが動きはナシ

 

 端々から、ナギサが文化祭に行きたがっている事が見えるだけに、ラストが寂しい。
 話が動き出しましたね。

 

 次回、第九話。