GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

乱歩奇譚 Game of Laplace ♯8「パノラマ島綺譚(後編)」感想、二十面相の始まり。タイトル回収

互いの過ちを証明する為に。故人と戦い続けるアケチ、その始まり!

イメージ 33

イメージ 1

 タイトルLaplace」とは、全てを知り予見する知性の概念、アケチは親友と共にその実現を目指し
 法で裁けぬ悪を、誰かが断罪し正す仕組みを作る
 その結果が“二十面相”…?

 親友の遺した世直しシステム「二十面相」に、アケチはエゴで挑み続ける!

二人のエゴ
 もう彼自身が三年前に命を落とし、その遺産を全て潰す為のエゴ。
 死んだ彼とのゲーム、それが本作なのか?

 でもそれなら、一体どこが終着点となるのでしょう?

ラプラスだけど量子論でカオス

イメージ 5

 開幕早々、ワケわかんなすぎ問題。

エゴはエゴを潰してゆく
 事件は、マネキンの素材を敢えて誤発注し、脆く作らせた事による人為的な崩落だった。
 アケチは証拠を抑えさせ、犯人・ヒガシコウジに迫り
 彼女の「私的な断罪」を暴く。

 三年前、二十面相という「断罪」で人を魅了し、世を正す仕組みを作ったのはアケチの親友だった。

 既に亡き親友ナミコシの遺産
 アケチは、自身が「ラプラスの魔」とも呼ばれるそれに挑み続けている事を明かす。

 これはあくまで己のエゴだと、そう知ってなお「二十面相」と戦い続ける。

 次回、♯9「恐ろしき錯誤」

ナミコシ『僕は、“ラプラスの悪魔”を作りたい』

『具体的に世界に介入しうる、僕だけの悪魔を創りたいんだ……』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 過去、AI的なものを作っていた…?

なら、まず名前をつけろ
 アケチの過去、親友と数式に費やした青春、ナミコシは「世界を変容させる法則」を考えていた
 かつて数学者が提唱した、“ラプラスの悪魔”の実現だ

 僕の作りあげる法則、黒い世界を照らすもの…、暗黒星。

 ラプラスは全てを知り、未来をも見通す知性の概念
 既に量子論で否定されています。

 が、彼は代数学でこれを甦らせ、「世界を変容する法則」として作り上げようとした。

 天才の考えることは壮大だ…。

アケチ『殺害動機、今回不明瞭なのは、それだけだ』

コバヤシ『他は、全部解ってるって事ですか?』

イメージ 6

 さて再び事件へ、島の人間が“人形”に見えていた事を、私は「操り人形」なのかと思ったんです
 で、“本物そっくりのマネキン”が云々ってことは
 殺人の偽装じゃないかと

 会長は、「操り人形たち」に口裏を合わせさせ、自分を死んだ事にしたかったのかなと。

 なお、別にそんな事は無かった模様。

ミナミ『以上、三分間ショッキングでしたー!』

『柱の崩落が起こるって解って起こしたんだから、ハッキリ殺人でしょ!』

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

 興味が薄い相手は、その姿さえ薄く見えるというアケチ視点

「歯車」の意味
 この事件は、可動する巨大マネキン、その素材を敢えて「脆いもの」で発注する事によって
 耐久度を下げ、崩落させるという「殺人」だった

 事務員ヒガシコウジ・チエコ、発注の際、敢えて脆い鋼材を選んだな?

 時限崩落…?
 それも、専門知識があれば可能だという。

 知識があれば、現代なら計算自体はパソコンがやってくれるから予測可能だ、と。

 そんなトリックありなの!?

コバヤシ『これだけの数があると不気味だけど、一つ一つは奇麗だ…』

『ヒガシコウジさんだよ、とても奇麗な身体してる♪』

イメージ 13

 後は、PCと発注履歴を抑えれば、とりあえず「証拠」になっていくだろう。

 そして「動機」は、マネキンが彼女そっくりという事。

 二人は、アケチとコバヤシの言う「本物そっくり」とは、ヒガシコウジの事だと明かす。
 マネキンは、彼女の身体を模しているのだ

 やだ! この子、セクシュアル☆ハラスメントだわ!

アケチ『――――殺害動機は、“この展示場そのもの”か?』

コバヤシ『気持ち悪かったんだよね? こんなにたくさんあるんだものっ♪』

イメージ 14

 無論、ただ「自分の裸体祭り」が恥ずかしかった、というだけではない。
 ヒガシコウジは、耐え難かったという

 そも、「この告白を行うこと」そのものが、彼女の動機だったのかもしれません。

 ただ殺すための殺人ではなく――――

回想のヒガシコウジ『せめて、彼女のご両親に謝罪してください!』

ブラック企業『素晴らしい―――』

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

 勇気を出したら、(精神的に?)陵辱された…。

耐え難きを耐えた果てに
 実は、彼女の親友が過労死で亡くなり、それを会長に訴え、「賞賛された」のが始まりだった。
 絶対に勝てない存在に、亡き親友の為に挑む。
 その様を、会長は賞賛する

 その美しい精神、美しい肉体こそ、我らが求めていたものだと。

 彼らは、改善、再発防止と引き換えに屈する事を求め
 苦悩の果てに受け入れる

 だが当然、会長は要求をまるっと無視した。

 契約書? なにそれ美味しいの?

ヒガシコウジ『あなたの命で出来たお金…、こんなに…、たくさん……!』

『こんなにも、たくさん!』

イメージ 20

 親友の死は、「会社の為のコストカット」が原因、会社の資産は死体で出来ている。
 しかも、その資産は自分の姿をとり
 毎日眺めることに

 耐え難い苦痛、復讐、それが殺人の動機であった―――。

ヒガシコウジ『私が…、“パノラマ島の二十面相”です……』

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

 二十面相は…、増えていくだろう。それぞれの正義の怒りの為に、或いは、そんな理念の無い者も……'

伝えたかったこと
 この殺人は、「予告」なんてしなければ、ただの事故で済まされたかもしれない事件だ。
 彼女は、それでも伝えたかった。

 二十面相は全て、俺が潰す……!

 マネキンはキショい。
 そして、彼らは「悪だった」事を。

 彼らを殺したい、彼らが「善意ある経営者」という、認知された肩書きのまま死ぬなど許せない。

 そうした「正義の味方」を、アケチは全て潰すと宣言する。

コバヤシ『ハシバ君は、もし僕が殺されたら、敵討ちしてくれる?』

イメージ 1

 その帰途、もしもの時は、今回みたいに「敵討ち」してくれるカナー?
 と、コバヤシはハシバに訪ねた。

 水着は着なかったが、セーラー服みたいなのを着たコバヤシ。

 やだ可愛い!

ハシバ『なんだよその質問っ、その前に、お前が殺されないようにだな…』

コバヤシ『あ、ズルい! 前提変えないでよぅ!』

イメージ 25

イメージ 26

 そして、他愛ないやりとりで、コバヤシとハシバは「アケチの急所」をグサッといった。
 話は前後しますが―――

 アケチは死んだ親友の仇討ち、自分自身が、納得する為に戦っている。

 けど、彼を止められれば良かったんですよね。
 ごく単純な話。

 アケチには、すごく刺さるそんな話。

アケチ『俺は、一度しかなかった』

『そういうケンカの類、俺は一度しか無かった――――』

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

 ケンカの相手、いたんですか?とかいうコバヤシの鬼畜発言。

最初の怪人二十面相
 翌日、また口論を始めた二人に、ついにアケチは「二十面相」の真相を語り始める。
 冒頭の通り、“天才数学者”の親友がいた
 それがナミコシだ。

 初めての、対等な存在、対等な知能………

 中学時代の親友
 彼と、「社会を変容させる数式」を作り上げていった日々。

 天才すぎて理解されず、イジメられてた少年。

ナミコシ『僕らの計算式の完成まで、あと少し………』

アケチ『及第点だ』

イメージ 32

 彼らは、膨大な計算を必要としたが、無数のコンピュータをクラック(侵入)することで
 計算を肩代わりさせ、巨大コンピュータを形成
 計算式を形にし始めた

 今回メガネ事務子さんがやったのと同じく、発想をコンピュータに計算させる二人。

 cv福山潤、cv櫻井孝宏のゴールデンコンビ!

ナミコシ『“暗黒星”から生まれ落ちた、象徴そのもの、人型の現象…』

怪人二十面相――――』

イメージ 33

 創られたのは、自動的に拡大するフォークロア、風習、伝承、都市伝説を「作り出す」仕組み。
 それは、世界にはびこっている「邪悪」を打ち倒す
 断罪者と期待された

 人が、誰でも「匿名で断罪する」、その為の名前として生まれた。

 カガミのような人を生む、その為の仕組み。

アケチ『そこでやめるべきだった、俺は既に数式から離れていた』

『致命的なミスを発見したからだ』

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

 何故、完全犯罪が可能となったのか? AIが手を貸したのか?

最初で最後の喧嘩だった
 だが、アケチは「欠陥」「失敗」に気付き止めようとしたが、ナミコシは拒否
 計算式、二十面相の正しさを証明しようとする

 失敗なんてしてないよ…、証明してみせるよ、アケチ君。

 そして彼は「焼身自殺」した。
 三年前だ。

 対するアケチは、「二十面相」の間違いを証明すべく、彼らの鎮圧に乗り出した。

 彼の探偵業は、ナミコシとの証明合戦なのだ。

アケチ『二十面相は全て潰す―――、肩書きは後から付いてきた』

『特定未成年、アケチ・コゴロウ……』

イメージ 41

 そうやって、子供ながら「二十面相事件」を次々解決した彼は、政府に才能を認められ
 特権を持つ「探偵」となった

 だがアケチは、死んだヤツに何かしてやれるなんて思っていない。

 ナミコシは死んだ。

アケチ『俺は、俺のエゴで二十面相を潰すだけだ』

『だから、お前が正しい』

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

 二十面相の面にも埋まっている「バタフライ」、その意味は…?

バタフライ・ノート
 アケチは、自分の行いは自分勝手で、カガミやヒガシコウジと変わらないと自嘲する。
 本当に正しいのは、ハシバのような決意だと

 そもそも死なせるな、だ。

 あの時、止められれば……
 意外な面から、急に褒められるハシバ君。

 逆に言えば、ハシバかコバヤシか、この先どっちか死ぬんじゃねぇのオイ!?

 特にコバヤシは倫理観/zeroだし!

次回、恐ろしき錯誤。錯誤=間違い、或いは事実と観念の不一致

イメージ 6

 EDのラストって、もしかして……。

ラプラスとのゲーム
 原典では、誰にでも変装できる「怪人二十面相」を、誰でも彼になる事が出来る象徴へ。
 なるほど面白い。

 しかし天才の発想が壮大すぎて、そんな計算から、そんなモンが生まれただなんて……。

 ともかく、世を正すための仕組みを作ったけど
 その「欠陥」というのは?
 彼の生死は?

 セオリーから言えば、「それでもあなたに見つけてほしくて、蝶のように舞い上がってる」のか…?

 拡散する都市伝説に、「二十面相は必ず逮捕される」とつき返す先輩
 しかし、それで止まれば苦労はない?

 次回、♯9「恐ろしき錯誤」

■関連感想記事
 #1「人間椅子(前編)」
 #2「人間椅子(後編)」
 #3「影男」
 #4「怪人二十面相」
 #5「芋虫」
 #6「地獄風景」
 #7「パノラマ島綺譚(前編)」

余談、フランスの数学者が提唱した「ラプラスの悪魔」とは?

イメージ 36

もしも、ある瞬間における全ての物質の力学的状態と力を知ることができ、
かつ、もしもそれらのデータを解析できるだけの能力の知性が存在するとすれば、
この知性にとっては、不確実なことは何もなくなり、
その目には未来も(過去同様に)全て見えているであろう。
— 『確率の解析的理論』1812年
 そんな数学者、ラプラスさんの言葉は、現代では量子論の登場で否定されてしまったそうな。
 アケチ先輩たちは、量子論の存在も踏まえつつ
 あれやらこれやら

 二十面相システムは、全てを予測しうる知性、数式を編み出し、組み入れてるっぽい'''んですが……?