GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

食戟のソーマ 19品目「選ばれし者」感想。旨さより見た目より早く、咀嚼した後も残るモノ…!

「香り」の天才、葉山アキラ見参! そんな声した高校生がいてたまるか!!

イメージ 37

イメージ 1

 アキラ&潤を始め、多彩なキャラが参戦する「選抜編」本格始動! アキラ君の声カッコよすぎィ!!
 食の一大要素、香りに長じた師弟コンビの圧倒的迫力!
 潤さん(34)可愛い!

 自分が作れないモンを作るヤツがいる―――、そんなの、めちゃくちゃ嫉妬しちまうよ!

難問「カレー料理」決戦!
 まず予選、これまで出てきた一年生に新キャラを加え、僅か8名の本戦出場を決める予選から!
 残念、始まる前から終わったヒトも約2名!

 エンドカード一色先輩がすっごく夏休み、次回、夏休みに突入!

えりな『一色さん…、あなたこそ後輩を優遇なさっているんじゃありません事?』

イメージ 2

※服を着てるけど先輩です。

「選抜」発表
 ようやくの一年一学期終業式、残628名の一年生から、60名が「選抜」に選ばれた。
 遠月「秋の選抜」、その参加者たちである。

 彼らは2ブロックで予選を行い、8名の「本戦」まで絞られるという。

 予選課題は「カレー料理」と漠然としたものだったが
 幸い、創真は父のツテで、スパイスの若き権威・汐見潤教授(34)に教えを乞うことが出来た。

 だが汐見には、彼女の理論を「料理」に昇華させる助手がいた!

 天才的嗅覚を持つ一年生・葉山アキラ
 彼の勝利宣言に対し、創真は「お前より美味いカレーを作る」と宣告をやり返す!

 次回、20品目「龍は臥し、天へ昇る」。

叡山『俺は推すぜ? こういう型破りな才能こそ、祭典を盛り上げてくれる』

『何が不満なのか、俺には解らねえな?』

イメージ 3

イメージ 4

 メンバー中、七・九・十席の三人。

十傑会議
 冒頭、既に顔見せ済みの十傑三人を中心に、「秋の選抜」メンバー選考会が描かれる。
 議題は創真の参加についてだ。

 結局、「創真潰し」を目論む叡山の推薦により、彼の参加が決定。

 なお他十傑は喋らない
 が、原作では喋っていた事を付けたしたい!

※まだ声がついてないので削られた。

伊武崎『これが、秋の選抜の出場者―――』

創真『へー』

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 嗚呼、極星メンバー青木&佐藤、永遠なれ!

「選抜」発表!
 やがて、一学期の通知表配布と共に、一年生628名から60名が「選抜」発表となる。
 そのメンバーには、見慣れた面々が揃っていた

 創真を筆頭に、極星メンバーほぼ全員とアルディーニ兄弟、にくみ等々―――

 まず30名ずつ2ブロックに。
 そこから、上位僅か4名ずつの計8名へ絞り込み

 僅か8名で「本戦」を競うワケだ。

叡山メッセージ『<選抜は、料理界の重鎮がゲストとして訪れる―――>』

イメージ 8

 これはたかが学生の試合だが、ご存知“遠月”の厳しさから、料理界は大いに注目。
 参加、活躍は、頭角を現す最高の舞台だ

 だが逆に、無様な品を晒せば、その時点で未来が確定する恐れも。

 ハイリスク☆ハイリターン!

秘書子『ご安心ください! 幸平創真は、私が成敗してまいりますので!』

イメージ 9

 なお、既に異例の十傑入りを果たしている薙切えりなは、「運営側」なので不参加。
 代わって、彼女の側近・秘書子が参加する

 どうせ選抜メンバーにも選ばれやしないでしょうしねっ!

 えりな様、言葉のブーメランに悶絶中。

モブ男A『なんで俺達が落ちて、あの落ちこぼれが?』

モブ男B『俺、あいつより座学も実技も全部上だぜ?』

イメージ 10

イメージ 11

 地面にめり込む脚力! 野性味溢れるパワーを活かす料理と言えば……!

見込み違い
 一方、高校編入時ぶっちぎり最低順位だった田所恵は、その参加をいぶかしまれる
 が、それより大変な人が現れた!

 かつての遠月十傑一席、四宮と食戟をやったってのは本当かい?

 壁ドン!
 一部で有名人となっていた田所。

 だが怯えた田所が、創真のおかげだと口にするや、彼女は吐き捨てるように去ってゆく。

北条『なんだい、けっきょく男に助けて貰ったってだけかい』

『邪魔したね? 見込み違いだった――――』

イメージ 12

 田所と同ブロックである女料理人、北条はそれだけ言い捨てると去っていく。
 彼女は、田所が実力で四宮と引き分けた
 屈強な「女」かと誤解したのだ

 もっとも、アレは田所のホスピタリティ、気遣いという「長所」を評価されたのですが……。

『そろそろメンバーが発表されている頃だね? 丸井君――――』

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

 というワケで、エンディングの「さっちゃん」も登場

「選抜」という試し
 繰り返しますが、参加者はAとBに分けられ、そこから上位4名が勝ち抜きとなり
 僅か、計8名のみが「本戦」に参加します。
 そして

 現在の十傑のメンバーは、その殆どが「本戦」に参加した経験を持っているの

 十傑とは「学園上位10名」を意味する
 同学年の上位8名入りなど、クリアして当然ってワケ!

 ともかく大勝負が始まる!

 もちろん、えりなの秘書子と、えりなのストーカーも同ブロックって寸法ですよ!

一色『いやあ、清々しい朝だねえ! 夏休み初日に相応しいッ!』

イメージ 24

 しかし、創真がカッコつけた直後に一色先輩とか、ファンサービスにも程がある!
 まさに夏少年!

 嗚呼、極星寮の見慣れた風景!

 そんな一色先輩らが立案した、選抜予選の「課題料理」とは―――

『『『カレー…、料理?』』』

伊武崎『つまり、カレーを使った何らかの料理、というワケか』

イメージ 25

イメージ 26

 なお当人も痛かった模様。

カレーと聞いて殴られた
 課題料理は、あまりに漠然としたものだったが、創真には「父の言葉」にヒントがあった。
 父の後輩、元極星メンバーの中に、教員となった者がいる
 カレーの達人、その人!

 私は! 才波先輩の事…、思い出したくも無いんですからぁ!

 その中学生、汐見潤!
 彼女こそ、父の後輩で「褐色イケメン」の関係者。

 こう見えてスパイスの専門家である―――

汐見教授『当時、寮生で一番年下だった私は、才波先輩の実験台に…』

『才波先輩、及び親族の方とお話しする事はありません!』

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

 スパイスとは、香り・辛さ・色づけの三要素!

お前みたいな三十路がいるか!
 ってなワケで、父を恨む「スパイス専門家」汐見教授と、その助手、葉山と邂逅する創真たち。
 彼女は研究バカで、うっかりミスが異常に多い為
 葉山のサポートが不可欠なのだ

 が、亜熱帯スパイスの国内栽培、長期保存、成分抽出など成果は数知れない!

 まさに天才で研究バカ。
 そのまま、スパイスの講義を始めたため放置プレイに。

 スパイスは組み合わせで相乗効果が生まれ、また、組み合わせると特徴がマイルドになる等々……

葉山『ま、実際に体験した方が早いんじゃねえか?』

『食ってけよ、スパイスの奥深さを見せてやる』

イメージ 33

 亜熱帯原産、国内では栽培出来なかった為、主に乾燥モノが流通しているカレーリーフ」。
 葉山は、「生の葉」を使ったカレーを振舞い
 創真を圧倒する

 生の葉は、ドライリーフの十倍以上の香りを放つ―――

 これが「生」の威力…!

田所『あれ? 同じカレーが二つ?』

葉山『使っている具材と、スパイスの種類は同じだ。食べ比べてみてくれ』

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 37

 潤が組み立て! アキラが実践!!

「必要」な理由
 続いて、スパイスを焙煎して香りを立たせ、或いは敢えて「出汁」を使わない驚きのカレー!
 焙煎の効果も、また「香りを一種に絞る」事で立たせる事も
 全ては、汐見の理論に基づいたもの

 潤が築いた理論を、実際の調理に昇華させる。それが俺の役目だ

 敢えて「水」で作ったカレー。
 だが、スパイスが最大限に強調された事で、まさかの満足感アップを引き出す葉山!

 ていうか香りの演出すげえ!

 本来、目に見えないモノだから、メッチャ作画で強調してる!

創真『コイツ、料理の最中、鍋の中を全く見てなかった……!』

『立ち上る食材とスパイスの香りだけで、鍋の中身を把握してやがった!』

イメージ 36

 その「実践」において、欠かせないのが、葉山アキラの持つ異常な嗅覚であった。
 香りだけで、鍋の中身とスパイスの変化を察知し
 最高のタイミングを図る―――!

 反則級の才能! 

葉山『お前の料理、面白ぇよ。けど、それだけじゃ遠月の頂点には届かねえ』

『料理を制す者は、“香りを制す者”―――』

イメージ 38

 見た目よりも美味さよりも、まず初めに届くモノ
 咀嚼し、嚥下した後も漂うモノ

 それが「香り」!

 料理における、香りの重要さ、その扱いに長けた自分こそ「遠月の頂点に立つ者」だ、と―――

創真『ごちそうさん! アンタのカレー美味かった、お礼するわ』

『アンタが作るより、“もっと美味いカレー”、選抜でご馳走するよ!』

イメージ 1

イメージ 39

イメージ 40

 なおカッコよく去れなかった模様。

勝利宣言/宣戦布告
 アキラは、ここで才能の違い、彼と「カレーで戦う」分の悪さを見せ付けたつもりだった。
 だが、創真は怯まず「もっと美味いのを作る」と宣言
 深く嫉妬したからだ、と。

 自分が作れないモンを作るヤツがいる―――、そんなの、めちゃくちゃ嫉妬しちまうよ!

 自分に作れないと認め
 その上で、もっと美味いのを作ってやると!

 小学生の頃から、父に対し、勝つつもりで勝負を挑んできたのと同じように!

 つまり勝算ゼロの宣言である、と!

次回、早くも夏休み終了! 「選抜」開戦ッ!?

イメージ 27

イメージ 41

イメージ 32

 一色先輩、すごく…、夏休み……!

カレーのダンディ様!
 久々に、一色先輩の魅力全開でお送りした「葉山アキラ」他、選抜編本格始動回!
 って、あんなダンディな声の高校生がいてたまるか!
 あんな34歳もいない!

 香りの演出、1カメ・2カメ・3カメの勢いがスゴかった!

 香りとは、「食べる」よりも早く印象を与え
 食べた後も「残る」要素!

 その香り、カレーを軸に得意分野で挑んでいく「予選」、いよいよ開戦?

 次回、20品目「龍は臥し、天へ昇る」。
 大仰なタイトルである。