GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

かんなぎ 10巻 [武梨えり]感想。ナギ様、惑う。こういうのは見ていて辛い

  「本体」から切り離され、ナギ様の自活と、恋が始まる。始まってしまった…

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

※画像右下隅クリックで拡大。

 

 かつての、余裕ゼロだったピュアボーイ・仁はすっかり落ち着き、ナギの方が恋に戸惑う終盤戦!
 巻末のコメントによれば、次巻、いや次々巻までかかるかも
 との事で、じっくり描かれると嬉しいところ

 

 ただ、やはりアレというか、ナギ様のハッピーエンドは約束されたようなものなので……。

 

見てられない…
 恋を自覚し、不安定となったナギは、自分は仁を思う資格は無いと思い
 つぐみに遠慮をするように……
 という話

 

 でも、これってつぐみがフラれる前振りにしか見えなくて、正直キツかったです。

  ナギの心が不安定になると、「ケガレ」が生まれる

イメージ 1

 ナギ様は好きです、けど、つぐみの懸命さと年月を思うどうにも……。

 

戸惑いのクリスマス
 ナギは、すべての記憶を取り戻すと共に、「本体」と切り離され別個の神となった。
 が、同じくして仁に告白され、彼を意識するようになり
 精神的にも不安定に。

 

 ナギの心が不安定になると、ケガレが現れ、人々に危険を与えてしまう。

 

 かといって、力不足のナギが「祓って」しまうと
 彼女自身が消滅の危機に

 

 また、自分が仁への気持ちを突き通せば、長らく彼を思ってきたつぐみを不幸にしてしまう。

 

 仁と自分は相思相愛
 だが、ナギの心も「力」も乱れ、クリスマス夜、彼女はざんげを頼る事に――――

  先輩、クラスチェンジ

イメージ 5

イメージ 6

 それはそれとして、巻末、秋葉に無慈悲な事を言われてイメチェンした先輩、美人過ぎる…!
 元々、素材は良い人なんですからね!
 当たり前だけど!

 

 もちろん、もれなく「先輩だ」と気づかれなかった模様。

 

 ただの新キャラだった!

  困ったときはな、なんとかして上手くやれ! それでなんとかなる!

イメージ 8

 後、やすしがすごく男前だった!
 モブレギュラー!

 

 家に居られず、あちこちさ迷っていたナギを、めっちゃ歓待してたやすしと光代!

 

 そうですよね、あのお婆ちゃん、もう居られないんですよね……。

  消滅の危機に陥るナギ、黒歴史に踊る秋葉

イメージ 7

 本体から切り離され、「新興の神」として自立したナギは、神さまとしてとても不安定な状態
 神の力、お払いを行使すれば自分が薄れる為
 信仰を集めねばならない

 

 が、街が「ナギ様!」「ざんげちゃん!」と漫画チックに盛り上がる事に、異議を唱えた男が!

 

 まさかの秋葉回だった!

  一方、ざんげちゃんは「本体」と繋がったままだが…?

イメージ 10

 とりあえず、ざんげちゃんの力を借りるのが手っ取り早い状況ですが
 彼女、まだ「本体」と繋がってるんですよね

 

 以前のアレは、ナギと同様「本体」に意識を乗っ取られたのか?

 

 次巻、その辺がトラブルになるのでしょうが…?

  収録

イメージ 9

 あと今巻も祥峰くん(女子)、真面目かわいかったですね! 大東の因子を持ってるそうな。

 

 レックスコミックス「かんなぎ 10巻」。武梨えり
 月刊コミックレックス連載、一迅社発行。
 2015年7月(前巻2014年8月)

 

 第五十五幕「枝結い」
 第五十六幕「やり直しの日常」
 第五十七幕「女神のやきもち」
 第五十八幕「しっかりしましょう」
 第五十九幕「やすしと光代の人生相談」
 第六十幕「秋葉、抵抗す」
 第六十一幕「残念なクリスマス女子」

 

 幕間「ざんげちゃんのかんばん」
 番外編「Debut」
 あとがき

 

 恒例のコラボピンナップは先生。
 表紙の通り、限定版を予約して買ってみたんですが、イラスト・トランプでした