GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

まおゆう魔王勇者 角川版 15巻[石田あきら]感想。“なぁ勇者、わしはわしでよかったな”。

 漫画『まおゆう魔王勇者「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」』。作画:石田あきら

守るも危機、攻めるも危機! 人魔両軍、危うき拮抗の攻城戦!

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 2

※画像右下隅クリックで拡大。

 開門都市攻防戦の中、それぞれの理由で、「勇者」「魔王」の名を名乗る者が現れ出す巻でしたが
 ラスト、勇者を育てた老賢者の言葉がとても印象的でした
 事切れる寸前の言葉

 わしはわしでよかったと、笑って息を引き取った「祖父」。

この人生に
 彼は、何度もつらいことが会ったけれど、お前と出会えたなら、この人生も悪くなかったと。
 そう思えて、傍らで愛する「孫」が惜しんでくれて
 本当に幸せな最期。

 また、開門都市を「攻める側」も実は危機で、いよいよ限界!

一方メイド長、カバー下で荒ぶる平常運転!

イメージ 1

 いくぞご主人…、仕事の貯蔵は十分か?

開門都市
 人類の総力を結集した「聖鍵遠征軍」は、間断なく都市を攻め続け、いよいよ落城寸前に迫った。
 が、実は遠征軍も物資食料を使い切り、数日ともたぬ有り様
 互いに内情を知らず、ギリギリの対峙を続ける

 一方、青年商人の協力をとりつけた火竜公女は、クリルタイ開催を大公に要請。

 教会の大司祭は、「開門都市」の陥落と儀式を企み
 察した魔王は必死に耐える。

メイド姉、「王弟」を退ける

イメージ 9

 前巻ラスト、驚きの登場をしたメイド姉の真意とは、「敵の大義名分に訴えかける」事!
 なるほどと思いましたが、王弟も引かない

 王弟はバカじゃないから真意が解る、バカじゃないから退かない

 良いキャラしてます
 幸い、勇者がモノを言ってくれましたが……。

 ていうか、戦後、王弟の元にメイド姉が嫁ぐんじゃないかという波動を感じた! 気のせいか!

「聖国王」、意外に良い人だった

イメージ 7

 また、本世界観で「人間の一番偉い人」ながら、教会との協調を避けられぬ苦労人国王
 これまた、意外に良いキャラしててビックリ
 偉い人がこんなならなぁ…

 でも、「民を安心させる為に戦争をしている」王弟の兄だと、納得するキャラ造形。

 王弟や聖王国は、保守の象徴なのか。

青年商人、いよいよ人生の墓場へ

イメージ 5

 前線では、「開門都市」が陥落寸前で、そのために青年商人が一肌脱ぐ流れに帰結。
 帰結したと思ったら、あっという間に婚約に……。

 当人は、「結納の品」という名目で、大量の物資を送った

 つもりだった!
 が、言葉尻をとられた! 言葉の尻尾をとられた!

 相手が竜族だけに!

開門都市を「攻める側」も、実は決壊寸前

イメージ 8

 これまで、マスケット銃により、大量に強力な兵隊を調達できた強みを活かしてきた聖鍵軍。
 だが「手軽な兵士」が、今度はアキレス腱に。
 暴動怖い!

 今まで以上に、たやすく制御不能に陥るという事!

 従来は「騎士団+雑兵」でした
 が、その発想では、もう軍隊を扱えない、そんな時代に突入したんですね。

収録

イメージ 6

 相手に「泣きつく」意味を知る公女、尊い

■収録
 角川コミックス・エース「まおゆう魔王勇者「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」、15巻」
 原作:橙乃ままれ、画:石田あきら。月刊コンプエース連載作品。
 2015年7月(前巻2015年4月)

 第47話「今この時より名乗りましょう」
 第48話「明日のために!」
 第49話「期待せよ、いつかはじまるお前の物語に」

■コラム
 第45回……戦争における補給
 第46回……信用の喪失から起こるデフォルト
 第47回……結納について

 オマケ漫画&イラスト収録
 カバー裏おしえて!メイド長 その15は「メイドっていろいろ種類があるって本当ですか?」