GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ガンダムEXA VS 3巻 [ときた洸一+千葉智宏]感想。全“ガンダム史”の技術の結実、アル・アダ専用機始動!

 ガンダム世界が「データ」として存在する世界、データ世界で戦いを繰り返す、ゲーム原作漫画。

  ロウはやっぱりアホだった!! アル・アダ専用機“四つ目のMS”、始動!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 1

※画像右下隅クリックで拡大。

 

 データ世界で、唯一「本物の肉体を持つ男性」であるアル・アダ、彼の絶望に触れ始める3巻!
 いよいよ、世界観を越えた“軍隊”が始動しましたが
 何故そんな事をしているのか?

 

 彼を「絶望させている何か」があり、セシアもそちらに協力する…?

 

プレマシー・ギア
 また、レオス機と同様の基礎設計に、独自改造を施したというラスボス機・第一形態が!
 元ガンダム、ジム顔で誕生し、ザク系の外観に
 おかげで「目」が四つあるっぽい

 

 世界観的に、色々混ざってる感じが面白いですね。なお製作はロウ。あのメカオタクは!!

  「データ世界」の利点、キャラクター復活祭り開催!

イメージ 4

 前作で死んだピーニャも復活! データの利点とはいえ呆気ないというか!

 

「人類」の為に
 火星コロニー“マーズⅠ”に唯一残された人類、アル・アダにセシアを奪われたレオスだったが
 セシアは、アル・アダの存在が人類の為に必要だと知り
 彼を助ける事を決意

 

 知らぬレオスは、「アル・アダ軍」のデータ世界侵攻を防ぐ為、各世界で防衛線を固める

 

 そんな彼を、コピー・セシアはよく助けてくれるのだが
 実は、それもアル・アダの目的

 

 彼はエクストリームに対抗する機体を作らせ、レオスとの私闘を望んでいたのだ。

 

 軍隊と私闘、人類、その全てを結ぶ「エクソダス・アンサー」とは?

  アル・アダは「レオスとの私闘」を望み、軍隊を結成する

イメージ 8

※この後むちゃくちゃ量産された。

 

量産型エクストリーム!
 これまで、主人公&ラスボス特権だった「転移し放題」を備えた、量産マシンが登場!
 もっとも重装フルアーマー七号機に撃破されたり
 設定的には弱い感じも

 

 まあ、フツーに倒せないと話にならないから仕方ないですね。

 

 アル・アダの目的は、レオスとの私闘、全データ世界破壊らしいですが……?

  量産型エクストリーム軍団、そのパイロットは…

イメージ 9

 各ガンダム世界から、世界的影響力の弱いけれど、有能な人物をコピーして作っているらしい
 影響力の小さい人ってのがミソね。

 

 たとえば「主人公」は強いけど、万一、制御から離れたら歴史が変わっちゃうし!

 

 さて、どんなキャラが「中の人」になったのでしょう
 ちょっと気になりますね。

 

 あとセスト=中二病セシアかわいい。

  「オリジナルセシア」、敵に回る!

イメージ 7

 今巻、このカットが一番可愛かったと思います。

 

更なる計画
 また、全データ世界破壊を標榜し、暴走しているアル・アダの「事情」が掘り下げ開始
 旧人類の計画した計画が存在し、絶望した?

 

 セシアは、アル・アダは人類にとって必要な存在だと敵に回る

 

 その役割こそが、彼の暴走原因なんでしょうが…?

  あぎゃさんvs劾! スーパー外伝大戦!

イメージ 6

 あぎゃさん復活!

 

最強対決
 また、本作はガンダムSEED,00のスピンオフを長らく務めてきたコンビの作品ですが
 その両作最強キャラ、ガイとあぎゃさんの対決が!

 

 まあ、当然ドローなんですけどね!

 

 ずっと見てきたファンとしては、一瞬ですが感慨深い対決でした。

  収録

イメージ 5

 巻末は、ノーノとセストの設定画など、情報盛りだくさん!

 

 ガンダムエースコミックス「ガンダムEXAVS 3巻(通算10巻目)」。ときた洸一千葉智宏
 月刊ガンダムエース連載、角川書店発行。
 2015年7月(前巻2015年2月)。

 

 エピソード10:天空の会談
 エピソード11:完成ヴァリアント・サーフェイス
 エピソード12:type-アル・アダ
 エピソード13:スプレマシー・ギア
 エピソード14:アルティメット・コンクエス
 
 がんドモEXAVS
 おまけ

 

■本ブログ関連記事