GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

HGBC『次元ビルドナックルズ「角」』、ランナー写真。連邦系ハンドパーツセット!

珍妙な名前ですが、要は連邦系ハンドセット。3種3サイズ、2セットの18機分!

イメージ 2

イメージ 3

 ジオン系の「丸みを帯びた指」も、本キットが売れれば商品化の可能性アリ、という噂。

HGBC-24
 ガンダムなど連邦系の「角ばった指」を再現した、豊富なハンドパーツのセット。
 武器持ち手、握り手、平手の三種
 しかもSMLの3サイズ
 それが2セット!

 また、通常の「武器持ち手」などと違い、基部が可動する小ギミックあり。

 特に「握り手」が大好きな私には、嬉しいセットです。

各ハンドは、全て「3パーツ」構成

イメージ 4

 もっとも、武器持ち手は「手の甲・指」で分割された、TVシリーズ向け簡易タイプです。
 残念なことに、HGUCでも増えている方式ですが。

 しかし前述の通り、「基部」も動くようになっており、通常より表現の幅が豊か

 もちろん、軸が見えてしまうので良し悪しですが。

同一のランナーが二枚セット、素材はKPS製

イメージ 1

 肝心のランナーはご覧の通りで、SMLサイズで分割できるようにスイッチが入ってます。
 素材は、関節などに使われる「柔らかプラ」。

 タグは「次元ビルドナックル」。

「開き手」は、パーを思わせる形状

イメージ 5

 良くある形状で、残念ながら「手刀」タイプではありません。
 汎用性が高い、と言えますが。

 後はチョキが入っていれば完璧だった。

※なお『HGFC-119 ノーベルガンダム』にはピースサインのハンドが付いてますよ!

「左手は平手だけ」なんてキット、案外多いものです

イメージ 6

 私の場合、左手は握り手の方が好ましいので、安いし二セット購入
 HGBCは再販されにくいですし。

 なお、7月28日と8月8日から、「HG ガンプラ買うとオマケ」キャンペーンが始まります
 が、HGBCは公式対象外となってますので注意。

■関連記事
 HGガンプラにオマケ! 『HGカスタマイズキャンペーン2015 Summer第1弾』、7月25日(土)開始!

モビルスーツを「汎用」足らしめる要素

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 一枚、機動警察パトレイバーの画像が混ざってますが気にしちゃいけない。

可能性
 MSは人の形を模した事で、操縦者の「やりたいこと」を、より容易に再現できる機械となった。
 中でも、手の器用さは「汎用性」の大きな要素
 人の器用さの象徴そのものだ。

 それは作業機としても戦闘においても、長所であるし、脆さゆえ短所にもなりうる要素だろう。

 また、νガンダムのようにベアナックル素手)で敵を殴り倒した伝説や
 同機の要素を継承し、ビスト神拳と謳われたユニコーンなど
 拳にまつわる逸話も絶えない。

 手は口ほどに物を言う。