GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

のんのんびより りぴーと 一話「一年生になった」感想、一話から挑戦的なんな!

 片田舎の分校に転入した少女と、彼女を取り巻く田舎暮らしの日常譚。

一期一話以前のお話からスタート! 背景美術、頑張りすぎ!

イメージ 24

イメージ 21

 あれ?なんて思いながら見ていると、なるほど一期一話直前のお話だったのね!と理解できていく一話目。
 だけど、ほたるんの出番少なすぎなんな!
 ちきしょう!

 止まって止まって! 私のケータイが! まだアンテナが立った事がない私のケータイが! ケータイぃぃぃ!

アンテナ…
 前作、ほとんど出番がなかった姉さんが、レギュラーみたいに出てきて笑いましたが
 入学前のソワソワする感じ、なんだか懐かしいですね。

 越谷姉妹も安心の可愛さだった!

佐々木『村でたった一人の…、ぴかぴかの一年生になるんっ!』

イメージ 2

 気合、入ってる!

一年生になったのん
 日本の片田舎、小中一貫「旭丘分校」の4人目の生徒になる事に、宮内 れんげは高揚していた。
 過疎の村で、たった一人の小学一年生
 背にはぴかぴかランドセル。

 前日から念入りに準備し、入学式を終え、れんげは「小学一年生」になった

 年齢バラバラ、中学1、2、3年生の越谷三兄妹とれんげ一人が
 自習して過ごす旭丘分校。

 同じ頃、東京から越してきた転入生・一条 蛍も心を躍らせていたが、それはれんげも知る由も無い。

 次回、第二話「星を見に行った」。

何回も繰り返す そのたび涙する♪ 止まって動き出す♪

その全てを 確かめるように ほら やまびこが 聞こえるよ♪

イメージ 3

イメージ 1

 提供カットで笑う。何故に敬礼?

こだまことだま
 何故か、お姉さんが一緒に住んでたりランドセルをプレゼントされたり、つまり一期一話直前のお話!
 新オープニングも、前の曲と同じnano.RIPEさん!
 元気だけど、どこか切ない

 いつもの四人が、揃って四季をめぐっていくカットがすごく良い!

 前と違うけど良い感じ!

ひかげ姉『入学式は明日だよ?』

宮内 れんげ『小学校へ通う練習なんっ!』

イメージ 4

イメージ 5

 珍しい私服姿。

道しるべ
 翌朝、さっそくランドセルをからって学校に行きたがったれんちょんに付き合い、ひかげも登校。
 が、バス停で越谷姉妹を見つけ、彼女たちに任せる。

 棒じゃないのん! この重さといい枝っぷりといい、カンペキに“伝説の剣”なん!

 そうそう、グッとくる枝って、なかなか無いのよねー。
 なっつんが余計な事を吹き込んだ模様。

 発信元お前かよ

 で、道しるべを付けつつ、登校するれんげだが――――。

れんげ『お小遣いなのん?』

ひかげ姉『バス代。四月からは、子供料金はらわないと』

イメージ 6

 そうそう、成長するにつれ、どんどんバス代が上がっていくんですよねー。
 それもまた嬉しい。
 やがて辛い。

 そしてかわいい。

越谷 夏海(妹)『卒業したところに入学するなんて、なんか変な感じだけど』

越谷 小鞠(姉)『だねぇ~』

イメージ 7

イメージ 8

 こまちゃんさん先輩、ホント面倒見が良い。 

旭丘分校
 さてバスに揺られて着いた先は、お馴染みの小中一貫校……、というか他に校舎がない
 なんせ中学生以下は、彼ら四人しか居ない

 明日からよろしくなんっ!

 小中取り混ぜ、学年もバラバラの四人(兄含む)が通う小さな分校
 パカッと開いちゃう、ランドセルも懐かしい!

 小学校を卒業しても、そのまま中学生として通いなおす。

 シュール。

れんげ『入学式って、何するん?』

小鞠『挨拶をして、新入生の名前を呼んで……?』

イメージ 9

 既に二度「入学式」を体験している小鞠に、何をするのかと訪ねるれんちょんだったが
 食いついたのは――――

 れんげ、さん!? すごい! 大人の名前みたいなん!

 式では「さん付け」!
 れんちょんさん、テンション上がりまくりィ! 

れんげ『返事の予行練習するん! なっつん、呼んでみてくださいん!』

夏海『宮内れんげさん?』

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 1

イメージ 12

 何故に敬礼。

返事は?
 またも予行演習したがるれんげに、ローテンションで応えるなっつん、テンション低い!
 が、ダメ出しを連発され――――

 宮内れんげ殿っ!

 妙に気合の入ったやり取りに!
 返事は!?

 やがて独りだけ「入学前」のれんちょんだけは、校内を見て回るのだったが――――

れんげ『向こうまで、ちゃんと道しるべ見えないん……』

『うち、ちゃんと一年生になれるのん?』

イメージ 13

 運動場に、さっきの「伝説の剣」で描いたばっかりの道しるべが、遠すぎて霞んでいた。
 れんげ、漠然とした不安に――――。

ひかげ姉『いやぁ、今日から東京かぁ。なんだか緊張してきちゃうな』

『今度帰ってきたときは、東京タワーの写真見せてあげる♪

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 なお姉cvは、前期ジョジョでのイギー福園さん

旅立ちは不憫
 また高校進学となった姉、ひかげは一両編成の電車に乗って、東京へと旅立つのだが
 ケータイを自慢げに取り出すのが可愛い。

 止まって止まって! 私のケータイが! まだアンテナが立った事がない私のケータイが! ケータイぃぃぃ!

 が、そのケータイが…ッ!
 のっけから不憫!

 ったく寂しくないとか言ってた癖にィ♪なんて言ってたらコレだよ!

 完全に死亡フラグだったよ!

小鞠『そっか! れんげ、私のこと先輩って呼んでくれるかなっ』

夏海『姉ちゃん、そっちの漫画とって』

イメージ 18
 
イメージ 19

イメージ 20

 敢えて答えない、なっつん的やさしさ。
 
オートクチュール
 その夜、こまちゃんがありえない希望に胸を膨らませてたり、オートクチュールだったり!
 入学式の夜、なんだか気が逸りますよね

 姉々、あした、うち独りで行きたいのん。今日練習したから、大丈夫なんっ!

 そして、れんちょんの決意…!
 おませだなぁ。

 なおオートクチュールとは、パリの組合加盟店が作っているオーダーメイドの一点もの。高い。

 オートクチュール

れんげ『これ、何なん?』

小鞠『一年生がつける、お祝いの花だよっ♪』

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 27

 姉さん、良い先生ですよね、寝てばっかな上に生徒をコキ使うけど! 

旭丘分校校歌
 翌日、おろしたての服とぴっかぴかのランドセルを背負い、れんちょんも一年生に……!
 村で唯一の、小学生となった。

 揃って、気合の入った「田舎背景」をバックに校歌斉唱!

 徹底的に、背景美術を見せるスタイル!
 作画すげぇ!

 なお校歌斉唱、ピアノ演奏は兄ちゃんだった模様。

 ホント、何でもこなすね……。

宮内 一穂『で、こっちがたて笛』

れんげ『笛、ですと!? おぉぉぉぉぉぉっ!』

イメージ 26

 入学式後、れんげは小学校で使う教材一式を貰う'のだったが、その中にはたて笛も!
 一期、れんげが良く使ってたアレか!

 なんだか懐かしいですね。

一条 蛍『ねぇママ、新しい学校、友達できるかな? 出来るよねっ』

イメージ 28

 そして最後の数分だけ、引っ越してきたばかりのほたるんが映って、二期一話終了……!
 良かった、ちゃんと出番があった…!

 さて次回は?

予告『し、白刃取りかぁぁ!?』『これが何を意味するか、見せてあげるのん!』

イメージ 30

イメージ 29

イメージ 31

 新ED「おかえり」、ハクビシンも、イタチもいないですよだと……!?

りぴーと!
 ラスト、本作の背景美術のスゴさを見せ付けるような演出と共に、アニメ二期スタート!
 こまちゃんが姉だとか、蛍は越してきたばかりとか
 基本設定を洗いなおす第一話。

 いやー、入学に不安とワクワクが同居するれんちょん、可愛かった!

 ちょっと当惑したのと
 もっと、キャラを押し出して欲しかった気もしますが、そこはそれ次回のお楽しみですね!

 次回、第二話「星を見に行った」。