GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

響け!ユーフォニアム 第13回「さよならコンクール(完)」感想、きんぱく! このエンディング曲は卑怯だ!

最終話にして、オープニングの“吹奏楽版”で〆! この演出は憎いわ!!

イメージ 2

イメージ 1

 強豪校も再登場し、開始直後からソワソワと続く緊張と不安、素晴らしい演奏、そして結果発表!
 勝利確定で、スパッと終わる思い切りの良い最終回!
 本当に面白かった!

 焦らして、最後まで“本当に勝ち残れるのか”と不安な中、最高の笑みでの最終回!

そして演奏は続く!
 最後、素晴らしい演奏とエンディングへの流れも素晴らしかったし、滝先生の言葉もグッときた!
 久美子と秀一、高坂さんの距離感とか
 葉月と夏紀先輩とか!

 中盤以降は演奏一本、その前に、たくさん物語を積み上げたのも、ほぼ無声のラストも素晴らしかった!

最終話! 久美子の本気、ポニーテール・モード!

イメージ 3

 気合を入れて! 歯磨きに行く久美子さんが大好きです。

つづくよコンクール
 大会当日、久美子たち「弱小」北宇治吹奏楽部は、果たして自分達が勝てるのかと不安になる。
 が、コンクールに出られなかった面々も精一杯に背中を押し
 滝も彼らを発奮させた

 曲は課題曲4番「プロヴァンスの風」と、自由曲「三日月の舞」

 無謀な願いはかっこ悪い。
 けれど、願いは口にしないと叶わないから、精一杯に久美子は口にし頑張り続けた!

 北宇治は府大会を突破、関西大会へと駒を進めるのだった――――(終)

中世古 香織『今日、頑張ろうね! ――――音だししてる?』

小笠原 晴香『もぉ~、早いよぉ~~』

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 8

 今日も久美子を見ている秀一君と、彼を見ている葉月の流れも、今日でラスト。

当日の朝
 夏真っ盛りのコンテスト当日、滝先生はタキシード、参加する生徒達は冬服の「正装」で登校。
 慌しく、むしろ、動いていないと縮こまってしまいそうな
 緊張感が漲っていた。

 わたし達、サブメンバーの“チームもなか”がお守りを作りましたっ!

 一方、選外だったメンバーからも贈り物が。
 ナニコレ嬉しい!

 夏紀先輩、葉月やちょっと太くてかわいい先輩とか、彼女たちも力になりたかったらしい。

 こういうの、嬉しいですよね。

吉川『なーんか、私のだけ大きいんですけど!?』

夏紀『愛だよぉ、嫌がらせという名の愛♪』

イメージ 9

 最終話まで、犬猿の仲」という名の、ラブラブっぷりだったお二人さんが大好きです。
 葉月も、久美子と麗奈のお守りをお揃いにするサービス
 出来る子である。

 後は~、みどりと塚本かっ!

 そんで何気無いフリして、本命・塚本君の分もちゃんと担当してるのも、彼女らしい。。。やるなカトちゃん。

葉月『これ、運んじゃって良いんだよね!』

秀一『サンキュっ』

イメージ 6

 前後しますが、楽器運搬で協力する葉月も、フェスティバル回を連想させて微笑ましいですね。
 あの時は、元運動部の彼女が、必死こいて楽器を運ぼうとして
 で、ひょいっと持ってもらった思い出。

 今度はちゃんと、自分で持てる奴を選んで、塚本くんの助けをする葉月。

 微笑ましいし、ちょっと切ない。

一方、タキシード滝先生、その「写真」はどなた?

イメージ 7

 また学校を出る際、誰かの写真を見ていた滝先生、ここにきて新設定だと……!?
 流れ的に、今回、チラッと出てきた新キャラ
 彼女の昔の写真なのか?

 まるで、彼女に語りかけるように「行きましょうか」と出ていく滝先生。

 丁度「お見合い写真」っぽいけど、指輪をつけてるし……?

滝『――――小笠原さん、部長から、何か一言』

小笠原 晴香『え、私ですかっ!?』

イメージ 10

イメージ 11

 盛り上げ上手のくせに、今回、人一倍寂しそうだったあすかの真意は…?

北宇治ファイト!
 やがて、「いろんな事がありました」という晴香の言葉と、彼女を激励したあすか!
 やっぱり頼りになるあすか!

 今日は、今日できる事は、今までの頑張りと想いを、全て演奏にぶつける事だけですっ!

 部長の強さは、今まで、乗り越えてきた強さ。
 こんな良いキャラになるとは。

 一方で、いつものように茶化しながら、ふっと寂しげな顔になるあすかの真意は……?

 あすか先輩、すっかりミステリアスなヒトに。

松本先生『はしゃぎすぎだ!』

イメージ 12

 にしても、生徒と一緒にガッツポーズしてた滝先生、なにこれかわいい。
 クールなようで、盛り上がってたのね。

 表面上は底知れないようで、実はシンプルな音楽好き

 そんなところ、麗奈とよく似てるのかも。

さふぁいあ『久美子ちゃん、緊張してますか? してますね?』

『良いですか、失敗しちゃダメだって思うから、緊張しちゃうんです』

イメージ 13

 一方で、ミステリアスさの欠片も無いけど、もしや本作で一番心が強くて、音楽好きなんじゃ?な川島。
 最終回も音楽一直線!

 あたしの演奏テクニックを見よ! って思えば良いんですっ!!

 そう思えるだけの実力
 それを支える、努力を苦にしない真っ直ぐさのあるさふぁいあ、強い子である。キラキラネームなのに!

麗奈『良いね、中川先輩……』

久美子『うん――――』

イメージ 14

イメージ 15

 会場入りし、なお緊張で固まっている久美子に、麗奈は髪を結ぶのを手伝わ
 夏紀先輩も拳を合わせ、激励する

 何気ない動作で、久美子の緊張をほぐす夏紀先輩、ホント良い!

 当初、「脱落する側か?」と思ったのも懐かしいです。
 麗奈さんに認められるレベル。

 そしてポニテの麗奈、良いですよね!

滝『えぇっと……、あまり、私から話す事はありません』

『向上心を持ち、努力し、奏でてきたのは皆さんです。誇ってください!』

イメージ 16

イメージ 17

 まったく、この演出上手は!

北宇治吹奏楽
 もちろん緊張してたのは皆同じ、だから、その空気を滝先生は吹き飛ばしてくれた。
 いつものようにおどけた調子で、そして力強く!

 皆さん、会場をあっといわせる準備はできましたか? では皆さん、行きましょう。全国に!

 いつもの意地悪な滝先生!
 いつもいつも、まだ未熟だと言ってきた滝先生! 

 緊張する皆に、あなた達は、恥じない努力を重ねてきたと激励する滝先生!

 ホント、最後までズルい人だった!

秀一『――――大丈夫かよ? 問題ないってカンジじゃないけど?』

久美子『うるさいっ』

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 22

 まったくもー、皆見てるのにイチャイチャしおって!

大丈夫だって
 また、「耳元で語りかける」とかいう反則技から始まった秀一君との会話も、これまた心強い!
 大丈夫だ、そう言ってくれる人がいる
 それは本当に心強い

 真剣な彼についつい見惚れ、「秀一のくせに!」と言わんばかりな久美子!

 この辺の表情の流れ、可愛かった!
 青春だわぁ。

 ついで、軽く拳をあわせるのも本当にかわいい。

秀一『でっ! なんだよっ!』

イメージ 21

 また、おずおずと「反対向いて」差し出された拳に、最初は気付かれなかったのも
 微笑ましいというか、何というか

 とりあえずイチャイチャしとる場合か!

 この距離感、好きですねー。

あすか先輩『なんか、ちょっと寂しくない? あんな楽しかった夏が終わっちゃう』

『―――ずっと、このまま続けば良いのに』

イメージ 24

イメージ 25

 また、麗奈そっくりのお姉さんが客席にいましたが……?

終わらせない
 やがて、あすか先輩が珍しく「弱気」を口にして、久美子が元気付け異色のシーンも。
 弱気というか、冷静な現状分析というか

 この一言で、北宇治は負けるのだろうか?とずっと思ってました。

 久美子達は「頑張った」
 けど、頑張ったのは周囲の学校だって同じで、しかも強豪は「三年間頑張ってた」んですから。

 それとも、あすかには他の事情があるのか……?

『プログラム5番、北宇治高校吹奏楽部』

『課題曲4番に続きまして、自由曲は堀川奈美恵作曲、“三日月の舞”』

イメージ 26

イメージ 27

 損得抜きでやり抜かなきゃ、きっと目標には届かない。

願いを形に
 やがて、課題曲を演奏する中、「全国なんて叶わない夢」と「思ってた」事を久美子は考える。
 叶わない夢を見るのは、馬鹿げた事だ。 

 だけど、願いは口にしないと叶わない。絶対、全国に行く……!

 だけど、最初から諦めていたら
 絶対に叶わない。

 かつての久美子のように、或いは姉のように「無駄だ」「無謀だ」と、諦めてちゃ届かない!

 無謀な挑戦、だけれど足掻く!

立花高校『――――楽器そろってるっ?』

イメージ 31

 また、演奏場の外では、“強豪校”である立花高校の描写がチラホラと。
 久美子の中学時代の友達ですね。
 さてその意味は?

 これって、「強豪高が同じ地区なんだぞ」「負けるかもよ?」というプレッシャーだったのか?

 フェスィバル回の友達で、良い子でしたよね。

葉月『――――いいっすね……、私っ』

夏紀『しっ、低音のとこだよ』

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

 アナウンスとか、立ち上がるときの不揃いな靴の音とかも、再現度がスゴかった!

そして再び
 やがて、久美子たちの低音パートや、あれほど荒れた「ソロ」パートなどなどを演奏しぬく北宇治。
 一つ一つに、これまで駆け抜けた思い出がある!
 葉月&夏紀先輩も可愛い!

 やがて、まるで一話冒頭の焼き直しのように「発表」を待つ北宇治!

 ここで一話に戻ってくる!
 緊張する!

 そして一話のように、泣き出してしまう麗奈!

麗奈&久美子『久美子…!』『金だ……』

審査委員長『えー、この中より、関西大会に出場する学校は……』

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 1

イメージ 2

 ラストは、オープニングを「吹奏楽Ver」で流しつつ、これまでの総集編!

響けユーフォニアム
 やがて、ほぼ無声で表情だけで描写していく演出と共に、「関西大会出場校」が発表――――!
 反応それぞれ、笑い泣き呆然として――――

 そして、私たちの曲は続くのですっ!

 久美子さんの勝利宣言!
 やがて、「これを待ってた!」ってなエンディングと共に、勝利の集合写真!

 久美子達の戦いはこれからだ!

 お疲れ様でした!

最終回! そして、幾つかの謎が残ったのです!

イメージ 7

イメージ 24

イメージ 40

 勝利の瞬間に目を背けたあすか、やはり「続けられない理由がある」のか……?

またきてコンクール!
 原作未完だし、やっぱり「俺達の戦いはこれからだ」エンドだけど、本当に清々しい終わりだった!
 表情だけで、描きあげるラストシーンとか
 最高でしたね!

 最後の演奏、僅か六分程度の演奏に全てを打ち込んできた少女たちの物語!

 もちろん、消化不良感のある部分は「二期」「劇場版」への要素かもとか
 実は、既にスタンバってるのかも
 なんて見方も。

 ともあれ、最後まで本当に勝てるのかドキドキさせられ、一緒になって感動できた良い最終回だった!

 スタッフの皆さま、お疲れ様でした!

余談。パーカッション(Percussion)

イメージ 23

 最終話冒頭、アダ名がナックル先輩だった「田邊名来」パートリーダー。ハーレム!

打楽器パート
 珍しく、具体的な楽器が描写されて無いのは、本パートが「総称」の為。
 打楽器全般、ひっくるめてパーカッション!

 アイキャッチ景気良い音が鳴ってたのも印象的ですね!

 特に、自由曲への切り替えの際、無言で歩み出ていたメガネの子も記憶に残ります。
 劇中は、特にドラマ的なものは無かったですが
 右端の子は、ちょっと覚えが。

 まったくドラマーなのに、ドラマが無いとは!

※「ドラムセット」を演奏するのはドラマー
 その他の打楽器の演奏者は、パーカッショニストと呼ぶが、ドラマーと兼ねている者も多いそうな。