GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ニセコイ:第12話「ソウサク/オタメシ(終)」感想。良い最終回だったと言いたい

言いたいけど言えない! この深刻な他ヒロイン成分不足、どうかと思うよ!

イメージ 33

イメージ 15

 いや、千棘ファンの方に悪いとは思いますが、もうちょっとオールスター回が見たかった! 最終回だし!
 最終回だから、ニ期一話に立ち返るってエンドは素敵で
 素敵だけど物足りない!

 ともあれ、ママさんに告白し続けた千棘パパ、大恋愛だったんですね!

素敵に無敵に情熱的
 二期での、お母さん回に絡めたお父さんのエピソードで、前よりあの人が好きになりました。
 めっちゃ頑張ったんだろうなぁ……。

 そんなこんなで、全面的に千棘回でした。

【悲報】千棘、リボンをなくす。歴史的不注意

イメージ 3

 しかも、楽との思い出の一品でもあるとかいうヘビーなオブジェクト。

マイペース大王
 夏を目前に、母と(楽との)思い出のリボンをなくした千棘は、楽たちに助けられ東奔西走する。
 一方、弱った千棘に思わず惹かれてしまう楽だったが
 今回も奔走し、彼女を手助けする。

 そんな「偽の恋人」から、一歩前に進むべきかと自問千棘。

 漫画や父の思い出をヒントに、色々と試してみる千棘だったが、やっぱり彼女には向いていなかった。
 でも、楽と一緒に居たいという気持ちは本当
 だから隣に居ようと決める

 いつか、告白する気になれるだろうかと自問しながら、今日も楽との「ニセコイ」は続く―――(完)。

万里花『ちょ、ちょ桐崎さん!? いつもと反応違いすぎですわっ!?』

楽『(大丈夫か? アイツ……?) 』

イメージ 2

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7
 
イメージ 8

 しかし、二期になってクロード氏はホントどこいった

千棘クラスチェンジ
 ある日、母の思い出のリボンを無くしてしまった千棘は、すっかり塞ぎこんでしまい
 いつもの面々が揃って、捜索に飛び出す。

 気のせいか、心なしかコイツ、美人になってないか……?

 また、思わぬ副産物。
 塞ぎこんだ千棘は、しおらしくて可愛くて……。

 楽くん、戻らないのもアリかもなーんて思ってしまうのですが――――。

 しかし集くんどこいった

楽『しょうがねえな、見つかったらラーメンを食いにいこう!』

千棘『いい、そんな気分じゃない』

イメージ 9

イメージ 10

 しかし、ラーメン大好き千棘さんってそんな話、あったような無いような……。
 ともあれ、すっかり塞ぎこんだ千棘の姿に
 またも楽君は動き出す

 楽くん、なんとかしてやりてえが最終回も絶好調!

 ホント世話焼きである。

楽『ほれ、もう無くすんじゃねぇぞ!』

楽『――――! ニオイが違う…、新品の匂いがする……』

イメージ 1

 そこで楽君、そっくりなリボンを買い求めてくるのだったが、千棘お嬢様は一発で看破。
 楽君、それは迂闊すぎる……。

 ただでさえ、古びてるだの何だのお母さんも言ってたし!

 しかし千棘は怒らない。
 怒らず、むしろ感謝すらする千棘に、楽はますます「何とかしてやりてえ」と思うのだが――――

楽『―――なあ千棘、あの電柱にひっかかってんのって……?』

千棘『あったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 千棘、漲る野生の力! からの圧倒的ヒロイン力……ッ!

ラクチャク
 結局、楽が偶然「本物」を見つけるが、風に飛ばされ、楽の「偽物」も風で飛ばされ
 誤解もあったものの、本物は楽が拾ってきて―――

 俺のもさっき飛ばされて、間違ったほうを追ってたんだよ、お前っ。

 また一つ、想い出を増やして一見落着、と。
 思い出、詰まりすぎィ!

 楽さんが、「やべ」って言ってたのはそういう事ね。

 間が良い子である。

なお、「偽物リボン」も大切なものになった模様

イメージ 16

 いや拾って帰れよ! と思ったら、ちゃんと拾って帰って、自分で繕った模様。
 なんだこの可愛い生き物は…!

 徹底的に千棘回!

ちょっとこっち恋『<好きです! つきあってください!>』

『<え……?>』

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

 千棘オーバーヒート! 

思考実験なので!
 最終パートは、二期の一話に立ち返って「告白しようか」と、思考実験する千棘ぐるぐる回。
 考える、もっと考える……。

 告白とかすれば、何かが変わったりするのだろうか。

 Exactly(そのとおりでございます)。
 しかし、友達付き合いさえ苦手だった千棘には、ハードルがとても高かった。

 ハイスペックな代償に、当たり前が苦手な千棘

 そも、ひとつの大きな壁がある。

千棘『でも、もし告白したら、コイツはどんな顔をするだろう…。喜ぶかな?』

『嫌がりそうだな、だってコイツ、恋愛対象として見てないだろうし』

イメージ 20

 元々、「偽の恋人」をイヤイヤながら始めただけに、楽は恋愛感情を持っていないはずだ。
 そもそも千棘自身、そういう風に仕向けた面もある
 実に真っ当な考え方。

 もっとも、当の楽くんがグラグラきてるのだが、千棘は気付かない。

 だから「オタメシ」の思考実験を続ける。

千棘『あの…、その……、好きです、つきあってください……っ!』

つぐみ『ナニをされてるんですか、お嬢…?』

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

 突然炎のごとく

父よ、あなたは愛だった
 その後も、手紙書いたり人形で試したり色々やるのだったが、やっぱり経験者の言葉が一番!
 父に尋ねてみたところ――――。

 うん、プロポーズした!

 若かりし頃、当時十七歳の苦学生だった母は、銃撃戦を物ともせずピザの宅配を敢行
 その思い切りの良い美しさに、一目惚れして求婚したそうな

 プロポーズ&キック!

 まあ、蹴られたり骨を折られたり、色々あったらしいが――――。

父『だが、それでも告白せずにはいられなかった……』

『そのくらい、彼女が魅力的に見えてね。“運命の相手はこの人だ”ってね?』

イメージ 25

 傍から見ると、唐突で無謀でギャグそのものだったけれど、この人は本当に「恋」をした。
 突然、炎のように燃え上がって、母を口説き倒した
 幾度も幾度も、へこたれなかった……

 実際、お母さんも尻に敷いてるけど愛しているみたいだったし、大恋愛だったんですね。

 この1/144でいいから、楽くん達に積極性があれば……ッ!

楽『ボーっとしてて、看板で頭打つとか、どんだけ注意力ねえんだよ』

『何か悩み事か? ずっと何か考え込んでるだろ?』

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

 千棘に始まり千棘に終わる。

今はまだ
 翌日、定番化した「恋人の振り」でデートしていた千棘は、楽が自分を気にかけていた事を知り
 いい雰囲気に、告白しようか試みるが――――

 ま、先の事は考えたって仕方ねえや。気長に行こうぜ、何とかなんだろ

 もう一年以上も一緒にいる
 この先、「ニセコイ」関係のまま、どうなっていくんだろうなと考える二人。

 そうね、今すぐしなきゃいけないワケじゃなし

 楽の楽天的な言葉に、千棘は焦りを消す。

千棘『ううん、何でもない♪』

イメージ 30

 二期一話以来、関係を前に進めるかと「オタメシ」に考えていた千棘は、これでいいと結論。
 ゆっくりと、マイペースに歩いていく事にした

 そういえば千棘って、ライバルは万里花しかいないと思ってるんですっけ?

 そっちも結局1mmも進展してませんし
 なら焦る事は無い、今は「何でもない」で良い、そんな千棘エンド。

千棘『今日はラーメンをおごってあげましょうか? この私が、あんた如きに』

楽『ど、どうしたんだよお前、熱でもあるのか!?』

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

 前回、第11話でのエンドカードはこちらの記事で。

とっても曖昧ヘルツ
 最終話で、二期一話に戻ってくる美しいブーメランを描くも、キャラの多さ的に勿体無い!
 そんな最終話。いや、千棘サン可愛いですよ?
 でもエンドカードとかホラ!

 ともあれ、担任の先生が辞めちゃったのもフラグなんだそうで。

 ここは三期を待つ場面ですかね
 このペースだと、安定して三期やりそうな感じです。

 ともあれ、スタッフの皆さまお疲れ様でした! でも小野寺姉妹がもっと見たかった! OPで期待しすぎた!