GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

食戟のソーマ 13品目「夜明け前の卵たち」感想、誰も寝てはならぬ。新キャラ参戦!

最大級に食テロ回! 飛び出す料理、創真の苦境、“薙切えりな”の本領!

イメージ 1

イメージ 2

 最難の課題、疲弊した身体と限られた時間で、学生レベルを越えた課題に挑む創真たち! スパルタ過ぎィ!
 でも、飛び出す料理が、いずれも美味しそうだったのもホント!
 インサラータ・フリッタータ美味しそう!

 そんな中、創真の苦境とこれを見抜いた新たな二人組、その詳細は…ッ!

今期終了?
 また、OPの「皿」が空になってましたが、動画的には再来週から曲変更でしょうか? 寂しい。
 エンディングの入りも良かった!

 田所ッチもガッチリ成長してて嬉しかったッショ!

一色先輩(全裸)『ゆ、夢か……。皆、どうか無事で……ッ!』

イメージ 3

 一色先輩、想像力がホァタァ!すぎ問題。

「卵たち」の試練
 合宿三日目、夜22時に「明日の朝、6時に提供する料理を考えて貰う」と、課題を出す先輩陣。
 誰もが、“これで完成で良いのか?”と焦燥しながら
 卵料理に挑んでゆく。

 課題は卵、「驚きある」朝食をビュッフェ形式で、200食を手にとって貰う難問。

 料理人の卵達は必死で足掻く!
 そして創真もまた、「欠点」に気付かず作ったスフレオムレツで、かつてない苦境に立たされていた―――。

 次回、14品目「メタモルフォーゼ」。

???『いつまでも女王様気取りでいられると、思わないでね』

えりな『忠告ありがとう…、一応頭に入れておきます。下々の戯言としてね』

イメージ 4

イメージ 5

 えりな仲悪すぎ、創真愛されすぎ。 

人間模様
 はや合宿も三日目の夜、疲労のピークが訪れつつある頃、人間関係も新たな動きを見せ始めた。
 えりなは、“下々”に挑発を受け―――

 テメェなぁ! 卒業生と食戟なんて、無茶してんなよバカ野郎!!

 そして、創真の「食戟」は知れ渡っていた!
 そら死んだと思われるよね

 新キャラ、登場順序を「冒頭」に入れ替え、視聴者に強くアピールするスタイル。

 アンド愛されてる創真!

堂島『ステージに注目! 集まってもらったのは、明日の課題を連絡する為だ』

伊武崎&榊『明日の…?』『なんで前日の夜に?』

イメージ 6

 さて、夜22時に告知された「課題」とは、翌朝6時“リゾートホテルの「驚きある朝食」”を提供せよ
 という、学生レベルには無茶振り過ぎる代物!
 体力も限界なのに!

 ジャンルは問わないが、ビュッフェ形式を基本とする

 課題は卵。

吉野&伊武崎『午後六時、だよネ?』『いや完全に午前って言ったぞ』

丸井『寝てるばあいじゃなーーーーーーっい!?』

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 怖い! 銀ちゃんさん先輩、顔が怖い!

誰も寝てはならぬ
 あまりの課題、何より厄介なのは「消耗しきった中で、しかも焦燥し続ける」という事。
 生徒は、“これで良いか?”と悩み続ける

 こうなったら根性見せてやんよーーーーっ! 極星ファイトー! おーっ!

 空元気の吉野かわいい!
 そして、我に秘策ありのタクミっち!

 解散!の堂島先輩!

 やはり、この合宿は地獄でしかねえ!

榊『自分の料理に自身が無ければ、早々と寝る気にはなれないわね……』

えりな様『――――私はもう休みますが、まだ試作を?』

イメージ 10

 一方、才能と実力と自信の塊であるえりな様は、あっという間にメニューを決定。
 床についてしまう。

 さすがえりな様…、プレッシャーなど無きが如し! 感服いたしますっ!

 それに感服する秘書子が可愛い!
 完璧な脳内変換!

 えりなは、今回の一件で『格の差』を創真に見せ付ける心積もりだった――――!

創真『ビュッフェってのは確か、バイキングみてぇなヤツだっけ?』

『高級ホテルの朝食なんて、ピンと来ねぇけど……』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

 また丸井氏が死んだァ!?

待ちうける陥穽
 さて、創真は「驚きある」「高級ホテル向け」卵料理を模索し、とある答えにたどり着いていた
 が、彼は気付けなかったが――――。

 噂の割には期待はずれみたいね? あんな料理を作るつもりなんて、不合格になりたいのかしら。

 先ほどの銀髪美女と邂逅、マヌケな会話を交わした創真。
 だが「完成形」「欠点」を見抜かれる

 致命的な欠点が……!

 思索中の面々、頑張ってた! 顔見せもしてた!

???『私の後ろに斜に構えてたら、スゴ味が良い感じなのっ!』

イメージ 1

 そして銀髪の「お嬢」と従者、今までのポーズはカッコつけだったと明かしていくスタイル。
 ただのダメな子だ!

 あのゴリゴリボール! アレもスゴ味を出すのに良い塩梅なんだからっ!

 リョウくん不憫!

創真『薙切ーーっ、お隣じゃん! 合宿入ってからよく会うな?』

『何気にお前の料理見るの初めてだなーっ』

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

 生産者三銃士、サーヴァントみたいなオーラを放ってて笑う。

「リアル朝食」に挑め!
 翌朝、元気満タンの創真やギリギリ状態の生徒たちの前に、「審査員」が数え切れぬほど来場!
 食材の生産者と家族、そしてホテルの従業員だ

 生産者のプロと現場のプロ、両方に認められるか否か、2時間以内に200食を達成して貰う!

 200食って無茶な!
 かつ、長年課題に参加してきたスゴ舌だらけ!

 この学校、さてはハナッから生徒を卒業させる気が無いと見たね!

 老若男女の様々な客層……、難しすぎる。

えりな様『キミ、もしかして“スフレ”の何かを作るつもり?』

創真『おお、俺はオムレツでいくわ』

イメージ 17

 また、創真の食材を見たえりなも“欠点”を見抜き、密かにほくそ笑んでいた。
 創真の料理は、スフレオムレツ。

 オムレツだが、卵白をあらかじめ泡立て焼いた、ふわっふわの一品!

 卵白がたっぷり空気を含んだ「メレンゲ
 触感はふわふわ!

 しかも口中に含めば、淡雪の如くとろける美味しい一品!

給仕スタッフ『フリッタータ、イタリア発祥の卵料理ね』

『でも朝食としては、少し平凡な気も…?』

イメージ 22

イメージ 23

※この後、もちろん脱がされた。

イタリア式
 まずは、タクミが“フリッタータ・インサラータ”で激賞、これが特に美味しそう!
 チーズを絡めた卵焼きを、サラダにほぐしいれ
 ソースとチーズで仕上げる!

 ふわふわ卵と、シャキシャキした生野菜の触感! それにさっぱりしたバルサミコソース!

 朝食にピッタリですよね!

田所『よ、良かったら召し上がってくださいっ!』

鶏卵の徳蔵『うずらの卵! なるほど鶏卵だけが卵ではない、こうきたか』

イメージ 24

イメージ 25

 すんません、田所さんは創真君の嫁なんで。

朝食おでん
 続いては、得意の野菜料理と「朝から重いのはツラい」という発想から生まれた、田所の朝食おでん!
 全て、一口サイズに仕上げられた事で食べやすく
 彩りも楽しい。

 ふはぁ~、ほっとする味…! 噛む度に、まろやかな出汁がじゅわじゅわと染み出てくる……♪

 じいちゃんズのリアクション笑うwww
 愛され過ぎィ!

 特に「噛む度に」の辺り、ホントに“口に含んでる声”で、美味しそうだった!

 アレ、ホントに好演でした!

瀬名シェフ『ほぉ? 面白いな、ビュッフェで“ロコモコ丼”か』

イメージ 26

 にくみも、「ごはんの上にハンバーグと目玉焼きを乗せた」ロコモコ、ハワイの郷土料理を作り
 堂島先輩の右腕相手に、絶賛を受ける。

 白ワイン酢の爽やかな酸味が、卵黄のとろみと肉のジューシーさを引き立ててる…ッ!

 思わず全裸になる賞賛!
 強い味わいに、爽やかソースを工夫したらしい。

にくみ『(なんだ、アイツの料理?)』

『ゆで卵、殻が付いたままの卵、割った生卵……?)』

イメージ 27

 そんなにくみ、えりなの関係者である銀髪美女にからかわれて可愛かったのだが
 彼女の料理、これがまた不可思議だった。

 あれで料理のつもりかよ? 客も全然よりついてねえし……。

 実力者の奇行…ッ!

えりな様『どうぞ…、エッグ・ベネディクトでございます』

給仕長『――――王道のメニュー。美しいが、どこに驚きがあると…?』

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 33

 当然の栄誉に天を仰ぐえりな、地に付す創真……ッ!

卵は無慈悲な朝食の女王
 そして、一年にして“学園トップ10”であるえりなは、エッグ・ベネディクトを提供
 絶賛を受けていたが―――

 これはまさしく女王級、かしずく旨さ……!

 米国の朝食の定番。
 これに、完璧な技術と「カラスミ(魚卵)」の工夫で絶賛を受けるえりな。

 え? 創真君が、まだ十食以下―――――!?

 予告どおり「王道」で勝利するえりな。
 創真もまた、彼女の「予言」通りの失敗に陥っていた……!

 次回、合宿編完結!

次回、「メタモルフォーゼ」。創真、変態!

イメージ 2

イメージ 34

イメージ 32

 アイキャッチ一色先輩の三段笑いが卑怯すぎたからちきしょう! 楽しそうだなホント!

最大の難関
 前回は、勝てなくて当然の相手との戦いだったのに対し、今回はクリアせねばならない課題での挫折!
 創真の料理の「欠点」とは?

 シリーズのクライマックスで、次々と料理が飛び出す展開が楽しすぎる!

 朝食おでんも、朝の目覚めにピッタリで
 田所ッチの成長も嬉しい!

 さて、これが終われば「次の大きなシリーズの前振り」とも言える展開になりますが……?

 次回、14品目「メタモルフォーゼ」。
 先輩s、再び!