GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ガンダム UC0096 ラスト・ サン 1巻[葛木ヒヨン]感想。ガンダムUC外伝続編、“初代回帰”の物語に

 ガンダムUCと同じ頃、一年戦争終戦記念式典から始まる“原典回帰”作品。

    WBもどき、ガンダムもどき、“V作戦もどき”が繰り広げる物語、開始!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

※画像右下隅クリックで拡大。

 

 式典用に、初代ガンダムを模した“G-ファースト”と、一年戦争以来逃げ続ける残党たちの激突!
 そこに、偶然巻き込まれた「ニュータイプ素養」を持つ少年たち
 初代を強くイメージした外伝!

 

 そこにユニコーンの本来の用途、UC計画用「強化人間量産」システムが絡まる……?

 

新章開幕!
 続編前提で完結した「アクロス・ザ・スカイ」の続編で、そのキャラもチラホラ登場。
 また、シュルツム・ガルスのパイロット達なども
 ゲスト的に登場。

 

 ガンダムUCのMSV担当、関西リョウジさんらしい作品になってますね。

    「袖付き」本格蜂起に際し、ネオ・ジオンに人材は集い行く

イメージ 7

 外伝「機付き長」など、外伝キャラもチラチラ顔見せ。

 

ガンダム宇宙に発つ
 宇宙世紀0096、連邦地球軍は「一年戦争終戦式典」を思い立ち、サイド7に式典舞台を派遣した。
 が、「袖付き」になるべく手柄を求めるジオン残党の少年
 その保護者たちに強襲を受けた

 

 戦いの中、ハリボテのはずだった「ガンダムもどき」は残党部隊に反撃!

 

 また、袖付き志望の少年は「NT」の感性を持つ少年サンを拾い
 物語は幕を開ける。

 

 その裏では、強化人間量産システム破壊を狙い、リュード達が暗躍していた――――。

    連邦「地上軍」の物語、開幕!

イメージ 1

 表紙を見るに、ガンタンクを模した機体と「合体する」のか?

 

式典用「ガンダム
 本作は、ガンダムUCで活躍した「連邦宇宙軍」「ロンド・ベル」とは別勢力、地上軍に所属。
 今や残党も少なく、「存在する事」が最大の任務と言えます
 威圧し、敵を蜂起させない存在

 

 そんな暇な彼らが、一年戦争記念式典を「初代ガンダムの地」旧サイド7で開催

 

 式典用に、WB隊を模した機体が急造された、という設定

    艦長のオッサン、手を回す

イメージ 5

 しかし艦長が「こんな事もあろうかと」と、アナハイムから譲り受けた試験機をベースにしており
 まさに“ガンダム”と呼べる性能!
 そして実戦に!

 

 実際ZZっぽいんですが、データを取り終え不要になった試験機なんでしょか?

 

 面白い顔をしたガンダムですな。

    対するは一年戦争を生き延びるも、サイド3に帰れなかった者たち

イメージ 6

 という事で、いまだにザクとか使ってる骨董野郎共

 

「初代」再現
 敵も、大戦以来さ迷ってた連中ゆえ、新型すら「当時のモビルスーツ」に似せるという設定
 彼ら自身には、当然戦意は無いのでしょう

 

 が、船で生まれ育った子供が「袖付きに参加したい」と言い出し……。

 

 手柄を持たせてやろうと
 敢えて、老骨に鞭を打って出撃したらしい。

 

 さてどうなるのか。

    収録

イメージ 8

 前作から2年、相変わらず「リバウ」を駆るルガーは、今も気に病んでいるらしい。

 

 角川コミックス・エース「機動戦士ガンダム UC0096 ラスト・サン、1巻」。
 シナリオ:関西リョウジ、漫画:葛木ヒヨシ、メカデザ:カトキハジメ、キャラデザ:蒼依ふたば。
 角川書店ガンダムエース連載作品。
 2015年6月発売。

 

 前巻「UC0094 アクロス・ザ・スカイ 4巻」は2014年5月発売。

 

 第1話「From the sky in the Sun」
 第2話「少年は「袖」を目指して」
 第3話「青銅の怨声」
 第4話「ガンダム宇宙に発つ」

 

 ガンダムG-ファースト、キャノンガン設定画掲載。

 

■関連記事