GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

パンチライン ♯12「パンチライン(完)」感想、“最高の結末”じゃないけれど、これはこれでピースフル!

でも“最高の未来”は、ゲームでどうぞ! と言わんばかりなのはどうかと!

イメージ 35

イメージ 1

 意外だけど納得の結末、でも「最高の結末」の余地を残して、そっちはゲーム版で…というのは
 商売っ気を出しすぎというか、軽くガッカリします。
 いやホントに。

 でも自己犠牲を望んだぐり子と、彼女をも助けた遊太は、本当に彼らしいと思った!

ラブラの意外な大活躍!
 最後だけに、Q冥の「除霊」にラブラが活躍したり、後のチラ之助が出てきた
 おおっと思う展開の連続が楽しかった!

 なるほどなー、みたいな。

明香『(古来館)防御シールド、展開ッ!』

イメージ 21

 あ、やっぱりバリアがあったのね。

分岐ピースフル
 12月31日、ハッキングで世界中の核弾頭を総動員し、隕石を迎撃するピースメイカー作戦は
 挫折を乗り越え、なんとか成功裏に終わった。

 だが、ユーバ化で死に瀕したみかたんに代わり、遊太が「身体」を引き受け逝ってしまう

 残されたみかたん達は、改めて自力で幸せな未来を目指し
 また「幽体の遊太」は過去へ飛ぶ。

 Punchlineとは『ジョークのオチ』の事、こうして物語はひとたびの結末を迎えるのだった(完)。

明香@通信『<来よったな寺岡、せやけどウチは諦めへんで、絶対に!>』

遊太『明香!?』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 いやそのぶつりほうそくはおかしい。

ジャスティスパンチ!
 幽体遊太、彼は「透明化」を活かしてWの部隊を一蹴、ホントに十分で片付けてしまった。
 一方、ロボットを駆る愛も大暴れ!

 群がる軍隊を千切っては投げ千切っては投げ、革メイカー、強すぎィ!

 EDで平和そうなのが、いっそおかしいレベル
 国家案件レベルの強さ!

 結局、「兵隊」は愛が独りで片付けてくれたのだったが―――――

 愛、致命的な見落とし。

ぐり子(寺岡)『まさか、ロボットだったとはねぇ……』

イメージ 9

 しかし、ミサイル発射作戦の完遂を見ぬまま、明香はぐり子に破壊されてしまう。
 肉弾戦では勝てなかったよ……。

 これで、人類滅亡阻止は失敗した……?

ぐり子『これでもう、小惑星落下を食い止める事はできない』

『おとなしく、ダブリューになるんだ――――』

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

 参戦するも逆に状況を悪化、「ユーバ化する決意」が'''みかたんに芽生える事に。

ぐり子の意思
 だが、ぐり子もまた避難しようともせず、ひたすら遊太を屈服させようと戦い続けた。
 もう“生き残る事”自体に、意味など無いのか。

 悪いね千代子……、邪魔されたくないんだ!

 乱入みかたん、邪魔になっただけだった!
 いや、ある意味リアルだけど!

 ヒーローとして、明香の遺志を継ごうとするみかたん。

 が、生身では邪魔になるだけ。やはり、ユーバ化しなければ戦力にならない……!

遊太『ぐり子…、お前、どうしちまったんだよ』

ぐり子『―――君や千代子には、解らないだろう、僕の絶望を!』

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 頑なに、「人類滅亡」を遂げようとするぐり子は、大人の身勝手な野望に青春を費やされた
 すっかり人間嫌いになった彼女は、人類の滅亡を望み
 今回の件にこぎつけた。

 仲間の為、他人を救う為に戦う遊太は、彼女を救ってやれなったと後悔したのか?

 彼女に殺されてやろうと言うかのように、ユーバ化を解除――――。

米軍司令官(Q冥)『やっと見つけた…、そいつを渡せ!』

愛『もしかして、アンタ!?』

イメージ 16

 一方、やっぱり「Q冥の霊」に憑かれていた米軍指令、単独で古来館に乗り込むファンサービス。
 この瀬戸際に、“小熊(ムヒ)”を手に入れダブリューになろう
 と、目論んでいたらしい。

 って、そんな短時間でなれるものなのか…?

遊太『千代子!? よせ、やめろ!』

みかたん『ぐりちゃんの…、ぐりちゃんの、ぐりちゃんの馬鹿ぁぁぁ!』

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 22

 ラブラの「除霊」スキルが活かされる…、だと……!?

万事解決……?
 が、霊能力者であるラブラが「除霊」を行った事で、なんとQ冥は強制で成仏……!
 明香も補助動力で起動、作業を完遂した

 ジャスティスパンチ総員に告ぐ、作戦は無事に完了した、作戦は無事に完了した!

 ぐり子も、ユーバ化したみかたんに倒され……
 やっぱりユーバ化を…。

 結果、世界と引き換えにみかたんが犠牲に

 そして問題は、彼女が犠牲となる結末だけは無いだろう、って事で―――――。

ぐり子『どうやらまだ、くたばってないらしいね』

『相変わらず単純だね…、三人がユーバ化してないと出来ないでしょう?』

イメージ 23

 歩み出たのはぐり子、彼女は再び「入れ替わり」を行う事で、自分が犠牲になろうとした
 みかたん、「本来の自分の肉体」に戻る事で
 代わりに自分が死ぬ、と。

 元通り、遊太はぐり子の、みかたんは遊太の、ぐり子がみかたんの身体に戻れば良い。

 あらゆる目的より、二人の生存をぐり子は望む。

幼い頃のみかたん『ぐりちゃんが、パインに結婚の指輪渡すって言うから…』

ぐり子『違う違う! 私はただ、“誓いの指輪”って言っただけで!』

イメージ 24

イメージ 25

 つまりぐり子も天使だった、と。

指輪の誓い
 また、幼い頃にケンカした「指輪」とは、三人ずっと仲良しでいようという誓いの指輪。
 みかたんが勘違いしたが、三つ作っていたのだ

 それじゃあ誓って! 私達三人、どんな事があってもずっと仲良しだって♪

 誓った頃を思い出す二人。
 あのケンカ、そういう事だったのね……。

ぐり子『僕らも戻ろうか、あの頃と同じ体に』

遊太『――――悪いがぐり子、俺はお前を許せない』

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 1

イメージ 28

イメージ 29

 俺はお前を許せない。だから、お前は生きろ。生きて、その罪を償え

約束の彼方
 が、遊太は死んで逃げるなとぐり子を突きかえし、自分が身代わりとなって死ぬ事を選ぶ。
 約束を貫き、独り犠牲となる遊太――――

 約束しただろ? お前を必ず守るって……。

 やはりぐり子が…
 と思いきや犠牲となったのは遊太、最終話にして今度こそ死亡

 遊太君、お疲れ様でした……。

 なんというか「身体ごと死んだら死ぬ」のか…。

「遊太」の死後、49日が過ぎた――――

イメージ 31

 エピローグ、二話でやらかした「幸励術」で景気づけし、“幽体遊太”を召喚する面々。
 やっぱり、あの遊太は死んでしまった
 が、幽体は残っていた

 彼は、まるでドラえもんのような事を言い出すのである。

幽体遊太『俺は、同じ事を繰り返すんだ』

『まあ難しく考える事は無い、お前らはお前らで、良い感じの未来を築いてくれ!』

イメージ 30

イメージ 32

イメージ 33

 遊太ボディになっても、みかたんはかわいい。

「霊界」の正体
 実は、25年前に「明香の設計図」や計画を祖父に伝えたのは、幽体遊太だったのだ。
 明香の異常な高性能は、そもそも出自不明ゆえ

 明香は、明香自身を参考にして作られたロボットだったのね。

 鶏が先か卵が先か。
 ともあれ、「仕事」を終えた後は、遊太は再び繰り返す

 よりハッピーでピースフルな未来の為に!

 別の世界線ってヤツね!

明香『な、なんやねんこれ…?』

愛『専門学校の友達が、どうしても引き取って欲しいって言うから……』

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

 愛、社会復帰したのね。

へばさ(それなら)
 また、チラ之助の正体は古来館で飼われていた猫、彼が長い年月を経て戻ってきた姿だったのね。
 子猫の頃からパンツ好き!

 へばさへばさ、チラ之助ってどうだべ? めんこくね?

 最後という事で盛大にパンチラしつつ、その後の面々をエピローグで描いて終了
 みかたんは、「ユーバ化」せずにヒーローを
 アイドルも続けているらしい

 しかし、中身みかたんの遊太って、違和感スゴいな!

 カツラだけで大丈夫なの!?

そして、本当のハッピーエンドは「ゲーム」にて……!

イメージ 37

イメージ 6

イメージ 30

 最終回のメカ戦もスゴかった!

ゲームセット!
 やっぱり遊太の性格なら、ぐり子も救おうとするよなというのが一番の感想、本編的には。
 たとえ悪事に手を染めても、それは環境のせいであって
 彼女の事を良く知っているんですから。

 そうして、何でもかんでも救う代価に、自分自身が犠牲となる結末。

 でも心残りはあるし
 時間遡行できる、「幽体遊太」っていう希望は残ってる。

 だからもっとハッピーな結末に出来るから、ゲーム版で楽しんでねという……。うーん。

 頭では「なるほどなぁ」と思うけど後味の悪さを残すぜ!
 満足できねーぜ!

 ともあれ、スタッフの皆さまお疲れ様でした!