GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

俺物語!! 第12話「俺の偏差値」感想。猛男にだって、できない事くらいある…ッ!

納得の伏線。猛男ペアレンツ大活躍、猛男渾身の「受験」準備号だッ!

イメージ 1

イメージ 26

 序盤、いつもの猛男すげぇ! から始まり「猛男にも不可能だろう……」と思ったら、可能っぽく
 ダメっていうか、それ以前の問題じゃねぇか! な回。
 スナと大和の適切な伏線!

 そして、この猛男の両親の素晴らしい存在感である!

だが気持ちは解るぞ!!
 ホント、ご両親が次々転がり込んできて笑ったっていうか、興味持ちすぎッショ!
 一方、猛男のひたむきさも強調されて
 良い話だった…。

 あと何より、何気に丁寧に、オチに向けて伏線を張っていたのが流石! しょーもねえ!

俺は剛田猛男、ゴールは俺が守るッ!

イメージ 2

 球技大会に猛男投入とかいうオーバーキル案件。

猛男と不可能
 二学期開始、球技大会を楽しんだという猛男達に、大和は「同じ学校だったらな」と惜しむ。
 ならば、大学は同じ学校に行こうと励む猛男だったが
 成績は下の中といったところ…!

 大和が志望校を変えると言えば、いや自分が頑張ると奮起する猛男!

 ちょうど模試が開催されると聞き
 猛男は、生まれて初めて勉強漬けの日々を過ごすのだったが、結果は「判定不能の論外評価…!

 実は大和の志望校とは、女子大だったのだが、それもまた新しい思い出となる。

 次回、第13話「今日は俺のおごりだ」

生徒『猛男のキーパーはズルいってぇ!』

『ゴール殆ど見えねぇ!?』『動き機敏すぎ!』『スローイン弾丸すぎ!』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 敵キーパーが猛男の攻撃範囲外だと、いつから錯覚していた?

俺の球技
 二学期、球技大会にゴールキーパーとして参加した猛男は、スローインでゴールとかいう規格外!
 やだこの子、世界を狙え過ぎィ!?

 大和、何してるかなぁ……。元気だろうか。

 しかし当人は、「皆がんばった」と至って平和に大和主義。
 無欲にも程がある。

 なおサッカー大会自体は、3年生をも破って優勝を決めたそうな。

 猛男・ザ・オーバーキル。

大和@メール『<猛男くん元気? スケートに行くんだけど来ない?>』

猛男『元気だった! 俺も元気だぞ、大和!』

イメージ 6

 続いて大和に誘われ、いつものメンツで揃ってスケートに行くのだったが、猛男すげぇ!
 初体験でトリプルアクセルイナバウアー
 タケオバウアー!

 人類の進化を早送りで見ているかのようだ……

 てっきり氷が割れるのかと。。。

大和『今日は遅れちゃってごめんね、漢字テストやり直しになって…』

『途中で一問とばしちゃってね? ズレちゃって全部バツ

イメージ 7

イメージ 8

 やだもー、男子ってばノリが良すぎなんだからー。

近況報告
 さて、スケートを終えた大和は「テストで失敗した」と、遅れてきた理由を説明
 猛男らも、今日の球技大会を楽しげに話す

 バスケは酷いね。フェイントというフェイトにひっかかる……。

 なお猛男、苦手なスポーツもある模様。
 素直すぎるのか…。

 ともあれ、好きな人の、楽しげな日常を聞けば誰だってこう思うワケで。

大和『良いなぁ、同じ学校だったら良かったなぁ……』

『猛男君、大学は?』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 12

イメージ 14

 今週、スナの鬼畜さが冴え渡って大満足です。

誤解&努力
 大和の、「一緒の学校だったらなぁ」の一言に触発された猛男は、一緒の大学に行こうと決意
 だが一学期評定は、平均1.7とかいう強者……!

 大和……、行きたい大学を変える必要は無い…、俺が勉強して追いついて一緒の大学に行こうっ!

 猛男は、頭の良い大和が遠慮していると思い込み
 自身の学力を上げようと決意。

 スナに頭を下げ、猛勉強の日々が始まった

 折りよくマークシート模試があり、これを目標に勉強に励むのだが――――

スナ『いや、お前に紫藤大は無理だから』

イメージ 11

 思えば、この台詞も前振りだったんですが、「成績差が大きい」と焦っていた猛男は
 それでもやるんだと言いきる。

 一緒の大学に行きたいって言ってくれたんだ……、俺にやれる事なら、やってやりたいじゃねェか……

 猛男の良い台詞!
 対し、スナが軽く咳き込んでたのは、そういう事だったのね。

砂川『じゃあ、ちょっと英単語の理解とか……、escapeの意味』

猛男『こんな感じだ』

イメージ 13

 そして英語単語にリアクションで応える猛男、ってナンダソレ!
 意外に理解してる!

 やはり、感性が最優先なんだな!

猛男の母『――――タケ、彼女なのかい?』

猛男『彼女だ』

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 1

イメージ 18

イメージ 19

 猛男パパ、溢れるダンディズム。

恋の空騒ぎ(両親)
 が、勉強となれば「自室」で行うワケで、猛男の両親がウキウキとし始めるのは必然だった…!
 外で会ってばかりだったから、ほぼ初対面なのね

 大和が同じ学校にいたら良いなと、大和がいつも隣にいたら良いな、と思ったんだ……。

 今回も、一生懸命で真面目な猛男…!
 方や不真面目な両親!

 でもまぁ、猛男にあんな彼女が出来たら仕方ないよね!

 ご両親ノリノリである

猛男の母『大和さん、お茶おかわりは?』

猛男の父『大和さん、ゴルフ見ない?』

イメージ 20

 入れ替わり立ち代わり、着飾った母と、cv玄田氏の父親が入り浸るとかいう困った事態。
 アンタら、たまに来た孫に構われたい夫婦か!

 大和さんモテモテである。

猛男『解らねぇ、なんでこの男は、二人の女性の間でフラフラしているのか…』

砂川『猛男、テストはお前の感想とか求めてねえから』

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

 スナは頭もタイミングも良いなぁ。

ヘヤノタケオ
 結局、スナの部屋で勉強会となったのだが、スナってば絶対教師に向いてますよねっていう。
 読解文に共感できない、という猛男たちだが――――

 猛男、大和さんが二人いたら迷うだろ? 大和さんも、猛男が二人いたら迷うだろ?

 その人は、そういう風に迷ってるんだって事。
 なんてカオスな絵柄。

 猛男が見たことないほど勉強して倒れたり、大和が、またドキドキしたり……。

 ここ、スナの家だから大和さん!

猛男『スナも一緒の大学にしねえか? いや、楽しいかと思ってよ……』

砂川『じゃあ…、俺、お前に合わせるつもり無いからスゴイ勉強して貰わないと』

イメージ 24

 また、大和が帰った後もそのまま勉強し続けながら、スナはふと思ったという。
 猛男には、そもそも勉強は必要ない

 勉強ってのは、“人生を間違えない為の知恵”だから。お前には必要ないんだろうな

 せやな…。
 学生の勉強は「手段」であって、究極はそういう事。

 スナは含蓄王やで……。

猛男『俺は勉強が得意じゃないが―――』

『みんなで笑えるんだったらよ、このくらいの苦手はなんとかしてえな…』

イメージ 25

イメージ 27

イメージ 26

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

 顔面がセンターするとかいう新しいリアクション。

カップルは感染る
 ともあれ、猛男は猛男なりの全身全霊を以って、「模試」に挑んだのだったが――――。
 約束されたうっかりが猛男を襲う!

 ぬぉぉぉぉぉ! 解答欄がズレているぅぅぅぅぅぅっぅぅぅぅぅッ!?

 大和さんと同じミス…!
 あの台詞、ここへの前振りだったってのか!

 必死にもがく猛男。

 無論、今回は「模試」に過ぎなかった訳だが――――。

猛男『エックス判定って何だ………』

砂川『バツじゃね? 判定不可能って、そこに書いてあんだろ』

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

 落ち込む猛男がムダに可愛い。

結果判定、猛男激怒
 やはり、得点は振るわず「判定不可能」と最低評価が出て、猛男は大いに落ち込むのだが
 実はここで種明かし。

 だって紫藤は女子大だから♪ なんか猛男くんだったら行けそうな気がしたんだけど……。

 先に言えスナァ!
 猛男の誤解と、誤解に乗っかった二人の勝利!

 ひでえオチだった!

 他もD判定と振るわなかったけれど、この調子で勉強すればきっとってな話。

 猛男、今週も頑張った!

次回、『今日は俺のおごりだ』。飲み屋っぽいぞ猛男!

イメージ 28

イメージ 29

 あ、これ進研ゼミでやったところだ!的な。 
 
猛男の不可能
 冒頭、無敵のキーパーからスケートまで軽々とこなし、「猛男スゲェ!」を盛り上げてからの!
 猛男ってば、苦手に取り組む姿まで男らしい
 さすが猛男だ!

 一方、そんな猛男をかついじゃった二人も流石だ!

 両親も良い味出してたし、このまま連続2クール目も安定して面白そうですね。
 むしろ、最終回どうするんでしょ。

 次回、第13話「今日は俺のおごりだ」