GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

プラスティック・メモリーズ ♯12「想い出が埋まってく」感想、アイラとツカサと最後の仕事

駆け足にすぎていく「最後の日常」、いつかまた巡り合えますように

イメージ 20

イメージ 19

 終盤、大わらわで電話してる課長に不穏さを感じましたが、それも「おつかれさま会」の為だったと。
 前回が二人の幸せなら、今回は「仕事場の皆との幸せ」を描く回
 そして次回が別れの回か……

 大切な人と、いつかまた、巡り会えますように。

形になる「別れの日」
 一話以来、ずっと謎だったアイラの「贈る言葉」も判明し、いよいよ別れが鮮明に……。
 パジャマで寄り添いあう二人の姿とか
 完全に夫婦

 病床で、間もない別れを、受け入れた夫婦そのものでしたね……。

オープニングのアイラ、表情、動かず

イメージ 5

 見つめ続けるアイラ。

いつものままで
 残された時間をどう使うか、職員の皆は、ツカサ達が幸せな時間を過ごせるよう心を砕いてくれた
 が、アイラ自身の答えは「皆と過ごす事」だった
 いつも通り、過ごす事だった。

 皆が大好きで、また休む事で、自分の体が鈍ってしまうことが怖くて

 最後の仕事を終えた二人を皆はねぎらい
 そしてツカサは、突きつけられた「回収同意書」にサインをし、また一つ、大切な日々がすぎてゆく。

 次回、♯13「いつかまた巡り会えますように(終)」。

アイラ『ツカサっ、一人でいるのは怖いの……』

『ツカサはそばにいてくれるよね…? どこにも、行かないで……っ』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 エルさんが言ってましたが、見ててつらい。

独りの夜に
 ある夜、いつものように充電器(?)で寝ていたアイラは、不安を覚えてツカサに飛びつく。
 もう「死期」が近いのだ―――。

 アイラ…、あのさ…、いや、何でもない。

 翌朝、努めて「いつも」に戻る二人。
 改めて怖いですよね、自分の余命がハッキリ見えているって……。

 私服、可愛いけれど落ち着いて見れないっ。

ミチル『――――たまたま、チケットが手に入っただけだからねっ!』

コン『ツカサ! 私のよく行くレストランの、招待券が手に入ったのですがっ』

イメージ 29

イメージ 6

 やがて出社すると、ミチル&ザックを皮切りに、出るわ出るわのプレゼント攻勢の日だったので!
 皆、二人を気遣ってくれてたのだ

 映画に食事、ヴァカンスにディナーショウ、デートの定番てんこもり!

 想い出が埋まっていく…っ!
 あと、新しいドレスを貰いテンション高いアイラ(右後ろ)かわいい! ひょこひょこ動いてた!

男優『満足したかい?』

女優『いいえっ、まだまだよ! やりたい事がたくさんあるの!』

イメージ 1

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

 初めての映画に、大興奮のアイラ=サン(9歳)。

想い出を埋めまくってく!
 翌日、有給をもらった二人は「初めての映画」「初めての膝枕」と、恋人同士の初めてを埋めてく。
 どなたか、埋め立て業者の方はいらっしゃいませんか!

 映画の中でやってたアレ、やってみたい! 私の、使ってくれてオッケーなので!

 膝枕だからチキショウ!
 一方で、ツカサがいなくなる不安も感じる

 何より眠ってしまうと、そのまま自分が死んでしまうのではないか、と。

 心が不安定になってゆくアイラ。 

ツカサ『これまで通りやっていこう。今日みたいな日は、たまにで良い』

イメージ 12

 また、仲間達は「さっさと休んで二人の時間を大切にしろ」と促すが、アイラは普通を望んだ。
 もう身体がボロボロのアイラだからこそ
 休みたくない。

 休んでなまって、動けなくなるという根拠の無い不安。

 不安が膨れ上がるアイラに応え、ツカサは、これからも「普通」でいようと結論するのだった。

鉄黒『こう頻繁にやる必要はないが…、気休めになるんならな』

イメージ 13

 しかし、身体がなまる事を恐れ、日々「身体チェック」を繰り返すアイラの懸命さに
 ミチルは真逆に、もっと休ませなければと決心

 ズレちゃったけど優しい子だわ。

カヅキ『アイラの回収同意書だ。サインは、お前がするんだ』

『任せたからな。お前はしばらく、アイラの為に集中してくれ』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

 ああ、やっぱり「鉢植え」はツカサっちが受け継ぐのね。

形をとる「死期」
 そうして、ミチルが心配しながら見つめる先で、ツカサはアイラのハーブの世話を教わり
 カヅキに託された「回収同意書」に悩む

 もっと、色々育ててみたかったな――――

 プランターの世話を伝えるアイラ。
 ツカサは、彼女がココにいた証拠を受け継ぐ事になるのか……。

 後で辛いですよ、これ…。

 鉢植えもお茶汲みも、3年前に仕事から外された折、自分も役立つと証明したくて始めたそうな。

ミチル『この際だからハッキリ言ってやるわ! どうして休まないのっ!!』

『ちょっとは空気を読みなさいよぉッ!』

イメージ 17

イメージ 18

 うーんこの顔芸マイスター。

この場所も
 やがて、いい加減ミチルがえらい顔でキレてしまい、アイラは本音を伝える。
 この仕事場にいたい、皆といたい

 でも、私はツカサとの時間と同じくらい、この場所での時間を大切にしたいので

 ミチルはホントに大混乱かわいい。
 翻弄かわいい。

 そして、友達の為に一生懸命になってくれる、良い子ですわね…。

ツカサ『サインは、俺がする事になってる……』

アイラ『うん、良いよ――――。ツカサに、サインして欲しい』

イメージ 19

イメージ 20

 逃げる事もできない、ワンダラー編の通り。

回収同意書
 だが、ミチルも少し気付いていたけれど、ツカサは思った以上に追い詰められていた。
 同意書にサインできず、逃げ出したくなるくらいに。

 辛い想い、させちゃってるね――――。ありがとう。

 今までの「回収」の数々。
 今度は、ツカサが同じ想いをする番

 寄り添って、ありがとうと囁くアイラの姿が儚い。

 まるで夫婦みたいで、そして儚い。

ツカサ『明日、サラさんの回収の日だよな…』

『俺たち二人で担当する仕事は、それで、最後だ……』

イメージ 21

 前回で語り合ったみたいに、街の夜景を寄り添いながら見つめる二人、最後は近い……'。
 でも、きっと、この明かりの中にもツカサ達みたいに
 怯えるギフティアもいるんでしょうね

 僅か九年の命か…。

課長『いやハイ、おっしゃる事は重々承知しております』

『しかし、何もしないのもどうなのかなぁ、と―――――』

イメージ 22

 最終話は、エンディングのラストシーンにも声が付くのでしょうね。

最後のお仕事
 翌日、多くの人たちに惜しまれながら、サラ嬢は「回収」処理を受けるのだったが――――。
 一話目のように、耳元で囁くアイラ。

 あなたも

 けれどサラさんは、何故か「返事」を返す。
 このエピソードも回収か。

 またこの直前、課長がやたら謝ってたのが不穏だったなんて気のせいだった!

ミチル@伝言『<もし気が向いたら、オフィスに帰ってきなさいよ>』

『<仕事もひと段落だから、お疲れ様会くらいは、開いてあげられるんだからっ>』

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

 笑いあう二人に、嫉妬するでもなく微笑むアイラさん。

大切な場所だから
 実は、ミチル発案での「お疲れさま会」が計画され、皆して集まっていたのが判明する!
 課長が謝ってたのは、許可を取ってたのだ。

 アイラ、長い間……、お疲れさま。

 ミチルのツンデレなお誘い、奇麗な動画でグイグイ動いてて、すごく動画工房だった!
 今週、何かと「動き」が印象的でした!

 そして、ツカサが笑顔に戻ってくれた事に嬉しそうなアイラ。

 やはり天使か…!

ツカサ『私ね、あそこで働けて良かった…、皆と会えて良かった』

『楽しい事も嬉しい事も多すぎて、日記にも書きつくせないくらい……』

イメージ 27

イメージ 28

 なお、この後のアイラさんがこうなった! ってな漫画はこちら http://gs.dengeki.com/news/29854/

ツカサ
 お開きとなった後、アイラは皆に会えて良かったと改めて感謝し、ツカサにも感謝をした。
 出会わなければ、心を開かず終わっていたろうから。

 大切な人と、いつかまた、巡り会えますように。

 良い雰囲気の中、ツカサは「サラに囁いていた言葉」を確かめる。
 死にゆく時、一片の希望の言葉。

 だからサラは、「あなたも」と返したのだ。

 アイラも、もう時間が無い――――。

予告『まっしろだった私のノートが、あなたとの思い出で埋まっていく―――』

イメージ 1

 公式で動画予告http://www.plastic-memories.jp/ オマケ漫画も配信中 http://gs.dengeki.com/tag/plamemo/

お疲れさま会
 今週も、別れを意識させるままに終わり、アイラの死は最終回に持ち越しに。
 個人的に、少し意外でした。

 それこそ覚悟を固めさせていっていますが、アイラの死を、どう乗り越えるのでしょう。

 限られた時間の使い方を考える
 そんな本作、最終話の「時間」をどう配分して描いてゆくのでしょうね?

 次回、♯13「いつかまた巡り会えますように(終)」。