GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

パンチライン ♯11「ジャスティスパンチ!」感想、“6人目”参戦! バトル作画すっげぇ!

いよいよ次回最終回、怒涛の決戦! “Wのスゴさ”は回復力だけなのか…?

イメージ 2

イメージ 1

 なんと、“幽体の遊太”まで参戦しての決戦突入! ジャスティスパンチっていうか六人じゃん!
 迎撃作戦を開示し、それぞれ、持てる力で大暴れする古来館メンバー
 これが“五人の力”が必要だって事なのね!

 対し、量産されていた“W”は妙に呆気ないですが、回復力の改善ってだけならあんなものなのか…?

役者は揃った!
 また、米軍司令が「Q冥憑依済み」っぽいので、どう動くのか気になるのと
 革メイカー強すぎ問題でしたね!

 愛ちゃんに鬱憤晴らしの機会が! 強すぎィ!

明香『少し、時間くれへんか? 作戦を立てる時間を……!』

イメージ 3

 あ、椅子がカボチャなのね。

ジャスティスパンチ!
 12月30日、「霊界が諦めた」事を受けて、遊太は自分なりのやり方で世界を救おうと模索
 明香に全ての事情を話し、積極的に歴史を変えようと動く

 明香は、全世界の核ミサイルをハッキングし、隕石を迎撃する作戦を発動!

 これを止めるべく、ぐり子とQ-may会シンパは機動隊と米軍を扇動
 Q冥もまた、米軍司令に憑依して動く。

 ラブラと愛の予想外の活躍で、戦線は何とか支えられたが、古来館に無数のミサイルが殺到し―――!?

 次回、♯12「パンチライン(完)」

明香『終了までの百分間、貴様は古来館を守りぬかねばならない! できるか?』

遊太『任せてください! 大佐のおパンツ様を見せて頂ければ、楽勝です!』

イメージ 4

イメージ 5

 ブリーフィングでパンツの話をするんじゃあない!

ピースメーカー作戦!
 さて、気を持ち直した明香が立案したのは、地球上の数千発の核ミサイルを動員することで
 隕石を破砕する大作戦であった――――。

 って、3000発も「ネット上から、発射指示が出来る状態にある」っておかしくない!?

 というツッコミは野暮。
 というか、遊太もぶっちゃけすぎである。

 以前、数千発ブチ込めば隕石も壊せると学者が言ってたのは、この前振りだったのか……。

 事情も全て話したそうな。そして

古来館の面々は、事情も全て立ち聞きしたそうな

イメージ 6

 そういや三話で、壁が薄くて、ラブラと愛が立ち聞きして誤解した話がありましたっけ!
 なんだか、早くも懐かしいエピソード。

 ていうか一体、いつから立ち聞きしてたの!

※事情は全部知ったそうな。

明香『ブリーフィングは以上や』

『――――最後に一つ、頼みがあんねんけど……』

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

 花火大好きすぎ問題。

晦日(こつごもり)
 やがて、まるで死を覚悟したかのような明香の依頼で、メンバーが集まっての小晦日パーティーが!
 第6話の明香えもんの会、再びですね!

 戦闘用のロボットや

 そして再びロボ…、ってサラッと戦闘用って言っちゃった!?
 マジで戦闘用なのかよ!

 まあヒーローにロボは必須だもんね!

 ただ明香の態度が気になりますが、ただの弱気なのか、「実は明香の命が懸かってる」のか?

古来館一同『『『『『(花火発射まで)三、ニ、一!』』』』』

みかたん『作戦の成功を祈ってっ!』

イメージ 13

 が、思い出作りと思っていた明香と遊太は、みかたんの告白に驚かされる
 彼らが全て聞いていた、と初めて知る二人

 しかし実は、みかたんは後一回のユーバ化で死ぬと判明していた

 だから参加させたくなかったのだが――――

明香『解った……、ただし条件がある』

『お前がユーバ化しそうになったら、作戦を中止する。意味、解るな?』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 2
 
 流れ出すED、改めて聞き直したら、前より少し好きになりました。いい曲。

こんなにも君が好きでたまらない
 けれど結局、明香が折れつつ「条件」を出してみかたんが、愛とラブラも参加が決定し
 ここに、予言部隊“ジャスティスパンチ”結成!

 私、皆が大好き、古来館が大好き! だからずっと一緒にいたいって…、来年も再来年も、その先も!

 青春だ!
 青春しておる!

 そしてもう、古来館がなくなるフラグにしか見えない……ッ!

 そういえば何で「古来館」なんでしょ?

チラ之助『もう何十億回も経験してきたってのに、こんなの初めてなのら』

遊太『だからこそだ、新しいレールを引く事に意味があるんだよ』

イメージ 18

 一方、前回で「霊界の想定したやり方は破綻した」と諦めたチラ之助は、これで別れを告げる。
 助かるにせよ失敗するにせよ
 これでお別れ。

 もっとも「住人の結束が不可欠」と、ジャスティスパンチを予見していた節も。

 どこまで想定の上か?
 最終回、Cパートで種明かしとなるのか、或いは「隕石阻止」の時か…?

遊太『よぉーし、やってやるぜぇぇぇぇぇぇぇぇ!』

みかたん『だから言ったでしょ、ユーバ化なんかしなくたって十分戦えるって♪』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

 い、意外に高機能だコレぇ!?

古来館、奮戦!
 翌日、表向きは『ハックされた核ミサイル防衛の為』、そしてQ冥会の意思によって迫る警察隊に
 ミヤケン&ストレンジ・ジュース、無双!

 ていうか、『敵』も、ミサイルをネット隔離とか出来ないの!?とかツッコむのは野暮!

 ハッキング中の一時間、古来館を守る戦い!
 本陣、古来館!

 動きまくるバトル作画と、意外に高機能なみかたんスーツすげぇ!

『ウソでしょ…?』『自衛隊!?』『いや、あれは!』

アメリカ軍『こちらはアメリカ陸軍である。十分以内に投降せねば総攻撃する』

イメージ 24

 また、核の危機とあらば当然アメリカ軍も出動、装甲車両とランチャーの群れ!
 ラブラも混乱するレベル。

 白旗って、白い布なら何でも良いのよね?

※もちろんパンツである。

ぐり子『二人とも揃ったね? それじゃあ、返事を聞かせてもらおうか』

遊太『俺達がWになったとしても、お前は人類を滅ぼすつもりなんだろう!?』

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

 米軍の総攻撃に、「対策はある」という明香だが…?

ぐり子の箱舟
 やがて、米軍と機動隊を扇動したぐり子が現れ、最後通牒と共に「W」の仲間たちを前進
 めっちゃ量産されてただと……!?

 俺達は“W”になんかならない! 人類を…、古来館の皆を護る!

 啖呵を切る遊太!
 だが、同格以上の敵の大群って無茶!

 しかもこっちは丸腰だし!

明香『あかん! コレはゲームやない、リスポーン(復活)なんてできへん!』

愛『解ってる…、だけど私も皆の役に立ちたいの…!』

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

 ロボットアニメになったよ!?

その名は虎八郎
 しかし、花火ロボが「ゲームと操縦系(UI)が同じ」と気付いた愛は、やはり搭乗して前線へ!
 明香ってば、またも押し負けた!

 良かろう…、この虎八郎が相手になってやるッ!

 ロボゲーで最強を誇るネトゲオタク、愛の本領発揮っていうか強すぎィ!
 性格変わってるし!

 迫る米軍を、千切っては投げ千切っては投げ!

 明香も、どんだけ天才なの!?

米軍司令『そんな事より、小熊はまだ見つかっていないのか?』

イメージ 35

 また、米軍が攻勢に出ない最大の理由は、「司令がQ冥に乗っ取られている」からだったらしい
 自身をWとすべく、ムヒを狙うQ冥。

 このややこしい時に!

遊太『この匂いは……、まさか、シナモン? お前は、まさか……!?』

ラブラ 『<ああ、俺はもう一人のお前!>』

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 1

イメージ 40

 透明化を駆使して戦う幽体遊太、めっちゃ強ェ!?

「六人目」
 一方、ダブリューの群れに意外に善戦していた遊太達は、“幽体遊太inラブラ”に救われ
 通常兵器は、愛の操る革メイカーが圧倒!

 憑依のリミットまで後六分ってところか…、いいだろう、六分で片付けてやる!

 完全なはずの“W”を
 そして、アメリカ部隊を圧倒しまくる古来館勢!

 メカ作画がまたもすげぇ!

 そしてまさかの「六人目」と合流したラブラ、めっちゃ強ぇ! 強すぎ!

アメリカ軍『――――発射!!』

イメージ 41

 が、無常にも「十分」の期限が過ぎ去り、防御不能の飽和攻撃に晒される古来館…!
 明香の対策とは?

 もちろん、明香ならバリアくらい用意しててもおかしくない!

 さて攻防の結末は……?

次回! パンチライン。その意味は――――

イメージ 17

イメージ 14

 不退転のみかたんと、青春感あふれる決意! 

古来館、決戦編!
 ここまで冒頭と回想以外は、徹頭徹尾「古来館」のみで話を進め、別の場所には移らなかった本作。
 そのまま、古来館で平和に過ごすエンドとなるのか
 古来館からの旅立ちか?

 ラスト間際、戦闘作画と「幽体遊太」参戦が熱かった!

 もう歴史がしっちゃかめっちゃかですが、チラ之助は本当に予期していなかったのか
 こうやって、自分の意思で乗り越える事こそが
 彼の望みだったのか?

 ともあれ、いよいよ最終話ですね!
 ぐり子も助かると良いなぁ…

 次回、♯12「パンチライン(完)」