GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

レーカン!第12話「みんな、つながっているんです。」感想。いい話だった…。けど、何が起きていたのか?

霊感は手段で、頑張ったのは天海自身。井上さんも頑張った……!

イメージ 34

イメージ 1

 察するに、天海母が維持していた『朝顔』って、アレが響の霊感そのものって事なんでしょうか?
 過去、井上と出会っていたらしい、という描写もありましたが
 補完はあるんでしょうか?

 ともあれ、井上と泣きながら手をとるシーンとか最高でしたね! いい話だった!

天海響がつないだもの
 前回が、幽霊サイドのオールスターで、今回は人間サイドのオールスターって感じ!
 勇希くんもありゃ良い男になるわ。
 うん。

 指の絡め方はどうかと思ったけど、いい最終、いや後一話あるのか!

山田『ツッコんでよっ! 場を明るくしたかったんだよぉっ!』

イメージ 2

 ホント良いヤツだな山田ァ!

霊感が無くても
 七夕、母に会いたいという積年の願いを果たした天海響は、直後、霊感を失ってしまった。
 大それた望みを抱いたせいだと思いつめ
 天海は心労に倒れる

 霊感がない自分に、他人と繋がりをもてるだろうか、必要とされるだろうか?

 見かねた井上は、強引に「悩み」を取っ払う。
 霊感は、あくまで手段できっかけだった、なくても大丈夫だと、腕ずくで解らせる井上。

 悩みがほぐれた響は、何故か霊感をも取り戻すのだった。

 次回、第13話「夏の、思い出です。(完)」

小川『天海さん、本当に霊感が無くなっちゃったんだね……』

上原『これもその影響なのかねぇ…、心霊写真が撮れなくなったり』

イメージ 3

イメージ 4

 今回の描写上、霊が「見えなかった」のか「いなくなってた」のか、さてはて。

沈む天海、変わる井上
 七夕後、「霊感」が失われた天海響は休み時間ごとに奔走し、霊が見えないか探し続けた。
 霊が見えなくなった事が、変化が怖かったのだ。

 お婆ちゃんはいるもんっ! 見えなくても、見守ってくれてるんだからぁっ!

 対し井上は、霊を信じるよう感化されたね
 と、小川に指摘。

 天海と出会った事で、井上も、みんなも自分達は変わったのだと自覚する。

江角『全然普通なのにさ、学校も街の中も、静かになったと思えちまう』

イメージ 5

 天海と出会って、代返とかコギャルとか『面白いヤツ』がいっぱい居たと知った
 居なくなり、寂しいと感じる

 全て、天海と出会って「変わった」のだ、と。

井上『あいつが、“あんなふうに笑う”のは、イヤなのよ……』

イメージ 6

イメージ 7

 女の子の願い、勝手に見ちゃダメっ!の小川かわいい。

天海、倒れる
 何より、天海が寂しい笑い方をするのがイヤだ、と思うよう「変わった」井上だったのだが
 笑顔どころか、天海は心労で倒れてしまう。

 どうか、顔を…、声を…、お願い……、します…っ。

 でも、自分達には何も出来ない。
 これは辛い…。

 山田はとぼけてますが、苦しんでるのに力になれないってのは、本当に辛い。山田ァ!

天海 朝陽『――――響が言っていたんだ』

『こんな風に、みんなに心配をかけてしまうなんて、合わせる顔がありません』

イメージ 8

 その上、天海は「倒れて」心配をかけた事を申し訳なく思い、引き篭もってしまう。

 他人の心配ばかりして…、そのくせ自分は……、ふざけんじゃないわよ!

 敢えて、怒る井上さんが優しい。
 けれど天海自身も解ってる、急な事に混乱しているのだと父は言う。

小川『あと、ご飯食べないのも気になるね』

江角『ああ、そっちの方が深刻だな』

イメージ 9

 あまつさえ、あちこち奔走しているくせに食事まで喉を通らなくなったと聞き、ますます心配。
 帰る際、丁寧に礼を言う上原、江角も素敵でしたね
 彼女たちらしくなくて

 けれど、井上はこれにヒントを得て――――

上原『―――ま、天海には何もしてやれないからな』

小川『だったら、天海さんが今出来ない事を、お手伝いするしか無いよね♪』

イメージ 10

イメージ 11

 翌日、井上が「ヒントを得た」と悟った江角たちは、自分達にできる事を精一杯やっていた。
 天海が普段やっていた、代返の墓の掃除などなど……
 ホント良い子ら

 考える事は一緒か、と呆れているのが微笑ましい。

昨日の母『背中を押して貰えたの…、たくさんの響のお友達の皆に―――』

『安心した。私がいなくても、沢山のつながりが出来たのね?』

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 1

 和む、和むぞ!

響のわがまま
 同じ頃、「母に会いたい」とワガママをいったせいで、全部失ってしまったと自責に沈む天海に
 井上は卵焼きを押し込んでいた。

 ごたくは良いから、食べなさいっての! 早く食べなさい! はい、よく噛んでっ!

 自分だけ腹を満たすのが申し訳ない。
 そんな響に、容赦なく、素手で卵焼きをブチ込む井上ステキ!

 いいから喰え!

 噛んでェ 噛んでェ 喉へ入る瞬間が とォてもォ たまらない! 池波正太郎先生風に言えば!

井上『多分、これが、天海が今食べたいものなんじゃないかと思ったの』

天海『――食べられないって、私だけがって…、なのに、美味しい、美味しいです』

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

 生きてるんだから!とかいうクリティカル説得!
 
母の味、井上の味
 文化祭の折、天海の卵焼きが「(父経由の)母のレシピ」と聞いていた井上は、父に教えて貰い
 自分と、親戚の勇希がして貰ったお返しをする

 当たり前よ! アンタ、生きてるんだから! アイツらだってそう思ってるわよ!

 叱りつける井上!
 背負い込みすぎても心配させるだけだ、と。

 でも天海は、コミュニケーション能力を失ったも同然の今が、不安で仕方なかった、と吐露する。

 自分の価値が信じられなかった。

井上『行くわよ、天海。アンタに会わせたい人がいるの』

『悪いわね天海、今アタシ、ブチギレそうなのよ――――!』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

 妹さん、響の名を貰って「響歌」と名付けたそうな。義理堅い。

天海響と出会い
 だから、彼女のおかげで成長できた親戚、勇希に会わせるつもりだったのだが―――――。
 道中、会うわ会うわの大サービス!

 今まで、再会できなかった昔なじみ、娘と死別した母、死別した妻に元気付けられた夫などなど!

 天海が仲立ちして、元気に、安らぐ事が出来た人たちが次々登場!
 守屋先生は速やかに四散すべき

 多くが、彼女を心配してくれた。

 井上はただ、勇希と妹の「響歌」に会わせたかっただけなのだが――――。

井上『やっぱり、ちゃんとつながってんじゃないの』

『皆、アンタのこと大事に思ってる。なのにまだ霊感がどうとか言うつもり?』

イメージ 26

 霊とのつながりは無くした、けれど「霊感」はあくまでコミュニケーションの手段であって
 こんな風に、他人とつなげたのは天海自身の力だ
 アンタは無価値じゃない

 そんなアンタだから、私、いまだに怖くて怖くて仕方ないけど、ずっと友達でいたいんだからっ!

 怖くて怖くて仕方ないけれど!

天海『良いんですか…? 私、つながっていても……?』

井上『当たり前じゃない、アンタはもう少し、わがままになって良いのよ…』

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

 前回、代返が見た響の姿、井上との思い出だったのか。

たとえ見えなくても
 助けられ、自分に皆や「霊の皆」と仲良くなる資格があるんだろうか、という疑念を払った天海は
 それがきっかけだったのか、再び霊感を取り戻す。

 ええ、きっとそうね。霊感があっても無くても、今の響なら――――

 枯れた「あさがお」が咲くと共に復活
 また、天海の母は、あさがおに話しかけていたようですが……?

 結局「霊感喪失」の真相は不明。

 日常は戻り、代返はのりたまを食べまくるのであった――――ー。

天海『もし不安に思ったそんなときは、手を伸ばしてください』

『そうすれば、きっと――――』

イメージ 35

イメージ 36

 ラストは、絆は見えないけれど確かに存在する、という今回のテーマの再確認と共に
 いつものように、天海さんが幽霊と仲良くなる場面で終了
 まるで最終回だった……

 見えず、聞こえなくなって焦ったけれど、絆は確かにあるって事。

 そういう話だった。きっと。

予告・みんな『もー、遊園地は逃げたりしないわよーっ!』

イメージ 31

 そして残るあさがおの謎。

「見えなくなって」知った事
 前回の七夕、「天海さんは友達が居なかった」「けど今はいる、良かったね!」かと思いきや
 今回への前振りでもあったんですね

 友達が居なくて、急に増えたけれど、「霊感のおかげ」と思ってた部分があって。

 今、自分が必要とされているか不安だった天海さん
 霊感を失い、それを再確認した
 と。

 奔走した井上さん、ホンマええ子や…、手の繋ぎ方が百合の香りや……

 でも、スッキリしなかった部分は
 次回で回収?

 次回、第13話「夏の、思い出です。(完)」