GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

アルスラーン戦記 第十一章「ペシャワールへの道」感想。ギーヴはお金が大好きなのに! 銀仮面、正体開示!

カーラーンの息子”、電撃参戦! どう転ぶのか楽しみなキャラです!

イメージ 29

イメージ 1

 遂に、銀仮面の正体が明かされ、また、大司祭直属の頭がおかしそうな騎士団が来援するなど王都震撼!
 逃げるアルスラーン一行も、ギーブとエラムとの仲を深め
 より結束を強くしていく流れに。

 先ほどはすまなかった。ギーヴはお金が大好きなのに、私の為に捨てさせてしまった…

ちょい待ち殿下ァ!
 しかし殿下、ギーさんの事そんな風に冷静に的確に評価してたの!? そっちのがビックリだよ!
 当人、至って真面目なんですがね!

 同じく真面目で一直線そうなカーラーンの息子も参戦し、どうなる事やら。

『王弟陛下、聖職者どもによる、勝手な異教徒狩りが後を絶ちません』

イメージ 2

 ギスカール殿下こそ、小国をここまで育て上げたらしい。超有能。

「王族」と臣下たち
 パルスに駐留するルシタニア本隊は、教会が「異端狩り」「直属の聖騎士団招聘」など暴走する事に手を焼き
 その混乱に紛れ、パルス先王の遺児・銀仮面ヒルメスは地盤作りに奔走
 忠臣サームを密かに助け、自身への忠誠を迫る

 一方、彼の罠に嵌ったアルスラーン一行は三隊に分散、友軍ペシャワール城塞を目指す。

 ダリューンファランギースは、カーラーンの息子「ザンデ」に襲われ
 アルスラーンもまた、エラムギーヴに助けられ
 追撃部隊から必死で逃れる

 道中、王族嫌いのギーヴは、かけ離れた育ちと心を持つ殿下に、彼の作る国を見てみたいと入れ込み始める

 次回、第十二章「騎士の忠義」

王弟『あまり職分を越えた事をなさると、天上の栄光をも失いますぞ?』

ボダン大司祭『否! いまやこの戦は、天上の栄光にも関わる事じゃ!』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 宗教が建前である以上、司祭を無下にしたら「侵略戦争」に成り下がるとかいうジレンマ。

狂信者たち
 王都、王弟ギスカールは現地の懐柔に務めていたが、ボダン大司祭は執拗な異教徒狩りを望む
 ギスカールは職分を越えるなと忠告するが―――

 パルス暦320年12月、大司祭直属聖騎士団、王都に入場。王都を覆う闇は、一層深まってゆく―――

 ヤバそうな部隊が……。
 ボダンは、戦と異教徒狩り、両方が自身の職分だとかぬかしおる!

 教会直属の騎士団、問題は、彼らが「ルシタニア本隊とは別の軍隊」ってことでしょうか。

 王様たちの命令なんて聞かなそう。

銀仮面ヒルメス『――――跪いて挨拶をせぬか』

万騎長サーム『俺はパルスの騎士だ! 跪く相手はただ一人、国王あるのみ!』

イメージ 6

イメージ 36

 い、生きてたァ!? 脱いだァ!? 知り合いだった!

生きていた「正統の王」
 そしてもう一つ、六話で銀さんに射殺されたサーム卿、その彼に生かされていたと判明。
 暴れる彼を、制止する為にやった事だった、と

 俺は先代パルス国王の嫡子、俺こそがパルスの正統の王だ……

 十六年前に死んだはずの王子。
 敢えて正体を明かし、有能な部下を増やそうと暗躍する銀仮面の王子、ヒルメス

一行は、敵の伏兵を避けつつ、最大兵力を残すペシャワールを目指していた

イメージ 7

イメージ 8

 当初あれほどツンケンしてたエラム君も、すっかり殿下に馴染んだ感が。

ギーヴと「王族」
 一方、現王の息子アルスラーンは、「どんな王になれば良いか」をひたすら悩みながら
 臣下の従者、エラムと親交を深めていた。

 ミョーな王子だな、エラムは殿下にとって臣下であるアンタの更に従者だ、なぜ気をかけるのか

 フレンドリーな殿下
 対し、異国の男ギーヴは「王族」に嫌悪感を持っていて……。

 そんな今週、ギーさん回です。

ヒルメス『―――恐ろしいか? どうした、それほど恐ろしいか……!』

侍女『い、いえ! そんな事は、殿様、どうかお許しを…!』

イメージ 9

イメージ 10

 そら怖いですよ銀さん。

イジメ、カッコ悪い!
 そして明かされたヒルメスの過去、今とは比べ物にならぬほど明るく、父親を慕う少年だった。
 彼は宮廷で、「王の長男」として成長する

 その夜、父はアンドラゴラスに殺され、俺もまた――――

 が、病床の父と自身が襲われ、これをアンドラゴラスのせいだと確信。
 身を隠し、ここまで生き延びたらしい。

 火と、二目と見れぬ自身のやけどがトラウマとなった。

ザンデ『初めて御意を得ます。亡き父、カーラーンに代わりお仕え致します』

『このザンデ、必ずダリューンの首を!』

イメージ 11

 そこに現れたのは、なんと「カーラーン」の遺児、ザンデ。父とは似つかぬ直情型らしい。
 鼻息荒く、アルスラーンダリューンの首を取ってくると言い
 ヒルメスは許可を与える。

 銀さんは、既にアルスラーン一行の動きを把握し、軍を動かしていたのだ。

 ダリューンの腕力、ナルサスの頭脳に匹敵!
 完璧超人ヒルメスさん!

ヒルメス『お前がダリューンに勝つと?(真顔)』

ザンデ『はい』

イメージ 12

 しかし、この言葉に「ふっ」と笑ったヒルメス卿、呆れたのか頼もしいのか、さあどっち?
 何も知らないって恐ろしいよなぁ、的な嘲笑だったのか
 逆に、やる気溢れる頼もしい奴と思ったか

 いずれにせよ、ヒルメス陣営に新しい「部下」が。

 どう見ても猪武者

ダリューン『殿下は、先にお行きください』

エラム『――――必ず、ペシャワールで合流できます!』

イメージ 13

イメージ 14

 ダリューン矢が通じなさ過ぎィ!

ヒルメスの罠
 やがて、今までの「伏兵」で行軍をコントロールされていた一行は、遂に追撃部隊の射程内に!
 だが真っ暗闇の仲、ダリューンが遊兵として残り
 たった一騎で迎撃を開始!

 視界の悪い中、追撃部隊はダリューンに包囲攻撃をかけるが、ファランギース加入で状況は安定

 僅か二人に、騎馬部隊を壊滅させられ
 追撃の歩兵は怯む――――

 ナルサスも姿を消し、一行は三手に分かれる事に。

ザンデ卿『――――なんたるザマか! この腑抜けどものが…!』

ダリューン! 貴様に殺された父、カーラーンの無念、このザンデが果たす!』

イメージ 1

 そこに鉄塊のような剣を持って現れた鎧イノシシ、ザンデ卿! 味方を弾いていざ参戦!
 カーラーンの息子と聞き、さすがのダリューンも動揺
 ザンデ卿、本作での初陣である!

 重さとは打撃力! 剣の重みに任せ、ダリューンに打ち込むザンデ!

 ヘァッ!

ザンデ『邪魔をするな女ァ! デヤァ! ドウリャァ! トウ、ドリャァ! ヌ!?』

ダリューン『なんという力だ………!?』

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

 力任せに枯れ木を引っこ抜く与作武者! ていうか耐える馬もすげぇ!

イノシシ武者、猛る!
 が、このパワーバカは想像を越えた腕力! いざ刀が枯れ木に刺さらば、切り株ごと引っこ抜くバカっぷり!
 小細工無用、力こそパワーで押しまくるザンデ!

 が、かわされた瞬間の隙に、ファランギースに愛馬を射抜かれ、共々に落下!

 早くも退場かと思われた!
 が、ダリューンは彼にトドメをさせず、そのまま撤退に。

 豪腕の騎士ザンデ、黒星発進……ッ!

ファランギースダリューン卿、あの大男を殺す事、躊躇したな?』

ダリューン『うむ…、落馬した者を追い討ちで殺した事はなくてな……』

イメージ 21

 ダーさん自身、殺せなかったのは自分の甘さだと後悔していましたが、果たして言葉通りなのか?
 亡き騎士、エーラーン・カーラーンに負い目を感じたのか?
 次回、「騎士の忠義」とは?

 敵ではあるが、殺すには惜しいパワーバカだったのは確かだ!

 サーム卿も含めて、迷いどころですね。 

ギーヴファランギース殿と離れ、王太子なんぞの為に戦わねばならんとは!』

エラム『今の言葉、不敬ですよギーヴ様!』

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

 殿下かっこいい!

王族ってクズさ!
 一方、不満タラタラのギーヴに守られ、騎馬で強行突破を図っていた殿下・エラムのコンビは
 殿下を庇ってエラムが落馬し、絶体絶命に――――

 何で助けにいく!? アンタ、王族だろう!

 駆け戻る殿下!
 王道! だが「部下を捨石にする王族」ばかりみてきたギーヴには、意外な光景だったッ!

 落馬したエラムの為、殿下ってば馬から降りちゃうし!

 危うすぎィ!

ギーヴ『――――なるほどね。とっ!』

歩兵たち『き、金貨だ!?』

イメージ 25

イメージ 35

 これに感じ入ったギーヴは、金貨の詰まったズダ袋を放り投げ、兵士たちの気をそらす荒業!
 現地の兵士にゃ、手柄より金貨だよね!

 どうせ捕らえても、自分らじゃなくて「隊長」の手柄だろうし!

 ヒャッハー! 金貨だァ!

騎馬隊長『川を下るつもりか! 下流に行って奴らを探せッ!』

『しかし、この高さを……?』

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

 飛び込むワケないだろ?と、眉間を打ち貫くギーさん、マジイケメン。

今日からお前も友達だ!
 やがて、川に飛び込んだと見せかけて追っ手を撒いた後、エラムは心から悔やむのだが……
 無論、殿下は「友達を見捨てられない」と言う

 身分などと言うなら、私は誰一人友達が出来なくなる。エラムは私の事が嫌いか?

 やだ、最後の一言がラブコメっぽい…!
 殺し文句だ!

 い、いずれにしてもご恩はお返ししますから!

 どもるエラム君、殿下、ヒロインだと思ったら主人公だった

殿下『すまない、ギーヴはお金が大好きなのに、私の為に捨てさせてしまった…』

ギーヴ『い、いやいや大真面目に謝られてもっ!』

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

 王族を嫌うギーさんだからこそ、異端の王子に興味を持つ。

ギーヴはお金を愛してる
 やがて、大真面目に礼を言われたギーヴは、アルスラーンが「王族らしくない」理由を知った。
 実は殿下は、幼少期を一般家庭で育てられたのだ。

 ナルサスが殿下に入れ込む理由が解りますよ、あなたが王になった時、どんな国が出来るか楽しみです

 部下の為、身を投げる甘ちゃん殿下。
 が、彼が「王様」となった時、その善意を民みんなにもたらすのなら。

 お金を愛するギーヴもまた、彼を信頼するように。

 この場合、ギーヴが王族を嫌悪する事が、強く彼を驚かせ、殿下を信頼させたって感じですね。

予告『ダリューンファランギースが、結果として大いなる災厄と出会った』

イメージ 34

 アニメーター・渡邊和夫氏、今回の総作画監督、『ベルセルク』で作画監督を担当。まるで鉄塊だった…。

忠義のうまれ方
 今回、銀仮面が権威でサームを従えようとしたのに対し、殿下は人徳と行動力で、知らず忠誠を得る流れ。
 迷いないヒルメスと、迷い答えを探そうとするアルスラーン
 キレイに対比なのが面白いです。

 幼少期、「王の嫡男」として持てはやされ、そこから凋落させられた恨みに燃えるヒルメス

 一方アルスラーンは、ずっと庶民同然の暮らしをしていた「予備の王子」。
 その違いが、発想を分かっているんでしょうか。

 生まれた当初のアルスラーンは、王の嫡男でなく『王の弟の息子』だった為なんでしょうか……?

 次回、第十二章「騎士の忠義」

ギーヴ『なんとなく…、です』

イメージ 30

 また今回、アルスラーンが「場外=大衆育ち」とギーヴが見抜いた一件に思うんですが
 この人、同じ境遇なんじゃないないか、みたいな
 どっかの第10王子とか、その辺

 妙に「王族」を嫌いすぎている事と、腕が立ちすぎること的に。

 ちゃんとした教育を受けてるっぽいし
 自分自身、「王族」に嫌な目に遭わされて国を飛び出したっぽい気がするんです。この風来坊。