GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

食戟のソーマ 11品目「東から来た魔術師」感想。堂島先輩、圧倒的無茶振り! これが“元一席”の料理…!?

『料理長・田所』、奮戦! かつてない重圧、信頼、ウザ可愛いさ!

イメージ 34

イメージ 1

 マジカルキャベツ! 原作でも屈指に『美味しそう』だった、四宮シェフの料理が炸裂! 旨そう!
 田所に、“お前の価値を示せ”と無茶振りする堂島シェフ
 田所を信じ抜いてくれる創真!

 俺の経験全部をつぎ込んでお前を支える! 本日限り、“食事処たどころ”、開店だ!!

日向子シェフうざ可愛い!
 経験実績、あらゆる意味で「勝てるはずが無い」相手に、自分自身に集中しろと促す創真!
 田所も、ずっとずっと迷い続けるのが彼女らしいし
 だから「進む」のがカッコ良かった!

 演出もシリアスと、バカの極みが両方詰まっていて、楽しかったァ!

堂島『少なくとも彼女は対処しようとしたんだろ? 一考の余地ありと思うが』

イメージ 3

 二先輩の助け舟により、“食戟”決定!

その一皿に
 合宿一日目、雲の上の達人に「自分のレシピで」勝てねば、創真まで退学にされると宣告された田所。
 この“非公式食戟”で、自分の価値を示してみせろ
 それが堂島シェフの宣告だった

 創真の激励とサポートを受け、「相手」「状況」の雑念を捨て、自身の料理と向き合う田所。

 対する四宮は、「野菜料理の魔術師」の二つ名そのものの料理
 家庭料理を高めたシュー・ファルシを披露

 判定人は圧倒的な旨さに震えるが、彼が「看板料理」を出さなかった事に、一筋の勝機が残された。

 次回、12品目「ひと皿の記憶」。

四宮シェフ『おい、待ってくれよ堂島さん! 何で俺がそんな茶番を……!』

堂島『受けろ。四宮』

イメージ 2

イメージ 4

イメージ 5

 可視領域の迫力をかもし出せるのも卒業生の特権、ウザ可愛いのは日向子シェフの特権。 

二人の“価値”
 創真は「食戟」を申し込んだが、正直、四宮側に受けるメリットは全く無く、言下に断られる。
 勝って当然、勝つ価値すらない勝負なのだ。

 オーケー幸平。ただし負ければ、お前のクビもまとめて飛ばす。

 だが、堂島の強い語調に“非公式食戟”が決定。
 四宮は脅し文句を、堂島は「君達の価値を見せてもらう」と、勝負の意義を言い渡す。

 堂島氏、のっぴきならんな辺りの愉快さと、この迫力!

 cv子安さんノリノリだ!

田所『創真くんのばかぁ! 私なんか放っとけば良かったべさ! 何で…!』

創真『田所―――――』

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 お前、たまに方言でるときあるよなー♪

田所の“価値”
 帰り道、首の皮一枚繋がったと楽観的な創真に、“私なんか見捨ててくれれば”と泣き出す田所。
 でも“私なんか”って言葉こそが、創真の原動力なのだ。 

 何でって決まってんじゃん。田所は、こんなところで落ちて良い奴じゃないからだ――――

 田所の泣き顔が天使…!
 なんかじゃない、田所はここにいる価値があると、背を向け語る創真。

 男の子でカッコイイですわ。

一同『『『イヤな予感しかしない……ッ!?』

イメージ 9

 一方、極星メンバーは、帰らぬ田所・不在の創真に不安を募らせまくっていた……ッ!
 ていうか、誰も色恋沙汰だとは思わない辺り
 スパルタンだわ。。。

 一同、すっかり創真に慣れてきたようで何より。

 そしてその頃、その田所は、二段構えのショックにひっくり返っていたッ!

田所『え!? ど、どうして卒業生の人たちがこんなに……!?』

堂島『審査員として来てもらった。乾(日向子)では判定が偏りそうだったからな』

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

 むむーっ!と言い続ける日向子かわいすぎ。

田所恵、死す
 堂島先輩は、審査員に豪華メンバーを招集、更に「田所がメイン調理だ」と条件を付ける!
 これは、“田所恵の価値”を示す戦いなのだから。

 幸平…、君の料理で勝ち生き延びたとしよう。それが何になる? 金魚の糞である事は変わらん

 己の価値は己自身で。
 創真も、田所を信じるなら異論は無いはずだ、と。

 厳しいが正論…!

堂島『言っておくが、彼女のレシピに手を加えるのはナシだ』

『彼女の料理が信じられないなら、今すぐ勝負から降りろ』

イメージ 13

 今回は「副料理長」、料理長のレシピを信じ、「田所を信じるから戦う」事を明確にせよ、と。
 創真は、料理人として“厨房から逃げない”と続行を宣言

 だがしかし、田所自身は限界に

 刻々と過ぎる時間、強大すぎる敵、創真を巻き込んでいるという責任…!

田所『だめだ…、やっぱり私、だめなんだ……、私なんか………』

創真『田所、合掌してみろ、合掌!』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 19

 昔、実家で習った緊張をほぐす裏ワザだ。独りじゃできねーのが難点だけどな?

旨かった
 だが、ひとまず“余計な考え事は全部捨てろ”、お前らしい料理を作れと創真はアドバイス
 だって、前に田所が作ってくれたおにぎりは
 お前の料理は旨かった、と。

 俺の経験全部をつぎ込んでお前を支える! 本日限り、“食事処たどころ”、開店だ!!

 おー!?
 気負いがとれた田所のアイデア

 創真の、よく解らん勢いの良さがノッて、いよいよ反撃開始!

日向子『四宮先輩!』

『食事処の“どころ”と田所の“どころ”で、とっても語呂が良いですね…!』

イメージ 20

 そして日向子シェフ、謎の耳打ち……! なんだコレ!?
 とっても語呂が良いですね…!

 ホントこの人、いつでもノリノリである。

水原シェフ『――――何あれ』

関守『どうみたって、アレは学生のレベルを遥かに超えている……』

イメージ 21

イメージ 22

 そりゃ、あの親父に喰らいついていってたワケだもんねぇ。

何あれ
 しかし「他人を使う」という事に、田所が慣れているはずもなく、開始早々大慌てするが
 カバーしたのは、創真の“助手”力だった。

 メインシェフ、田所の仕事を先読みして下処理し、しかも決して邪魔にならない。

 学生レベルを超えた「助手」っぷりは
 既に、オーナーシェフを務める先輩らも舌を巻くレベル!

 早くも創真は、“自分の価値”を示す――――

田所『(遠月学園卒業生の料理、一体どんなすごい品が出てくるんだろう)』

ドナート梧桐田『いやぁ、期待しちゃいますネー?』

イメージ 23

 やがて、一足先に完成した四宮に注目が集まるが完成したのは、少し意外なメニューだった。
 料理名はシュー・ファルシ

 洋食でいえば、ロールキャベツに近い「家庭料理」だったのだ。

 細かく刻んだ肉や野菜を、キャベツの葉で包んだ蒸し料理。そう蒸して作る料理。 

ドナート『おお…? 香味野菜の香りが食欲をそそる……』

関守『こ、この詰め物<ファルシ>、豚ロースや玉ねぎじゃない!』

イメージ 1

イメージ 24

イメージ 25

 シューは「キャベツ」のフランス語、シュークリームは「キャベツに見立てたお菓子」ってって事

魔法のように
 だが、四宮の恐ろしいところは、そんな「家庭料理」を再構成し、高級料理に引き上げたセンス!
 中の詰め物は、地鶏胸肉に多彩な食材を閉じこめ
 ムース状にしたもの!

 繊細な甘みのちりめんキャベツを噛み破れば、ふわりと濃厚なムースが舌に絡みつく……ッ!

 しかも「キャベツ」は、下茹でと蒸しあげ、二回の過熱の際
 最適な熱をピタリと加えられていた――――

 元々、加熱でほのかな甘みを出すちりめんキャベツ、その旨みを、最大限に引き出す調理!

堂島『ふわりと溶ける鶏肉のムースと、それを包むキャベツの若々しい甘さ』

『舌に身体に、味の魔力が漲るようだ……!』

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 34

 旨い料理だもの、変身くらいするさ!

野菜料理の魔術師
 四宮シェフは、得意とする野菜料理で『肉食中心』のパリへ切り込み、ねじ伏せた野菜の達人!
 レギュム、野菜料理の魔術師と謳われた男…!

 これは魔法! そう、マジカル☆キャベツ!

 あまりの旨さに、審査員一同、思わず変なリアクションをとるレベル!
 原作再現度パねェ!?

 というか、無駄に変身モーションまで追加しおった!

 なんて無駄な熱意なんだ…!(褒め言葉)

堂島『しかし意外だったな、俺は看板料理<スペシャリテ>が食えるものだと』

四宮『―――ハハッ、冗談きついですね堂島さん』

イメージ 31

イメージ 32

 現場で磨きぬかれた圧倒的な旨さ、だが堂島は、四宮が“本気の料理を出さなかった”事に
 あまりに「真っ当な」驕りに、一筋の勝機を見出す

 そして彼が「出せなかった」という事も。

 何より、この辺での日向子シェフが作画的にすごく可愛かったという事。

『(自分の精一杯を出し切った料理が、他人に評価される事が)』

『(こんなに怖いなんて―――――)』

イメージ 33

 背中を叩く創真、好きです。

大丈夫だ
 対し、幾度も挫折を味わってきた田所は、自分の料理が通じるのかと怯えてしまうのだったが
 もう一度、今度は創真が背中を押してくれたことで
 一歩、前へと踏み出す。

 彼女の料理は、七色の輝きを放つテリーヌ……!

 次回、“非公式食戟”決着!

次回、田所渾身の“テリーヌ”に下される評価は……?

イメージ 18

イメージ 34

イメージ 30

イメージ 19

 ED担当、ここで日向子先輩かぁ!

真っ当な驕り
 今回、ただ一皿を出すにも怯えてしまう、評価を受けることに怯えてしまう落第生・田所恵。
 対するは、連日連夜、「客」という名も知らない判定人に
 絶えず評価され続けたプロ・四宮!

 その上、彼は遠月学園在籍時は「十傑第一席」をもぎ取った程の達人!

 田所が怯えるのも当たり前で
 だから、お前の料理は旨かったし自分を信じろと、背中を叩く創真がカッコイイんですよね!

 てか創真カッコよすぎ!

 判定人もアニメ化でリアクション強化されすぎておかしい!
 堂島先輩、もうマジおかしい!
 日向子先輩可愛い!

 次回、12品目「ひと皿の記憶」。