GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

シドニアの騎士 2期 ♯09「任務」感想。揺れる心、揺れる戦況! “隼風”出陣!

ウソの任務と偵察任務。イザナ、死地へ! 高速自律支援装甲“隼風”、初陣!

イメージ 2

イメージ 45

 序盤はラブコメ中盤からは「隼風」の発進シークエンスが見所たっぷりで、新たな敵に次回も気になる!
 残り三話、ようやく突入した“第九惑星”に現れるガウナ
 企む海苔落合!

 イザナ君も乙女だったし、焦れるつむぎの声と効果音が可愛すぎだったからちきしょう!

乙女たち、ガン見
 もう、窓に顔を押しつけまくるユハタ達、意味ありげに帰ってくる二人がラブコメ絶好調でしたが
 それが急激に、絶望的な戦況にブーメランするのがシドニア
 まさにシドニア

 落合の野望は今期で果たされるのか、それとも来期(?)になってしまうのか!

弦打『あれ、つむぎちゃん今日は一人? カレシはどうしたの』

イメージ 4

シドニア五指のエースパイロットです。

調査任務と偵察任務
 ナガテに、密かに景勝地に誘われたイザナは舞い上がるが、祖母の差し金だと知って激昂。
 しかし、結果的に二人は―――――。

 だが無常にも、翌日「一般操縦士」イザナは危険な任務に選ばれ、惑星ナインへ。

 撃墜王であるナガテ、つむぎは出撃を止められ
 不安顔で見守るしかなかった。

 ただの惑星調査、しかしやはりガウナとの遭遇戦に突入し、期待の「隼風」も通じず――――。

 次回、♯10「進入」

弦打『独りで寂しい時は、いつでも俺が掌位してやるぜ?』

つむぎ『――――私と飛んでみますか?』

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 柿崎、じゃなかったつ、弦打-----ィッ!

弦打は二度以上死ぬ
 さて、ナガテ達に置いていかれたつむぎは、撃墜王・弦打に下品にからかわれるのだったが
 どっこい、なら「一緒に掌位しますか?」と応じ――――

 おつかれさまでしたー♪

 貴重なエースが、無駄に地獄巡りに遭ってる!?
 つむぎ、スッキリしすぎ!

 超高速でジェットコースターってレベルじゃない目に遭う弦打!

 生体反応レッドランプ鳴りすぎィ!

イザナ『な、ナガテ……』

イメージ 9

 一方ナガテサイド、突然、彼に手を握られ瞳を潤ませるイザナが可憐であった……。
 そら鈍感王も握っちゃいますわ。

 直後、つい照れて「調査再開」を促すイザナ。

 でも自分で促しておいて、手を離され、名残惜しそうに手をふらつかせるワンシーンも乙女…!

ユハタ@通信『<つむぎ、千秋郷への侵入方法が解ったわよ!>』

岐神モズク『つむぎ、何をしてますの? 今日は定期保守点検の日ですわよ』

イメージ 10

 一方、ガチで「二人きりになどさせるか!」と燃えるユハタと、通信機をポピポピ操作するつむぎ!
 このシーン、つむぎの仕草がまた可愛い!
 通信機必要なの!?

 ユハタは、司令捕権限をフル悪用し、千秋郷への侵入ルートを洗い出す。

 が、折悪しく「つむぎの保守点検日」で……。

イザナ『ちょ、調査は……?』

ナガテ『そ、そうだ! 良し! てすりの状態に問題なし!』

イメージ 1

イメージ 11

イメージ 12

 握った手が、「機械義手」なのにちょっとヒヤッとする!

谷風ナガテの千秋郷調査
 一方、「真面目にやらなきゃクビを折られる」と勤しむナガテと、誤解しっぱなしのイザナ。
 口実をつけ誘ったんだろう、思い込むイザナ。

 え? な、何!?

 ナガテが、照れて演技してるだけと思い込むイザナ
 もう、とか仕草が可愛い。

 続いてナガテは、指示された通りに施設を動かし、イザナを困惑させる――――。

 ビックリして抱き寄るイザナ。。。

つむぎ『まだなんですかっ!』

モズク『じっとしていないと、終わりませんよ』

イメージ 13

 そして今週のハイライト、もどかしさのあまり「むぅ~」と拗ねるつむぎ!
 しかも二段階!

 むぅ~~~~~~、むぅーーーーっ!

 まさかの二段階
 どんどん手の動きが加速するのが可愛すぎるって!

ユハタ『――――遅いわねつむぎ、何してるのよ……』

イメージ 14

 彼女を待ち、千秋郷を「外殻」から眺めて待つユハタ、まちくたびれて遊泳するのがSF。
 無重力まちぼうけ。

イザナ『――――ずっと、見ていたいね…』

ナガテ『あ! 調査しないとっ!! 次の作業工程、明日10:00まで待機…?』

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

 そっちの手は痛い! 

谷風ナガテの大失言
 一方、指示通り「無重力風呂」を起動させたナガテは、つい「同性の気安さ」でイザナを誘う
 が、いまや彼女は女性なのだと思い出す

 そ、そうだ! つむぎもいつか連れて来てやりたいな! アイツ、風呂好きだし!

 ナガテ、失言連発!
 ムッとした“彼女”は一緒に入ろうと言い出し――――。 

 ふと、彼の「端末」に目をやってしまう。

イザナ『――――全部、おばあちゃんの仕込みだったの…?』

ナガテ『あ! いやこれはっ!!』

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

 打撃音が本気すぎる!

科戸瀬イザナの激昂
 そして始まる、今週のナガテ君ボッコボコ劇場! テーブルをも凹ませる「機械義手」の連発!
 それでも、決して離さないナガテ
 マジで男前だ!

 ナガテは僕のことなんてどうでも良いんでしょ!

 自分を“女扱いしなかった”ナガテ
 咄嗟に、つむぎの事を思いやったナガテ、そもそも「義務」で自分を連れてきたナガテ

 激昂するイザナだったが――――。

ナガテ『どうでも』

イメージ 2

 ナガテのチキショウめが「どうでも」と言ったところで不自然に音声が途切れ、続きはまた今度!
 一方、乙女二人はガン見していた。
 めっちゃ見てた!

 特につむぎ、顔面が凹むレベルで見てた!

ユハタ『二人で外泊するからって、何か起こるわけでもないじゃない?』

『急に“やめよう”って言ったのはつむぎでしょっ!』

イメージ 25

 が、ここまで目撃したところで、つむぎが「帰ろう」と言い出した為、そのまま戻った二人。
 ユハタは、自分自身とつむぎを納得させようとするが
 つむぎは思う。

 もし私が人間だったら、私もあんなところに誘ってもらえたのでしょうか……。

 悲しい葛藤。
 一方、ユハタは人間だけど誘われなかいや何でもないです。

つむぎ『実はあの時、二人の会話が聞こえてしまったんです』

『ああ…、でも盗み聞きなんて良くないですよね、忘れてくださいっ』

イメージ 26

 更に、「二人の会話」を最後まで聞いたというつむぎだったが、ユハタにも視聴者にも話さず
 そのまま引っ張ってフェードアウト
 チキショウ!

 え? えぇぇぇ~~~~?

 ユハタ、「えー?」の発音がまた可愛すぎるんですけど。。。

ナガテ『じゃあ………』

イザナ『うん…』

イメージ 27

 そして翌日十時、完全に「何かあった顔」で朝帰りする二人。。。
 不機嫌なんてどこへやら!

 お客様の中にガウナの方はいらっしゃいませんか!

アナウンサー『本日未明、シドニアは“レム恒星系”に突入しました―――』

ララァ『小林(艦長)……、これが本当に、シドニアが進むべき道なの…?』

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

 おお、やはり出てくるのか。

第九惑星戦役編
 同日、シドニアは『大シュガフ船』間近のレム恒星系に突入、第九惑星ナインに狙いを定める。
 確保できれば、敵拠点“セブン”への盾になるのだ。

 フッ…、今しばらく時間を稼いでくれよ? 小林……。

 敵からの攻撃は避けえない。
 ならば、優位な位置を占めて先制攻撃する、というのがシドニアの指針である。

 が、これを「時間稼ぎ」と捉え、海苔落合は嗤う――――。

ナガテ『出来たんですねっ!』

丹波『ああ、惑星ナインの偵察と共に、この“隼風”のテストも行う予定だ』

イメージ 31

イメージ 32

 丹波さん、パトレイバーおやっさんと同じ声なのよね。cv阪脩さん

撃墜王」の葛藤
 同時に、衛人を四機格納する加速・装甲装備、“隼風”が完成、ナインの偵察に使う事になっていた。
 が、勇んで駆けつけたナガテは、一般操縦士の罵声に遭う――――。

 まるで特攻させる棺桶ね? 代用の効く操縦士は、これに乗って大シュガフ船に突っ込めってワケね

 生存率を上げる「装甲」、そして特攻も見越した装備……。
 その意義をナガテにあてつける。

 一般兵士は、特攻や偵察、使い捨ての道具なんだと自身を卑下する操縦士。

 それは決して間違った見方では無いのだ――――。

女操縦士『シドニアを頼んだわよ? “英雄様”!』

丹波『―――気にすんな、英雄が葛藤する姿なんて見たかねぇぞ、俺は』

イメージ 33

 フォローする丹波技官だったが、この言葉に悩むからこそ「谷風長道」であるのも確か。
 ついでに、“最新鋭機”が傍で開発中
 という言葉も。

 生き残ってきた、“生き残れるパイロット”だからこそ、高コスト装備を渡される

 残酷な費用対効果
 生き残るには、「生き残り続けるしかない」とかいう過酷な状況。

つむぎ『わぁ♪ これは何ですか? うふふふふっ♪』

イザナ『ふふっ、“納豆”って言うんだよ?』

イメージ 34

 その夜、司令室に詰めているユハタ不在の中、楽しい夕食を過ごすナガテ一家。
 食べ物で遊ぶんじゃありません!
 めっちゃ粘ってる!

 さすが納豆、千年の時を越えて食卓に残ってきたのか!

 ご飯あるところ納豆あり!

イザナ『司令部? はい…、はい、解りました……』

『偵察にあたる人が、任務を放棄して逮捕されたって…、僕が行く事になった』

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

 エプロン姿が、新婚夫婦と幼い子供にしか見えなかった日常パートが……。

高速自律支援装甲“隼風”
 が、さっきの女性が出撃を拒否した為、繰り上がりでイザナが「偵察隊」の4人に決定。
 新型を投入、惑星ナイン調査が始まった。

 こちら側から観測不能だった領域を偵察、速やかにシドニアに帰還せよ!

 死角を前もって調査する、その為の“隼風”投入だった、
 僅か四機で、敵の巣かもしれぬ惑星へ…。

 飛行速度同期、来るぞ!

 あまりの巨大さに単独で射出され、速度をあわせてドッキングする“隼風”かっけぇ!

弦打『落ち着けよ、ナガテ』

勢威さん『気持ちは解るが、お前が気を揉んでも状況は変わらん』

イメージ 41

 これに際し、元教官の勢威、現場指揮官を担うサマリ、百戦錬磨の弦打、そしてナガテ。
 シドニア司令部は、「最強チーム」を待機させ
 不測の事態に備えていた。

 特に司令捕でもあった勢威は、谷風を「散歩でもして来い」と気遣う。

つむぎ『谷風さん! ……私、イザナさんが心配で』

ナガテ『俺もだよ、一緒に行ってやりたかった……』

イメージ 42

 谷風もつむぎも、シドニアそのものの「切り札」である故に温存され、気を揉む事に。
 もちろん、「調査隊」だってただの捨石じゃない
 相応の技量がある部隊です

 イザナとそれ以上に年嵩な操縦士たち、戦争前からしっかり訓練を受けていたメンバーですから。

 技量があるが「代えが利く」範疇で、高難度な任務を任せられるワケか。

イザナ『! 今のは……、進路前方、“もや”のようなものが……!』

隊長『もや? 何も見えんぞ…、ヘイグス粒子砲を撃ってみる!』

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 3

 久々の通常カラーな一八式が……!

科戸瀬イザナの任務
 だが、やはり大気中には「不可視化」したガウナが潜んでおり、イザナの機械視覚でなんとか視認
 迎撃にかかるも、驚くべき強靭さを見せる!

 芯、人工カビ刃が貫通できずに壊れた……! ただのエナじゃないわ。

 さっそく、“隼風”の「刃」をブチ込むも
 それすら通じない……。

 イザナは驚くべき操縦技量で、広がり始めたエナを巧みに避けていくが、規模がデカすぎる!

 隊は四人中一名が脱落、イザナの行方は……!

次回、帰還も救援もままならぬ状況に、艦長の決断が……!

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 16

 多分、「目の良さ」を買われたイザナ君、目の良さが命取りだったか……。

激戦突入!
 原作、十巻ラストの「千秋郷」を先行して行い、八巻の「ナイン偵察戦」を描く激戦突入!
 アニメ二期も残り三話、再び戦闘展開へ。

 というか、海苔落合さんも十四巻のエピソードをスタンバってる気が!

 偵察に失敗した。
 軍事上、残念だけど仕方ない事件の一つを皮切りに、今期ラストバトルとなってしまうのか?

 そして今期はどう終わるのか
 このペース、むしろ三期を見越しているのか?

 次回、♯10「進入」

余談、「特攻兵器」高速自律支援装甲“隼風”

イメージ 45

イメージ 47

 役割的には、衛人隊の加速装置であり、加速中の衛人を護る装甲として機能する装甲装備。
 また、人工カビ刃を「射出」する機能も備わっており
 別に特攻兵器じゃありません。

 が、合体したまま加速・突撃した方が、射出より高い威力を得られるのは確か。

 ともあれ、「芯」を射出した場合は「装甲」が残るので
 衛人隊の増加装甲にもなる模様。