GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

パンチライン ♯9「ブラジリアンハイキック」感想、“隕石迎撃計画”の真相!

最後の「試験体」、ぐり子再来! なーるほど、アレを使ってたのか!

イメージ 29

イメージ 1

 以前、役に立ったんだか立ってなかったんだかな、明香の“変装”道具を、グリーゼが使っていたと判明
 彼の正体こそ、Q-may会の実働部隊リーダー「ぐり子」だった。
 既に役者は揃っていたのか!

 そして「隕石が当たる」というのが真っ赤な嘘で、人為的に「当てていた」のだ、と。

イムリミットは午前四時?
 つまり、何とか「ミサイル」の発射さえ阻止できれば人類は生存成功!
 おお、なんか成功が見えてきたぞ!

 今まで、色々かみ合わなかった話が噛み合った、そういう事だったのかってな話だった!

遊太『カラか…! 待ってろ成木野、すぐ戻る!』

イメージ 2

 彼女を介抱できた為、遊太は「関係者」だとバレてしまう。

遊太の決断
 12/27、チラ之助は明日の午前4時まで、絶対に歴史を変えるなと遊太に厳命するが
 グリーゼが、「うそつき」だと確信していた遊太は
 彼をしめあげる事を選んだ。

 グリーゼは、今回の件で「明香が米国コンピュータに侵入する」事、そのものが狙いだと明かす。

 便乗してシステムを乗っ取り、迎撃衛星で隕石を「そらす」のだ。
 その結果、隕石は地球に落ちるのだ。

 遊太を圧倒したグリーゼは、“Q-may会幹部”となったぐり子だと正体を明かし、彼を昏倒させる!

 次回、♯10「墜落」

遊太『ストレンジ・ジュースになるの、もう辞めて貰えないか……?』

みかたん『―――私の事、待ってる人たちがいるから』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 子供のじゃんけん遊び、パー・チョキ・グー、転じてパイン・チヨコレイト・グリコが語源?

「実験体」の再会
 遊太は、前のループで『みかたんは限界だ』と知っていたが故に、ヒーローを辞めるように促し
 全ての事情を知る証拠に、自身の正体を明かした。

 俺は…、パインだ。そしてこの身体はお前のものだ……、ちよ子。

 遊太、遂に告白。
 これも前のループとは明らかに異なる流れに。

 前回だと「遊太は女」だとすら、みかたんは知らなかったわけですし。

イシガタさん『<今の僕は、足手まといだ……>』

『<奴らを片付けたら、君の後を追うよ>』

イメージ 8

イメージ 9

 また、みかたんがやたらシナモンを常備していたのも、彼女を護って死んだイシガタさん
 シナモンが大好きだったからだ、と語られる。

 離れ離れになった後、イシガタさんと一年暮らすも、追っ手に遭い爆死。

 でも本当に死んだのかな…?
 いや、友田先生の例があるから油断できませんね!

みかたん『ねぇパイン? あの指輪のこと覚えてる? 私とグリちゃんでさ…』

イメージ 10

 結局みかたんは、他人の為に自身を遣い潰す事を厭わず、正義の味方を続ける決意を固めていた。
 自分の為に、イシガタさんを死なせてしまった負い目が
 そうさせているんでしょうか?

 また、ちよ子とぐり子で「指輪」を取り合ったという思い出話。

 伏線ですかね?

TV学者『<核兵器はですね、爆風も衝撃波も生じない宇宙では無力なんです>』

『<数十発では無理です、数千発もブチこめば話は別でしょうが……>』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 ああ、明香が前回撮ってた写真って、このイタズラの為か!

うそつきグリーゼ
 遊太は、みかたんの件を電話で明香に相談するが、「明香が何処にいるのか」の演出がおかしい?
 明らかに駅ですが、妙にアップだったのは意味があるのか…?

 またTVで「数十発程度の核では、隕石は破壊できないという情報が。

 この一件から、遊太はグリーゼがうそつきだと仮定
 調査に奔走する事となる。

 隕石迎撃とは、大嘘だった…?

研究者たち『核ミサイルで迎撃なんて、できないですよ』

『安心してください、その小惑星が衝突するなんて、万に一つも無いですから』

イメージ 16

 視聴者と遊太は、『隕石激突は真実』だと知っているが、研究者は『起きえない』と断言。
 以前Q-may会は、「情報秘匿だ」となじっていた。

 ともあれ、遊太はグリーゼはうそつきだと断言。

 一方「全部知っている」らしいチラ之助が、それを疑うような口調だったのは……?

遊太『あいつの身体、すぐに検査してくれないか? 今の状態が知りたいんだ』

イメージ 17
]
イメージ 18

 どうしよう、服を着せたら萌え度が上がってしまった……'。

そもそも「実況」の理由は?
 また、前回のループで『半裸の明香が、遊太の部屋を訪ねていた』真相とは
 故障の後遺症で、体温調節が出来なかったから

 で、遊太君は女の子だから、警戒せずに訪れたワケね。

 ミヤケンだと知ったから
 ではなく、明香は相変わらずミヤケンの正体を知らないっぽい。

チラ之助『ひょっとして貴様、グリーゼを叩きのめそうとしてない?』

『そんな事したら、歴史が変わっちゃうのら!』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22
 
 生き延びたはいいけれど、オラ、なんかイラッとしてきたぞ!

遊太、暴走
 やがて「友田に重傷を負わせた」結果、愛をいじめた生徒達は助かったが、チラ之助は釘をさす
 また歴史を変えようとする彼に、明日の四時まで待てと

 言ったよね、人類保存計画の遂行には、住民の協力が不可欠だって! 

 グリーゼを逃がせば、住民達はケンカになり
 結果、一層仲が良くなる。

 ダメだ、俺には出来ない!

 が、遊太は「グリーゼを捕らえ真相を聞きだす」、という歴史改変を選び―――。

遊太『待ってろよ、すぐに追いついてッ!』

イメージ 23

 また、前回撮影された「パンツ写真」が、こうしてミヤケンのパワーアップアイテムに。
 そういや、写真でもオッケーだっけ!

第3話で世界を滅ぼしました

グリーゼ『―――良いだろう。いまさら話したところで、計画に支障は無いッ!』

『確かに、数発打ち込んだところで、破壊など出来ないだろう…!』

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

 亀男といい、ベラベラ喋りすぎ問題。

人類破滅の真相
 結局、グリーゼを追い詰めた遊太に明かされたのは、ミサイルが「軌道変更」目的だった事!
 人類は滅ぶのではなく、「滅ぼされる」のだ。

 学者らが、「破壊は不可能」「隕石はあたらない」と言っていたのは正しかった!

 今回の件でラブラは明香に相談する
 相談された明香は、米国のコンピュータを調査することになる

 それに乗じて侵入するのだ!

 だから、明香が調べた段階では「コンピュータはおかしくなかった」ってワケだ。

グリーゼ『侮るなよ? その力を持っているのは、貴様だけではないのだろう!』

遊太『まさか、“フェイスメーカー”!?』

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 1

イメージ 33

イメージ 34

 ああ、5話で「愛に変装する」為に使ったアレか!

九年目の再会
 そして、グリーゼの余裕の正体は『ユーバ化能力者』であるが故、それも遊太の良く知る人物。
 一話でテロを起こした人物、遊太、本来の体。

 久しぶりってワケでもないか。六日前に会ったばかりだもんねェ、パイン?

 Q-may会の幹部となった「ぐり子」。
 遊太は衝撃を受ける。

 友田や、友田みたいに後天的に付与された人物かと思ったら、お前だったのかぐり子!

 遊太はそのまま昏倒し―――――。

次回、ぐり子は「遊太」をどうしてしまうのか?

イメージ 13

 写真でパワーアップ! 伏線はあったけど手軽すぎィ!

役者は揃ってた!
 どうも、ぐり子は自身の意思でQ-may会幹部として、人類絶滅に手を貸していると判明。
 また、明香が「米国のコンピュータ」を調べた際の違和感
 学者さんたちの台詞も矛盾なし

 なるほど、そういう風に繋がってたのか!

 ちなみに核弾頭によって、地球に当たりそうな隕石の軌道を変えるというのは
 実際にNASAが研究し、専用宇宙船開発もされているそうな。
 NASAなら間違いないな!

 次回、♯10「墜落」