GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

シドニアの騎士 2期 ♯08「再会」感想。千秋郷素晴らしい! ユレ博士、百年前の服飾センス。。。

殖民星の人たち完全放置、だと……!? 全編ラブコメだったからちきしょう!

イメージ 1

イメージ 2

 ここにきて、ブコメっぷりがゲージを振りきってきたシドニアの若者たち! いいから打ち砕け! 全編か!
 千秋卿の桜吹雪、ころころかわるイザナ達の表情
 素晴らしかったですね!

 しかしユレ博士、佐々木主任とあの服を着てたんですか!? 100年前の流行服ですね解ります。

股関節破損…!?
 あと、新作プラモに狂喜&へし折られて怒り狂うユハタのあるあるも可愛い!
 とはいえ本作も残り四話か。

 今回と次回のラブコメが、最後の日常展開って気がしますね。

公共放送『俺は…、ネット端末遺伝子を探している…!』

イメージ 4

 つむぎがハマッたBLAME!<ブラム!>」ってコレか!

戦模様と恋模様
 暴走した重力子放射線装置』だが、艦長はこれを必須と考え、ユレ博士は“機械的な”方向から
 旧友である、佐々木技術主任に協力を要請した。

 また、暴走事故によるエネルギー効率化が叫ばれ、これを口実にユハタも「谷風家」に転がり込む!

 刻々と増える恋敵に、やきもちを焼く愛孫を見かねたユレ博士は
 谷風ナガテに、「任務」を課した。

 ナガテに「周囲に極秘で」景勝地に誘われたイザナは舞い上がり、可憐な彼女にナガテは――――。

 次回、♯09「任務」

つむぎ『この後、霧亥 (Killy)はどうなってしまうんですか…?』

ユハタ『皆の応援次第よっ!』

イメージ 5

イメージ 6

 もう、アニメ化する気マンマンにしか見えないじゃないですかヤダー!

BLAME!
 冒頭、別のハイクオリティフルCGアニメが始まったと思ったら、ただの公共放送だった。
 いつもの四人で、映画を楽しむつむぎ。

 本作は、原作者さんの旧連載「BLAME!<ブラム!>」、全10巻!

 あの銃が「重力子放射線射出装置」。
 現在、シドニアが必死こいて開発中のアレだったりするのである。

 みんな(視聴者)の応援次第よ!

イザナ『ちょっとつむぎっ! ぶつかったらどうするんだよっ!』

つむぎ(絶好調)『私はぶつからないですよ、イザナさん♪』

イメージ 7

 テンションが上がったつむぎは、前回「消失」した区画の再建中、めちゃくちゃな速さで仕事をし
 イザナ、周囲の衛人隊を困惑させるのだったが――――。

つむぎ『ちょっと通りまーーーーーすっ♪』

弦打『あ! あ、あ、あ、あぁぁぁぁぁぁぁぁ…』

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 大惨事じゃねぇか!

失敗のち御褒美
 が、「彼女が」ぶつからなくても周囲はびっくりし、取り落とした鋼材で台無しに……。。。
 気落ちするつむぎだったのだが――――。

 知らなかったの? つむぎはけっこう顔に出るタイプだよ?

 うん知ってた。
 つむぎは、表情をナガテに言い当てられと照れてしまう。

 なんだこの可愛い生き物!

※なおつむぎ、全長17m級である模様。

ナガテ&イザナ『あれ?』『ユハタが来てるの?』

つむぎ『二階はまだダメなんです、下に居てくださいっ!』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

 和室がイザナの部屋だけだったからね、仕方ないね。

緑川纈のこたつ
 その後、ナガテと連れ立って帰ったイザナは、自室がコタツだけになっていた事に驚愕。
 ユハタまで、ここに住むと言い出してもっと驚愕―――!

 というワケで、今日から私もここに住む事にしました♪

 前回の大事故以来、エネルギー供給に不具合=消費の効率化推奨に伴い
 堂々と、同居を口にするユハタ!

 しかも彼女、司令補の上級船員だものね!

 なんて堂々とした押しかけ嫁!

ユハタ『つむぎっ、いちいち出たり入ったりするの止めなさいっ!』

つむぎ『ユハタさんって、いちいち煩いんですね?』

イメージ 15

 その後、コタツすすすぅ…、ぱっ♪とはしゃぐつむぎが可愛すぎたんですが
 イザナ君、さすがに困惑であった。

 どんどん同居人増えるよ!

佐々木主任『人間の脳って、すごいのねぇ……』

イザナ『初めから、十本指だったような気さえしています』

イメージ 16

 翌日、機械義手の「十本指モード」を使いこなせるようなったイザナは、応じた操縦桿を提供され
 健常だった頃より、むしろ高い操縦技能を得ていた。

 視覚情報を直接脳に送れるのよ。目をつぶれば、自分が衛人になったように感じるはずよ?

 違和感がスゴいが
 神経と機械を接続した「恩恵」を活かしてゆくイザナ。

科戸瀬ユレ『ちょっと見ないうちに、すっかり女らしくなっちゃって……』

『やっぱり原因は、谷風くんかしら?』

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 2

※この後、祖母に置いていかれた。

100年前のセンス(事実)
 やがて、一旦実家に戻ったイザナは祖母と再会、すっかり女らしくなったと目を細められるが
 そこからがいけなかった!

 まぁなんてことなの! 私の若い頃にそっくりじゃないっ!

 祖母をガッカリさせたくないあまり、コスプレ状態で街を歩くはめになるイザナ。
 今週も不憫……!

 私の友達は、殆ど寿命を迎えちゃったから……

 イザナ、今週も良い子だわ……。

イザナ『知り合いだけには、会いませんように…!』

ナガテ『イザナ? 何、してるの……?』

イメージ 20

イメージ 3

イメージ 23

イメージ 25

イメージ 26

 イザナー! 後ろうしろー!

ただのラブコメだった
 結局、人目を避けて独りで「家」に帰るイザナだったが、ナガテと遭遇した上
 我知らず、ユハタにまで目撃されていた。

 女の子!? ホントだ…、谷風さんだ……! 隣にいるのは…、誰よッ!?

 ユハタ怖い!
 相変わらず食いつきが違うぜユハタ!

 しかしまぁ、企図せず、「女としてのイザナ」をナガテに意識させる結果となった。。。

佐々木『……って、どうしたの? そのカッコ?』

科戸瀬ユレ『ちょっとね? 昔、一緒に遊んでた頃を思い出した?』

イメージ 24

 また、孫を放置プレイしたユレ博士は、同じく放置していた旧友・佐々木との再会を果たし
 大失敗した、“ガウナ機構を利用した新兵器”のアプローチに
 メカの専門家・佐々木の協力を依頼。

 というか、このペースだとアニメ三期までやらにゃキリが良いとこまでいかないのでは……?

 ていうか見覚えあるのソレ!?

ユハタ『キット化頓挫して百年! 遂に出ましたね、一七式継衛!』

『製造再開を聞いて、涙が止まりませんでしたよっ!』

イメージ 27

 6話でカットされた模型屋での長台詞半分位に縮めて収録の運びに。

頓挫から百年
 また、えらくスパンの長い話でしたが、百年前の「落合反乱」でシドニア人口は500人足らずまで激減。
 光合成する新人類、扱いやすく半自動化された衛人の量産など
 急場しのぎに再建したところ。

 股関節破損……!? つむぎィィィィィィィッ!

 だから念願の再開だったと
 この辺は、1期の8話「不死」に詳しくだから折れたら悲しいからちきしょう!

ナガテ『どうしたの?』

ユハタ『なんだ…、イザナさんだったんですか………』

イメージ 28

 ともあれ、新ライバル登場か? と戦々恐々していたユハタでしたが
 幸い、すぐに納得した模様。

 後ろに隠れるつむぎ可愛い、が、股関節破損は許されない

つむぎ&ナガテ『あの、一緒に掌位して帰りませんか?』『うん、良いよ』

弦打『フッフフ~ン、毎回、同じやりとりしやがって♪』

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

 日常パートの方が致傷率が高い主人公、ナガテさん。

孫が為に祖母、怒る
 そんなある日、ナガテが毎日つむぎとイチャついてる事に、イザナがやきもちを焼いてしまい
 しかも、その様を「祖母」ユレに目撃される

 あなたの頚椎内には爆薬を仕込んでおいたの! 遂行できなかったら起爆させてやる!

 気を回した祖母は、上位権限を乱用
 ナガテに、イザナを誘って「千秋郷の調査」に行けと厳命する!

 生真面目なナガテは、額面通り受け取るのだが――――

ナガテ『ちょっと話があるんだけど、良いかな?』

イザナ『ん? ん……、…いやだっ!』

イメージ 35

 なおふて腐れていたイザナ、最初は嬉しそうに頬を緩めるも、引き締めなおす乙女っぷり。
 乙女か!

 原作初登場時、あんなに男っぽい顔だったのに!

ナガテ『あの…、中で話したいんだけど……』

イザナ『なんだよ、もー、めんどくさいなー!』

イメージ 36

 そして見守る乙女二人、つむぎ可愛いしユハタ怖い!
 キュッ、って効果音が可愛い!
 

ナガテ『明日、千秋郷ってところを調査しなければならないんだ……』

イザナ『千秋郷!? シドニア百景の殿堂だよっ!』

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 1

「なんて白々しい」「あたし、ショックです」

遊びなんかじゃない!
 さて、ナガテは「任務」だと真剣に誘うのだが、誘われた場所が景勝地だった事からイザナ達は誤解
 誤解というか、ただの照れ隠しだと受け取ってしまい――――。

 い、イザナ……!

 翌日、ユハタ達を誤魔化し訪れた場所は、確かに素晴らしかった……!
 千の秋の郷、素晴らしい桜吹雪…!

 そして、桜が舞う中、三割り増しで可愛いイザナ!

 ナガテは彼女に声をかける――――

次回! ……って、ここで“ツヅク”とかおかしくないです!?

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 27

 これ、若き日のユレ博士でしょうか。。。。。

ブコメじゃねェか!
 なんと、今週はガウナパートなしの完全なラブコメ……! ナガテはすみやかに爆裂四散すべき。
 つむぎのうっかり、彼女の表情に気付くナガテ
 転がり込むユハタ!

 そして、冷たくした直後、敢えて自分ひとりを誘ってくれたナガテに誤解するイザナ!

 いや、これは誤解しちゃいますよねぇ……。
 ユレ博士、罪深い。

 再会っていうくらいだから、某紅いアレが復活する流れも予想しましたが、特にそんな事もなく。

 次回、♯09「任務」

余談、シドニア百景“十選”の殿堂、千秋郷

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 1

 しかしアレですね、ユレ博士の怒り方が、イザナに似てる気がしてなんか笑えます。

初代艦長の遺産
 劇中、カットされた(もしくは次回に回された)台詞によれば、初代艦長が作らせた伝説的な庭園。
 つまり、地球を知る世代が、去りゆく地球を懐かしみ
 艦内に作らせた庭園という事か

 その様は春ですが、千の秋の郷というのはどんな意味があるのでしょうね?

 秋といえば冬の前
 これからの遠い逃亡の旅路を「冬」となぞらえ、その前の、過ごしやすい「秋」にたとえたのか…?

 なんにせよ初代艦長、ロマンチストだったんでしょうね。
 なお武断派の小林艦長は、少なくとも「初代」ではない事だけは確定しています。