GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

プラスティック・メモリーズ ♯09「祭りの後」感想、破局と本音と“周り”の奔走!

真っ白ツカサ、戸惑うアイラ、ミチルの応援! パジャマ可愛かったので!

イメージ 11

イメージ 1

 二人の先に、確実な別れが待っていると知ってるから、離れようとするアイラと離そうとするカヅキ
 対するツカサと、二人を敢えてけしかけるヤスタカ!
 ヤスタカ、良い仕事なので!

 残った僅かな時間、共に過ごし傷口を深くするか、今の一瞬を大切にするか……!

昼行灯の戦い?
 現在の、「ケア」を方針としたのはカヅキですが、ヤスタカはその支援をしているっぽいですね
 出世街道を外れ、カヅキ自身にも悟らせず
 彼女を支援してるような…。

 まだ想像段階ですけど、もしそうならヤスタカさん、男前だぜ!

今週のオープニングは、アイラがますますどぎまぎしてるので!

イメージ 2

 びっくりした後、おずおずと見るアイラ。。。

「最期」のすれちがい
 派手にフラれ、すっかり元気をなくしたツカサに、「仕事だから」と世話を焼くミチル。
 また、アイラにもよくよく話を聞くと
 戸惑っていただけだと解る。

 けれど、恋心を自覚したアイラは、「互いの為に距離を置きたい」と言い出した。

 ミチルはアイラの寿命が近い事を知るが
 同時に、ツカサが承知で傍に居たがっていると知り協力を約束。

 しかしカヅキは、よりアイラは死ぬのが辛くなると考え、二人のパートナー解消を申し渡す。

 次回、♯10「もう、パートナーじゃない」。

ヤスタカ『――――ふぅ、こりゃ重傷だねぇ?』

シェリー『ふざけるのはやめてくださいっ!』

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 3

 いやあ重傷ですねぇ、二人とも重傷ですねぇぇぇぇ

どうみても脈ありなので
 祭りの後、告白すれど後の祭り状態で放心するツカサ、実は「テンパっただけ」と判明するアイラ。
 聞き出してしまったミチルは、彼女を応援する事にしたが――――

 わたし、ツカサのこと傷付けた………?

 ええ、傷つけて良いのです
 こんなにも、アイラは可愛いのですから。

 というのはさておき、恋愛経験ゼロでお姉さんぶるとか、ミチルさんも頑張り屋である。

 そしてツカサ、驚きの白さである。

コンスタンス『ツカサが、アイラに告白した事はご存知で?』

カヅキ『い、いつの話だ!? なんてプロポーズしたんだ!?』

イメージ 7

 一方、カヅキの中では既に結婚秒読み段階まで入っていたらしく、ともあれ話が伝わってしまう
 個人情報だだ漏れなので!

 カヅキも、アイラが了承すると思っていたらしいが……?

 顔が怖いですよ?

ミチル『いい、部屋のものに勝手に触ったら、ただじゃおかないからね!』

ザック『―――ねぇ、なんで僕とツカサが同室なの?』

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

 あの充電器が専用品なのか、人間側が「部屋を変える」ことに。。。

説教祭inミチル部屋
 一方、一旦「距離を置く」事になったツカサは、ミチルに食事と説教を振舞われていた。
 この説教はサービスなので!

 だいったいねー! 職場恋愛に現を抜かして、仕事を疎かにするなんて生意気なのよっ!

 大正論ミチル。
 でも、残り一月だからね焦るね。

 そしてラフな部屋着+眼鏡+エプロンとかいう、家庭感の塊。

 さすがミチル可愛い。

ミチル『仕事とプライベートはきっちり分けてっ!』

イメージ 12

 特に、今のアンタに「家族同然のギフティアを引き取られる」なんて、相手の気持ちになりなさい
 この正論は正しい。
 痛い。

 特に、アイラもまた「寿命間近」であるツカサには、通常の三倍痛い

 真面目にせにゃねぇ……。

ミチル『今ここで働けてる事を、誇りに思う』

『アンタがいい加減な気持ちで向き合ってるなら、許さないわよっ』

イメージ 13
 
 特にミチルは、父の件で落ち込んでいた自分に、カヅキが失った足を押して毎日通っていたこと
 そんな彼女を尊敬し、誇りを持って入社した事を告げ
 半端仕事は許さないという。

 確かまだ17歳ですが、ミチルさん、本当に正しい………。

 なんてまっとうな子なんでしょう。

ミチル『――――告白して、後悔してる?』

ツカサ『いや、断られちゃったけど……、でも、気持ちは変わらないよ』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 先週の彼女はなんだったんだってくらいノリノリである

一途なのね?
 一方で、ツカサが本当に一途にアイラを想っていると知り、ミチルは一層応援したくなったらしく
 結局、そのまま部屋に留まってしまったらしい。

 一途なのね…、そういうところはカッコイイと思…、いや!

 やだ可愛い!
 そして、エルの餌食のアイラ可愛い!

 二つの部屋で、ノリが完全に別なんですけれど、とにかく今夜はオールナイトだったので!

 アイラは犠牲となったので……。

ミチル『(寝顔)見られたっ! まさか寝ちゃうなんて……!』

ザック『早く支度しないと、遅刻するよ?』

イメージ 18

 結局、夜を徹してアドバイスだかお説教だかしたらしいミチル。
 なんだこの可愛い生き物。

 が。

アイラ『き、気にしてないので……』

『―――わ、私が気にする立場でも無いのでのでので~~~~っ!』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

 実は時間が無い為、「間を置く」のも決して良くないのですよね……。

これで良かったのかな?
 結果的に、アイラに誤解されたり誤解を解いたり、「考えたい」と結論を先延ばしにしたり
 ミチルは精一杯、二人のサポートに務めたが―――― 

 親父さん、恋愛って勢いが大事かもって、思ったりしませんか……?

 間をおいたほうがいい。
 そうアドバイスし、迷うミチル。

 そもそも、二人はあっさり元通りの距離感を取り戻しつつあるし……。

 真面目なミチルは、良かったのかと迷う。

ミチル『――――実際のところ、ツカサをどう思ってるの?』

イメージ 22

イメージ 23

 普段は「制服の下」が部屋着だったアイラ、今回が初パジャマ

力になりたくて
 やがて、改めて「アイラの本音」を引き出そうとしたミチルは、彼女と向き合う。
 以前ミチルがいった、悲しいときにも笑うという事

 アイラは「そんな笑顔」をさせたくなくて、ツカサの力になろうとしたという。

 笑顔が疑問で
 笑顔を、本当の笑顔にしたくて。

 アイラが精一杯に「恋」をしていた事を、ミチルは知ってゆく。しかし――――。

アイラ『――――私、ツカサから離れる』

ミチル『なんで!? アンタのその気持ちは恋よ!? なのに離れるなんて!』

イメージ 24

 己の気持ちを自覚したアイラは、彼の為に自分の為に、「離れるべき」だと結論を出し
 自身の寿命が、もう一月とないのだ
 と、ミチルへ告げる。

 やはり、アイラが断った理由の根本はコレか……!

カヅキ後輩『―――てめぇ、ツカサのこと煽っただろ』

ヤスタカ先輩『煽るだなんて失礼な? 彼は自分でちゃんと考えたさ』

イメージ 25

 この二人、実はヤスタカっちが先輩だったそうな。

「逃げてた」人
 一方、以前アイラと一方的にパートナーを解消し、その事を「逃げている」と評されたらしいカヅキ。
 彼女は、アイラに最期の一月を幸せに過ごしてほしかったが
 今回の件で、台無しになったと判断。

 一方ヤスタカの「煽り」は、どうもすべて考えた上での行為だったらしい……?

ミチル『寿命の事、いつから知ってたの? …いつからよっ』

ツカサ『―――つい最近だよ』

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

 同じ部署内でもなかなか知らされないというか、多分カヅキさんが躊躇ってるせいというか……。

ごめん…
 ミチルもツカサが、寿命の事を知った上で告白したと知り、一旦は「辛いだけだ」と非難する
 彼女は、同じ件でカヅキ達に大きな迷惑をかけた―――

 俺は、最期の瞬間まで、アイラのパートナーでいるって決めたんだ……!

 しかしツカサは、「死別する」と承知の上で
 アイラを思うと決意

 かつて死別を認められず、周囲に大きな迷惑をかけたミチルだからこそ、より強く理解する。

 彼が本気なのだ、と。

ミチル『これだから素人は! アンタが、どうしようもなく恋愛素人だって事!』

『だから、私がアンタ達の恋、応援してあげるわよっ!』

イメージ 30

イメージ 1

イメージ 31

イメージ 32

 キャー、ミチル=サン男前スギィ!

二つの応援
 かくて、男前で恋愛初心者なミチルを味方に得たツカサだったが、カヅキが強烈なちゃぶ台返し
 彼女なりに「アイラの為に」決断する!

 お前ら、今日を以ってパートナー解消な?

 カヅキさん即断即決!
 自分のように、傷を広げない為に引き離す道を選んだ?

 元パートナーという以上に、アイラの「母親代わり」に近い立ち位置のカヅキの決断。

 言葉少なく護ろうとする、保護者らしい決断に……!

予告『カヅキ、酔っ払った時のプロレスごっこは?』『あ、今もしてるかもしれない』

イメージ 14

イメージ 18

イメージ 30

 動画予告は公式で配信中 http://www.plastic-memories.jp/

解消です!
 あの、ミチルの父の事件の後、アイラを思ってパートナーを解消したらしいカヅキですが
 やはりというか、説明不足で先走ってる感じが。
 カヅキさん先走りすぎィ!

 また今週、所有者が暴力事件の前科ありというギフティアの話が。このトラブルが解決編に?

 そんな今週、混乱するアイラと奔走するミチル、一途なツカサ
 みんな精一杯で可愛かった!

 特にミチル、父を想うあまり周囲に迷惑をかけたと気に病み、ツカサが同じ轍を踏むと考え
 そうじゃないと理解し、背中を押すミチル!
 可愛いし、男前!

 次回、♯10「もう、パートナーじゃない」。