GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ニセコイ:第6話「オイシイ」感想。小野寺さん、ほんのちょっぴり勇気出せた!

『義理です! でも、ちょっとだけ特別な義理です……』。バレンタイン回!

イメージ 25

イメージ 1

 ED的には、オールスター回だった感じですが、いやうんやっぱり小野寺回だった! 可愛い!
 二期初めての小野寺当番回、懸命に頑張って空回って
 ホントいじらしい!

 お互いの恋を応援しあうの。その間、恋が実るまでは、お互い誰を好きなのか詮索しない事!

ヒミツの同盟・結成!
 また、互いに『誰かを好き』だと明かしあっていた二人が、淑女同盟を築く場面も。
 これでもう“誤魔化す”必要も無くなる、と。

 相変わらず恋の長期戦略ですが、原作はどうなるんでしょうねえ……。

小野寺『あれ、美味しい!? 一万回に一回の奇跡…、渡すしかないっ!』

イメージ 2

 料理下手で奥手な小野寺さん、“渡すしかない”状況に!

トクベツナ
 このメンバーで初めてのバレンタイン、千棘・小野寺・万里花はそれぞれに全力で挑み
 一方、楽は“今年も誰にも貰えないだろうな”と
 悲しみに沈んでいた。

 一人、『バレンタイン』を知らないつぐみもトラブルを起こすが、結果、プレゼント一番乗りに!

 本命、万里花の“壊してしまったチョコ”を、千棘の『義理』で失敗していたチョコを
 そして小野寺の、奇跡のように美味しくできたチョコ
 次々と受け取ってゆく楽。

 それぞれ、喜びとほんのちょっとの後悔を抱え、嵐のようなバレインタインは終わりを告げる。

 次回、第7話。

楽『――――そういやアメリカには、チョコ渡す習慣ないんだっけ』

千棘『ああバレンタイン? そっかそっか今日だったんだ』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 ドキ☆不器用だらけのバレンタイン。。。

水面下の純情な感情
 バレンタイン、楽は『貰えない』と嘆き、千棘と小野寺さんは『わたす勇気が無い』と嘆く
 なんだろうこの水面下コント。。。

 バカバカ! 余計渡し辛くなっちゃったじゃない! どうして私ってこうなのーーーーっ!?

 三者三様にヘタレ。
 下さい、あげますと言えば終わる話である。

 終わる話なのだが、そこから始まるのがニセコイなのである。

 ですよねー。

つぐみ『何だ、今のは?』

集『――――! バレンタインはね、嫌いな奴にチョコを渡す日なんだよ♪』

イメージ 7

 一方イケメンの集さんは、つぐみを騙し“彼女が、楽にチョコをあげられるよう”気を配るのだが
 ぎっちょん、真っ先に『なら貴様にくれてやる』と
 チョコをもらう流れに。

 結果、つぐみは集を好きだったのか!と『楽』が誤解する、逆効果……ッ!

 楽さん、タイミング悪すぎィ!

万里花『申し訳ありません楽さま、完成が遅れてしまって…………』

『―――逃がしませんわよ楽様! お覚悟をっ!』

イメージ 8

イメージ 9

 突撃ラブハート!(物理)

ラクサマ♪
 さて、冒頭で怪しい工作をしてた万里花はというと、手押し車から手作りしたとかいう
 超巨大、楽のダビデ像・チョコ!

 本当にすごいな万里花ちゃんは、あんな積極的にアピールできるなんて……。

 しかし、この惨状で『素直に尊敬する』って
 小野寺さんもスゴいな…。

 そして万里花さんの病弱設定、ホントどこいった! 元気だなお嬢!

小野寺『違うよ私! なに弱気になってるの! せっかく美味しく作れたんだ!!』

『頑張るんだ!』

イメージ 10

 今回、料理が苦手だから渡せない⇒美味しく作れた! で覚悟が入っていた小野寺さんは
 らしくもなく、積極的に楽に突撃したものの

 すごく……、美味しいなぁ…………。

 転倒して台無し!
 校舎裏で、一人で残骸処理をする流れに……。

つぐみ『待たんか貴様ーーーっ! 待てー!』

集『堪忍やーーーーーっ! やめてぇぇぇええええっ!』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

 惜しい、ガチのチョコなら堕とせていたのに……!(適当)

ハジメ
 が、小野寺の様子を心配した楽は彼女を探し回るのだが、途中でつぐみと遭遇。
 誤解を解かれるも、ついつい愚痴ってしまい――――

 いやあ感激だよぉ~! 俺、女の子からチョコ貰ったの、これが人生初だからなぁ~~♪

 結果、楽くんの『初チョコ』はつぐみのモノに!
 おめでとう!

 どぎまぎと手渡し、『初めて』にニヤけるつぐみさん、可愛すぎでしょこれ……。

楽『余計なお世話だけど、貰ったチョコを他人にあげたりするなよ!』

つぐみ『(ならば貴様も、大事に食べてくれるのだろうな……)』

イメージ 14

 去り際、つい真っ当な助言をしてしまった楽さんに、つぐみさん、思う
 思考の流れが乙女だ……、

 チロルチョコだけど!

 その気になれば、一番まっとうに美味しいチョコを作れるであろうに。

楽『(あんな事言っといて、橘のチョコ受け取らずに逃げたままじゃん)』

『(さっきは本能的に逃げちまったけど、純粋に作ってきてくれたのに……)』

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

 完全にギャグ漫画。からのイケメン……ッ!

体当たりの恋(物理)
 が、恥ずかしい説教で『罪』を思い出した楽さん、しかし万里花のチョコはバラバラであった……!
 ではどうする? もちろん楽さんは食べた!

 解ったよ…、埋め合わせはする。でも、チョコは食うっ!

 誠意に応えるべく食べる楽。
 また、何でも一ついう事を聞く約束も。

 てっきり、万里花さんのワナかと思ったら、フツーに良い話で終わった……ッ!?

集『いや、オレ今年二個もらったけど?』

るり『あなたって、どうしてこうムカつくのかしらね……』

イメージ 19

 一方、るりちゃん大好きな集くんは、やっぱり彼女に付きまとったものの、色よい返事は貰えず。
 皮肉を言われるが、いや別に貰ってるよと返す集くん

 やだこのイケメン殴りたい!

 集くん、心身ともにイケメンだからなぁ…。

千棘『何これ美味っしーっ! 私も得意だけど、こんなの、なかなか出来ないよ!』

小野寺『ありがとう……、千棘ちゃんは、誰かにチョコあげたりしないの?』

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

 恋敵(無自覚)。

ドウメイ
 一方、たそがれる小野寺の背中を押したのは、恋のライバル(だと互いに自覚してない)千棘だった。
 確かにダメになったけれど、また挑戦してみよう、と。

 お互いの恋を応援しあうの。その間、恋が実るまでは、お互い誰を好きなのか詮索しない事!

 てっきり、そのまま楽さんが食べるのかと……。
 そして同盟締結!

 かくて、背中を押された小野寺も、最後は千棘の背中を押し、彼女を恋へ立ち向かわせる。

 良い友情だわ…、ちょっと百合の香りだわ。。。

千棘『砂糖と塩を間違えている……!?』

イメージ 23

イメージ 24

 ツンデレvsツンデレ

試食は大切
 千棘は、精一杯に強がってチョコを渡し、楽からえらく上から目線の反応を貰うのだったが
 それもそのはず、実は味付けに失敗してたのだ。

 へえ、まあお前にしちゃ頑張ったほうじゃねえか? 美味え美味え♪

 なんて言った楽さん。
 実は、塩味チョコなのに強がっていたのだった。

 楽さん男前だわ……。

小野寺『……でも、絶対諦めないっ! 千棘ちゃんとも約束したんだからっ!』

楽『小野寺が見つからんねえ…、俺も帰るか……』

イメージ 6

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 1

イメージ 27

 帰り道、くしゃみしてたのは今後へのフリ?

オイシイ
 やがて、小野寺も『百万回に一回の奇跡』を成し遂げ、その勢いのまま楽に食べて貰う事ができた。
 よね、美味しいよねー!?な二人が可愛すぎ!

 義理です! ――――でも、ちょっとだけ特別な義理です……!

 さすがの楽も、もしや本命?と思うのだが
 そこはそれ義理です、と…。
 でも頑張った!

 あの小野寺が『食べてもらい』『特別だ』と言えるレベルにいった! 大きなレベルアップだった!

次回、折り返しを越えた第7話。一通り『当番回』を終えた後は……?

イメージ 28

イメージ 13

 うへへ笑いするつぐみさん良いよね……。

小野寺回…?
 二期、千棘⇒つぐみ⇒千棘⇒千棘⇒万里花⇒小野寺と、一通りのローテーションを完了。
 長かったなぁ……、いやホント。

 さて、『OPでつぐみと一緒にいる少女』『小野寺妹』の出番はこれから…?

 千棘に背中を押された小野寺が
 今度は、千棘の背中を押し返す流れも可愛かったですね。

 そしてオールラウンダーイケメンだった楽さま、ホントもうコイツどうしてくれよう級イケメンである。

 次回、第7話!
 二期も折り返しまで来ちゃいましたねー。