GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

食戟のソーマ 7品目「静かなる丼、雄弁な丼」感想。丼は、一碗で完結するんだぜ!

肉魅あらため『にくみ』誕生篇。ロティ丼、美味しそうだった!

イメージ 25

イメージ 1

 最高級肉と、おかずに出来る程コクあるガーリック・ライスを組み合わせ、見事に墓穴を掘ったにくみ回!
 原作でも思いましたが、あらゆる意味で不憫ですにくみ。
 旨みが強すぎたのだ……。

 この日を境に、水戸郁魅さんはより一層凶暴化したそうです――――(by田所)。

牛肉+ワイン+醤油
 対し、創真の組み合わせもやっぱり最強なんですよねぇ。こげた醤油の香りとか最高です。
 加えて、ご飯をさっぱりさせて一碗を加速!

 終盤、いいから早くお代わり作ってあげて!ってずっと思ってました!

郁魅『今日は気合入れなきゃだかんなぁ……、コイツで行くかッ!』

イメージ 2

 いちいち、効果音がおかしいのは仕様です。

丼は一碗で
 丼研究会の存続をかけた食戟に、自身の退学を上乗せし、助っ人を申し出た幸平創真
 対するは、肉の調達、調理技術では学園随一の少女
 えりな派の『水戸郁魅』であった。

 彼女の投じた超高級肉、A5牛肉(熟成肉)のロティ丼は、絶大な旨みで観客をも沸かせる!

 だが、肉とご飯両方の『旨み』を高めすぎた彼女は
 肉の旨みだけでなく、ご飯で食欲を刺激させた創真の『シャリアピンステーキ丼』に遅れを取る。

 えりな派を追放された郁魅は、丼研の次期首領<ドン>の地位と、にくみのアダ名を手に入れるのだった!

 次回、8品目「発想と創造の協奏曲」。

田所『緊張してないの? あんなに大勢見られながら料理するんだよ?』

創真『ぜんぜん?』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 今週も田所ッチには和むッショ!

舌の上の大一番、開戦!
 結局、あれからほぼ完徹で試作に励んだ創真を待っていたのは、会場を埋め尽くすブーイングの嵐!
 肉の女王とブーイングの嵐!

 さあ幸平くん? 私に見せて頂戴、キミが無様に敗北する様を――――!

 薙切えりなを筆頭に、完全な『敵役』で調理する創真
 だが、創真は一切怯む事は無い。

 店の名を背負って、客前に立つことに比べたら、ちっとも怖くねーもん

 そう言い切る。

川島麗『(チッ! デカ乳アピールしてんじゃねえよ色黒ホルスタイン女が!』

『(男にちやほやされんのは私だけで良いんだよッ!)』

イメージ 5

 にしても司会者の川島、腹黒アピールが強烈過ぎていっそ面白いよ、この子!
 一応、高等部の一年という事なので
 料理は出来る模様。

郁魅『あんたと話すのも今日で最後だ、言い残した事があるなら今の内だぜ?』

創真『そう? いつでもお喋りできんじゃん、丼研の部室でさ?』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 12

 えりな様、幻覚を見すぎです。

肉のソナタ
 早々に、舌戦から始まった二人の食戟は、まず、水戸郁魅の『A5超高級肉』から幕を開け
 枝肉、皮や内臓など『肉以外の部位』を取り除いた肉塊を
 有り余るパワーで捌いて行く。

 彼女の真骨頂はむしろ逆、繊細さ<センシビリティ>にある。

 それでいて郁魅は、香りや温度に非常に敏感。
 肉への調理は丁寧そのもの。

 悪の解説役、薙切えりな様は郁魅の勝利を確信するのだが――――――。

解説の川島『肉を出すみたいです! 一体どんな素材を…?』

創真『ちょうど特売やってて、ラッキーだったわ♪』

イメージ 11

 対する創真は、特売スーパーの半額・日本国産サーロインステーキ350円を場に出し
 壮絶なブーイングを買う!

 なお国産とは文字通り『国内生産』の意であり、たとえばホルスタインの肉でも国産は国産!

 和牛(在来種、その交配種)とはまた違うのね!

肉魅『―――けっ、何か言い返してみろよ情けねぇ……』

創真『語る必要はねえ。じき、俺の丼が雄弁に語り始めてくれるからさ』

イメージ 13

イメージ 14

 バター+牛肉……!

多弁は銀、沈黙は金
 郁魅は、切り出した肉の表面を焼き『壁』を作り、肉汁を閉じ込め、オーブンでじっくりと中まで火を通す。
 一方、創真の調理は地味の一言――――!

 それに、調理場で喋りすぎる料理人は、腕は信用ならねーってのは常識だぜ?

 舌戦を繰り広げる両料理人。
 うーむ、言い負かされる肉魅さんが大変かわいらしい。

 更に―――

肉魅『な、コイツ、一体何を……!?』

イメージ 15

 創真が、肉を柔らかくするのに使った『たまねぎ』を炒める香りに、衝撃を受ける肉魅。
 性的な意味で。

 ともあれ、両者の調理は終了!

水戸 郁魅『A5和牛の、ロティ丼だ!』

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

 ロティとは、フランス語で『焼く』『炙る』の意。オーブンで過熱する料理をさす事が多い

これが肉の快感だ!
 試食開始、肉魅の『丼』はさっきの肉を花びら上にたっぷりと盛った、見た目も美しい丼!
 土台は、ステーキと相性の良いガーリックライス。

 肉の繊維方向に対し直角に火を入れる…、すると均等に火が入り、肉汁の流れも活発になる!

 火の角度、肉に対する調理は完璧。
 支える『ご飯』も、これだけで白飯が食べられると絶賛を受けた!

 熟成され、今や旨み成分の塊と化した高級牛肉に、審査員達は全員が酔いしれる。

川島『続いて幸平くん、題して何丼でしょうか?』

創真『そだね…、名付けて幸平流“シャリアピンステーキ丼”かな』

イメージ 21

 対する創真は、食材お披露目の時点で完全に敗北していたが、丼の『フタ』で注目を集める。
 フタを開けた瞬間、ぱっと広がった香ばしい香り!

 これもまた丼の醍醐味!

 文句を言いつつ、審査員はハシを伸ばしてしまい―――。

黒毛和牛評論家『ま、まぁ思ったよりは美味そうな感じですね』

肉魅『(けっ、あんな安物肉でまともな品になるわけが無いぜ……!)』

イメージ 22

イメージ 23

 かきこむ! これもまた丼の魅力!

シャリアピンステーキ
 創真の丼、その魅力は肉・タレ・ご飯の総合力! 審査員はついつい夢中でかきこんでしまい
 見守る観客、肉魅をも驚かせる。

 まずはタレ、フライパンに残った肉汁にワインを加え、タマネギを炒めていた。

 そのコクに加え、焦がし醤油で味を調え香りを付与
 水溶き片栗粉で『とろみ』もつけた。

 何より、それらで旨みが強くなった肉・たまねぎ・タレを、ご飯で加速させた仕掛けがあった。

 ご飯に練り梅を切り混ぜ、『肉』へ食欲をかきたてたのである。

審査員・女会長『おかわりは? おかわりはできますのん?!』

肉魅『(あたしのガーリックライスは完食されてない!?)』

イメージ 1

 対し肉もご飯も、自己主張が強すぎた肉魅の『丼』は、食べきるには味が重すぎた。
 肉は完食されたのだが――――

 丼研の主将も言ってたよ、丼はあくまで『一碗』で完結するんだぜ!

 ていうか、審査員さんにお代わり作ってあげて!
 めっちゃ要求してたから!

肉魅『んな屁理屈こねたってなぁ! あたしの高級肉に敵うわけ……!』

創真『納得できならお前も聴くか? 俺の丼が語る言葉を…、おあがりよっ!』

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

 丼に陶酔するカットのにくみ、可憐である。

雄弁な丼
 やがて、創真の丼を試食した肉魅は、『好きなように振舞えばいい』とささやく何かを受信
 親に、強くあれと『矯正』された過去を思い出す

 この丼が、好きにしていいんだよ、自分らしく振舞ってみなって囁いてきやがるから……!

 敗北を認めた肉魅は『えりなの庇護』を失い
 勝利した創真は、丼研の首領<どんけんのドン>の地位を期待される

 こうして、色々激しくもピアノのソナタが流れまくる戦いは終わった―――――。

 肉のソナタ、完。

創真『なあ肉魅ー、お前の丼も少し食わせてくれよー』

肉魅『テメー調子のんな! そのアダ名で呼ぶんじゃねえっ!』

イメージ 28

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

 なんで? 平仮名で書くと結構可愛いじゃん? これからもよろしくな、にくみちゃん♪

「にくみ」誕生
 てな訳で、にくみをも篭絡した創真だったが、ところがぎっちょん『丼研には入らない』と……
 あくまで見学だったからね。
 仕方ないね。

 この日を境に、水戸郁魅さんはより一層凶暴化したそうです――――(by田所)。

 嗚呼にくみ、頑張れにくみ。
 ヒロインだぞにくみ。

 そんなこんなで、創真、初の『食戟』は快勝に終わったのだった。

次回、田所は二度死ぬ。泣く子も黙る極星寮、『合宿』に挑む!

イメージ 16

イメージ 33

イメージ 29

 ドン小西首領、アドリブなんじゃないかってくらいノリノリであった

やりすぎは良くない
 料理作品の定番、旨みを強くしすぎたが故に破れるにくみがやや可哀想な食戟編、完結!
 ここまでで、なんとまだ原作2冊分も終わってないという…

 一話で原作一巻が終わるなんてのも珍しくない昨今、なんてペースだろう!

 原作だとモブやモノローグだった台詞を
 極星メンバーや田所に言わせたり、『投票』の効果音が“丼<どん!>”だったり細かいネタもグッド!

 次回は、私も好きなあのキャラが登場するみたいですし
 創真君の靴の行方が楽しみですね!

 次回、8品目「発想と創造の協奏曲」。