GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

俺物語!! 第6話「俺のネガイ」感想、ハッピーエンド(ただし砂川姉弟は除く)。。。

砂川姉弟に救いの手を! 猛男、カッコイイけど酷いよ猛男ォッ!

イメージ 1

イメージ 36

 愛姉さんが凄くせつないけど、猛男と大和の純情すぎるまっすぐさ、砂川の二次被害笑った第6話!
 猛男、そのチョイスは明らかに間違っているぞ!
 いや間違ってないけど!
 
 スナ――――、お前に頼みがある…。キス、させてくれ。

『やめろ生々しいからっ!』
 本番で、大和を困らせないよう『練習したい』という猛男…!
 その発想はやめてほしかった。

 惜しかったね愛姉さん、あと少し帰るのを遅らせていれば、或いは……ッ! ※何かが…ッ!

猛男『俺は、大和と付き合ってから、“良い日だった”と毎日思っている…』

イメージ 2

 大和、悩むな…。俺は一日の終わりに、大和にも笑って欲しいのだ……

俺は倒れない!
 大和の悩み、猛男は『触れあうのも怖がるくらい、純情な子』だと誤解していたが、本当は触れたかったのだ。
 どころか、猛男に近づく為に嘘をついたことさえあった
 自分は決してピュアじゃない、と。

 猛男は、自分は平気だ、それよりお前に笑っていて欲しいと真っ向から衝突。

 溜め込んでいた本当の自分、ささやかに欲張りでずるい大和
 猛男は微笑み、二人は初めて手を繋いだ。

 そんな大和に応えるべく、猛男はキスの訓練を砂川に頼んでみたりと、まあ大概な大騒ぎであった……。

 次回、第7話「俺の強さ」

砂川『なんで少女漫画?』

猛男『少しでも、女心を解りたくてな………』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 最初から電話使おうよ! 

(赤)鬼の居ぬ間に
 翌日、猛男が『女心の勉強』に励む間に愛は行動を開始、弟と共に大和に接触する。
 問いは直球、隠し事を話して欲しい、と。

 私は猛男に幸せになってほしいの、幸せになってもらわなきゃ困るの!

 猛男ゴリラの真似とか、絶対に話さない(嘘)とか
 細やかなネタを欠かさぬ姉さん!

 でも、言ってる事はひたすら真摯で、ついつい大和は――――

大和『うち、猛男君が思ってるような良い子じゃない……!』

イメージ 7

 しかし姉さん、もうテンション高すぎですよ姉さん!
 いちいち笑わせにくるな!

砂川『どういう事っ?』

大和『――――猛男君って、美肌なんですよ………』

イメージ 8

 え?

「そうだねっ!」
 だが、大和は『猛男の外観的な良いところ』を次々と挙げはじめ、姉さんもノリはじめ――――
 砂川がドン引くほど、意気投合する二人…!
 だが

 ―――なのに、猛男君、大人になるまで指一本触れないって言うんです……っ!

 つまりそういう悩みだったのよ。
 猛男に、ナイスセクシーな猛男にもっと触れたいのです。

 けれど猛男は触れないという。

大和『猛男君、私の事すごい純粋だって思ってるみたいですけど、違うんです…』

『本当は、うち、猛男君に障ったり、手を繋いだりしたいんです…!』

イメージ 9

 もっと触れたいけれど、そんなこと言ったら、彼に失望されるんじゃないかって心配だった
 彼を、裏切っているんじゃないかって心配だった。

 猛男が好きだという『純粋な大和凛子』でいたい、けれど――――

 恐れと申し訳なさで
 大和は、ずっと塞ぎこんでいたのだと明かす。 

回想の猛男『<だとしても問題じゃない、大和が悩んでいる事が問題なんだ>』

愛『何言ってんの!? あのね、猛男はそんな男じゃないから!』

イメージ 10

 恋敵の為に懸命になる愛、いいヒトだよ彼女も……。

砂川愛の確信
 だが、猛男のひたむきさを良く知っていた愛は、そんな事くらいじゃビクともしないと断言
 彼が『相談して欲しい』と悩んでいると、恋敵の背中を押す

 猛男の彼女――――、良い子じゃん…。幸せなんだね? 良かったね、猛男…。

 やがて、愛の言葉を実証する事となる猛男
 猛男をよく知る愛。

 勢い込んでズッコケる大和、どいつも良い子だわ……。少女漫画だわ…。

砂川『なんで、猛男のこと好きになったの?』

愛『小学校の校庭にさ――――』

イメージ 11

イメージ 12

 二人残った姉弟は、小学校の頃、高身長で女らしくないとコンプレックスを抱いていた自分を
 猛男が、すっくと伸びた花にたとえてくれた
 それがきっかけだったと語る。

 お姉さんは純情で、純情ゆえ、つい年齢差を気にして告白できなかったとヤケクソ気味に語る!

 語るのだが―――― 

砂川『トシなんて気にする男じゃないって、さっき自分で言ってたくせに?』

イメージ 13

イメージ 14

 しかし姉さん、弟に見事に一本とられ、さばさばとした表情で立ち直るのだった。
 まったくその通りだから。

 もう猛男に対してといい、砂川ってばホントに良い奴!

 責めるでもなく、一つ一つ確認させる砂川。

砂川 愛『――――なにしてんの、猛男?』

猛男『おお姉さん! ネコが木から下りられなくなってて……』

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

 あたしはさ…、自分の気持ちを隠すのに一生懸命だっただけだね…、猛男に一生懸命じゃなかった…'。

『一生懸命』の使いどころ
 やがて、帰り道で猛男と遭遇してしまった二人は、彼が、大和の為に全力で走り去る姿を見る。
 大和が泣いていると聞き、全力疾走する猛男!

 もし告白してたら、私もあんなふうに必死で、猛男に走ってきて貰えたのかな……?

 姉さんの言葉が切なすぎる…!
 この人も、猛男を想って彼を理解していた一人なんですから。

 姉さん、あんたも十分一生懸命だよ……。 

愛『超うらやましいー! 私も男に生まれれば良かったぁ!』

イメージ 19

 いちいちコメディに持っていって笑わされますけど、ホント純情な人だった!

 超うらやましいー!
 って、素直にぶっちゃけちゃう姉さんかわいかった!

猛男『(俺は足が速い…、中学校の校内マラソンで、三年連続一位だった…)』

『(足が速くて良かった……、長く走れてよかった…!)』

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

 足の速さすら『大和の為になる』と感謝する猛男、イケメン。

鋼鉄以上のボーイフレンド
 一方、全身全霊をかけて大和を探し出した猛男は、悩みは全部ぶつけろと正直に言う。
 遠慮なんかいらん、絶対に倒れたりしない!

 何があっても俺は倒れたりしない! そして笑っていろ、俺は大和の笑った顔が好きだ!

 猛男、何回告白するんだ…!
 大和さんも視聴者も、何度猛男に惚れ直せば良いのか……!

 たった一つ、お前に笑っていて欲しいとネガイを叫ぶ男子高校生、剛田猛男!

大和『うち…、猛男君と手つなぎたい…』

『――――猛男君の想うような、純情な女の子じゃなくて、ごめん……』

イメージ 1

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

 ちょ、途中でBGM変えないで!?

胸のつかえ
 その言葉に、大和は手を繋ぎたい、触れたい『猛男の思っているようなピュアな子じゃない』と謝り
 やがて、ずっと言えなかった“悪行”も口にした。

 猛男くん、初めて会った日の次の日、会いに行ったでしょ? 駅員さんに聞いたって、アレ嘘なの……。

 実は、猛男に会いたいがゆえに彼の事を調べて回ったり
 スマホを忘れていったフリをしたり

 猛男の思うような、ピュアな女の子なんかじゃ決してないんだ、と正直に口にする。

猛男『(知らなかった……、俺に会う為に、一生懸命してくれたのだな…?)』

『―――大和、ありがとう。俺は嬉しい!』

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

 うーん輝いてる。

ノーカウントの涙
 もちろん、大和は『嫌われるだろう』と思い込み、それでも正直に言ったのだったが
 嬉しいと返され、うれし涙を流す。

 すまない…。火事場から脱出した時、俺は誓った。二度と大和を泣かせないと……。

 鈍感な猛男は、泣かせてしまったと猛省するのだが
 大和も即座に『嬉しい』と否定。

 不器用すぎる二人は、ごく当たり前の事に謝り、喜び、また一つカップルへと歩を進めてゆく。

 末永く爆発してください―――!

愛『猛男は幸せだって解ったし…、こんな顔、見せたくないしね……』

イメージ 31

 一方、失恋を受け入れた愛は、猛男に心配させたくないと足早に大学に戻る事を選んだ。
 この姉さん、ホント愛が溢れている…!

 彼女はその窓から、砂川や大和は空を見上げ、流星群を見る。

 少女漫画だ…!
 なるほど、エンディングの流星群はこれだったのか!

猛男『大和……、心配するな』

『スナ、入るぞ! ――――お前に頼みがある…。キス、させてくれ』

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

 枕で試したら⇒もうやったァ!の流れが酷すぎるwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

問題だらけの実験台
 一方、当の猛男は『手を繋ぐのに失敗した』事を気に病み、杞憂し、砂川に二次被害食らわす!
 すなわち、もしキスする時に失敗したら…ッ!

 細かい事は良い! キスするとき歯とかぶつかったら、大和に悪いからな!

 ちょ、スナには悪くないのかよ!?
 理不尽! 理不尽だわ!

 急激に理不尽系ラブコメに突入した猛男に、砂川、砂のように儚く散るのであった――――ッ!

 この姉弟、ロクな目に遭わんね!

猛男『大和、心配するな…、俺は頼れる男になるからな!』

『明日も明後日も、笑って眠ろう!』

イメージ 37

 大和が初・てつなぎ記念を作ってる一方で、猛男はラップ越しのファースト☆キスを果たしていた…!
 ナニコレ!?

 ちょ、砂川にも! 砂川にも笑って眠れる夜を下さいお願いします!

次回、『俺の強さ』。うん、それ知ってる。知ってますよ!?

イメージ 18

イメージ 19

 頭では納得するけど、超くやしくて羨ましくて、不器用な姉さんが好き。

俺のネガイ
 猛男、そして砂川姉さんの、『好きなヒトに幸せになってほしい』ってネガイが愛おしい。
 大和の隠し事も、お察しの通りの内容。

 とにかく、猛男も大和さんも良い子すぎるんだよ…!

 一話の裏話も、なるほどなー、と。
 そりゃ気に病みますよね、大和さんみたいにピュアな子ならッ! アンタ十分ピュアだよ大和さん!

 次回、第7話「俺の強さ」