GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

パンチライン ♯5「愛、死す」感想。次回、すべての伏線がつながる…?

え、さらっと『壺内Q冥』、テロ組織“Q-may会”のボスが登場してたの!?

イメージ 22

イメージ 15

 過去、実験体だったみかたん達、遊太もその場にいたらしき描写と共に、声優欄に気になる名前が!
 壺内Q冥、あのゲス研究者が『教祖様』って事なの…?
 ワケがわからないですよ!

 意外やさらっと愛は救われたものの、更に酷い事態に陥るまでは王道! さてはて?

シリアス展開進行中
 結局、今回の時点では伏線とミスリードをばら撒いてる感じで、次回、種明かしってところでしょうか?
 しかしミヤケン、撃たれ方が完全にギャグで笑う!

 そんなんで良いのかヒーロー!

遊太『幽体になって、何も出来なくて……、ふざけんなよ…!』

イメージ 1

 フラッシュバックする日常。守護らねばこの笑顔

バッドエンド・ミヤケン
 29日、愛の殺害を阻止できなかった遊太は、霊力で時間をさかのぼり愛とみかたんの和解を促す。
 愛は助かり、先生と仲良くなった為に苛められた過去を明かすが
 翌日、『殺害鬼』は古来館に出現。

 殺人鬼=『亀男』は、制裁だと言い残してクマのムヒをさらい、愛は彼を追ってしまう。

 遊太は、亀男を拘束しようと明香、ラブラに裏から策を授けるが
 そのずさんな作戦に、二人が傷を負ってしまう。

 だが偶然、愛のパンツを見た『宮沢賢治』が、超人化現象を起こし――――!? 

 次回、♯6「大晦日だよ、明香えもん」

チラ之助『人間って勝手らね? 70億人死んでも平気だったくせに』

『何も出来なかった? 何もしなかっただけじゃない?』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 この猫、未だに正体不明なくせに!

リセット・リスタート
 12月29日、愛の死を悔やむ遊太は、“霊能力”を使って時間をさかのぼるようアドバイスを受ける。
 ただし、意志の強さが無ければ成功しないというが――――。

 誰かを救いたいと願う強い気持ち、それがなければ弾かれ、二度とこの世界に戻って来れない。

 身を捨てて浮かぶ瀬もあれの言葉通り
 強い覚悟で挑む遊太。

 70億一度に死ねばもうギャグです、友達が目の前で死ぬ方がよほど怖い……!

ラブラ『私の部屋にあった、魔よけの護符しらない?』

イメージ 5

イメージ 6

 なるほど、遊太の部屋に貼ってある『護符』ってラブラの私物だったのか。

とんとん拍子に
 もちろん、上手く現代に戻れた遊太は、ラブラの身体を借りて『動画』をみかたんに提示。
 これを信じたみかたんは、愛を引き止めることに成功します。

 もっとも問題は、なぜ愛が『呼び出し』に応じたかという事なのですが…?

 しかしラブラ、便利に使われすぎである。

ラブラ『はう!? 乳が! 乳がっっ!』

イメージ 19

 なおラブラ、直後にコケて乳から着地するデッドエンド。
 衝撃吸収は出来なかった模様。

愛『何、その歌?』

みかたん『おまじないの歌♪ イシガタさんに教えてもらったの♪』

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

 声優欄を見るに、この研究者が『亡くなった教祖』らしい…? この事件で?

パイン=遊太?
 みかたんは、世間話に『自分は実験体だった』と打ち明けるが、遊太もその場に居合わせたらしい。
 この場の唯一の少年、パイン=遊太?

 ヒハハハ! そうだ、その力だッ!!

 実験体、黒髪の千代子(みかたん?)を解剖すると、彼らを挑発する研究者。
 わざとだったっぽい?

 結果、白髪の『パイン』は能力を覚醒させたそうな。

愛『その男の子(パイン)、好きだったの?』

『――――図星だ♪』

イメージ 30

 パッと見は、グリコ(ピンク)=みかたん、パイン(少年)=遊太、千代子=?なんですが
 微妙にミスリードっぽいんですよね。

 ウケ狙い的にも、黒髪の千代子=みかたん、ピンクのグリコ=遊太、パイン少年=白髪テロリスト?

 なんとなくそんな気がします。
 この事件で、研究者=『教祖』は死んで、パイン少年の体を乗っ取ったんじゃないかなって。

みかたん『そんなんでねーって! それより、愛ちゃんはどうなのっ!』

愛『恋とかじゃないけど…、人として、良いなぁ、って思う人なら』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

 絶対に許されなかったのか。

愛かなし
 一方、愛が引き篭もった理由は『先生との仲良くなり、嫉妬されいじめられた』ゆえと判明。
 その腹いせに、愛は殺害予告をアップしたが、誰かに書き換えられ
 しかも実行され始めた。

 そんな風になんて誰も思ってないって、知っててもねっ!

 相談できなかったのは、そんな情けない過去を知られたくなかったが為
 ほんの少しでも、強がりたかったが為――――。

 しかしコレ、『尊敬する先生』=『殺害犯』なんじゃ。

『大丈夫、大丈夫だよ。私は正義の味方だから。愛ちゃんの味方だから』

『どんな事があっても、必ず護ってみせるから……』

イメージ 18

イメージ 17

イメージ 20

 泣き崩れた愛を、守護らねばならぬと抱きしめる聖母みかたん。
 一方、遊太は考えることが多すぎた。

 歴史、変わったね? 嬉しくないの?

 みかたんが告白した『研究所の事件』は、遊太にとっても意外。そのまま沈思黙考に沈む。

亀男『<愛に伝えておけ、これは夕べ来なかったことの制裁だと>』

遊太『呼び出したのは亀男!?』

イメージ 21

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

 シナモンが行方不明になったのは、やはりミヤケンの仕業?

未解決事件の再発
 翌30日、もちろん『犯人』は激昂し、制裁だと証してクマをさらってしまう。
 こうして再び、愛は危険に晒される事に―――。

 ああ、衛星回線にノイズが混じっとったさかい、調べに来たんや。

 伏線もバンバンと。
 というか、亀男ってばホントに何なの!?

 弱りきった遊太は、『作戦』を立てるべく館の中を奔走、とあるアイテムを思い出す。

回想・みかたん『すっごーい! 明香は天才だねっ!』

回想・明香『くひひ♪ こんなんもあるで♪』

イメージ 27

イメージ 28

 実は明香、他人そっくりに化けられる変装マスクと変声という、名探偵ばりの装備を持っていた!
 遊太は、愛が忘れていったスマホを操作する事で
 明香たちを動かします。

 要は明香が愛に化け、囮になって、透明になったラブラが襲い掛かる戦法!

ラブラ『ここは一時休戦で行きましょう。私達、ケンカの最中でしょう?』

明香『ああ、そうや! ふんっ!』

イメージ 29

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

 ハイクラスな文明の利器も、使うもの次第でゴミと化すさま

バッド・エンド
 が、透明スーツを雪で気付かれ、助けに来たミヤケンも、威嚇射撃の流れ弾で昏倒する有様。
 完全にギャグで、完全にバッドなエンドに。

 あ…! 今…、カッコよく口上を決めようとしたのに…、先に撃つんだもんなぁ………

 不幸にも程がある…!
 明香も、亀男に撃たれ重傷を負った。

 愛を救ったはいいが、アフターフォローを忘れた結果、更にバッドな展開に突入する。

愛『大丈夫!? しっかりしてっ!』

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

 サウイフモノニ ワタシハ ナリタイ

パンツマン!
 しかし、重傷で『雨ニモマケズ』をそらんじていた宮沢賢治は、愛のパンツに覚醒。
 一度で超人、二度で人類滅亡…?

 遊太と同様に、赤い光を放って超人化するミヤケン!

 ミスターバレバレ、遂に正体を明かすか!
 問題は『中身』ですが、明香の死んだ爺ちゃん、タイムスリップした遊太当人のどちらかか?

次回、次回、♯6「大晦日だよ、明香えもん」。緊張感ゼロすぎぃ!

イメージ 22

イメージ 12

イメージ 13

 Q冥=究明、科学者だったのね?

『人類滅亡』まであと一日!
 今回、覚醒時に『パインは蒼い発光』をし、一話の遊太とミヤケンは『赤い発光』をする。
 この描写的にも、別人って気がします
 性別が気になりますが。

 今週も、『事件がおきた!』という以上に、伏線を張っている印象が強い展開。

 そろそろ種明かしが来るのか?
 あと、何だかんだでメンバーがあっさり仲直りしてホッとしました。

 でもさ晦日に人類が滅亡するけど、あっと言う間に30日が来ちゃったけど大丈夫!?

 次回、♯6「大晦日だよ、明香えもん」
 たすけて明香えもーん!