GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

俺物語!! 第5話「俺はニブイ」感想、姉さん登場。鈍感でもひたむきな猛男!

久々に帰省したら、安牌だと思ってた『好きな人』に彼女が出来てました(砂川姉)

イメージ 23

イメージ 29

 以前、回想にチラッと出てきた砂川姉、まさかの再登場! しかも猛男に恋してたと判明!
 絵的には完全にギャグですが、これは切ない。
 そして猛男、男前過ぎるぞ猛男ォ!

 たとえそうだとしても問題ない。大和が悩んでいる事の方が、問題なんだ。

猛男、即答
 もしかしたら『他に好きな人が出来たのかも』と、ストレートな物言いをする愛に、猛男、即答。
 自分が裏切られる事より、彼女が悲しむ事の方が問題だ、と。

 そりゃ愛さんも惚れますわ…。

猛男『ちょっとすいません』

イメージ 2

 電車内、大和の姿を見つけて前進、蜘蛛の子を散らす猛男。

俺はニブイから
 ある日、猛男と大和の間にすれ違いが生じてしまうのだが、そこに帰ってきたのは砂川の姉。
 砂川愛も、実は、昔から猛男のことが好きだったのだが
 言い出せないまま今に至ったのだった。

 すれ違いを、愛は『大和にほかに好きな男が出来たからだ』と考える。

 だが、猛男は大和が幸せなら良いと言い切り
 心を動かされた愛は、ついつい、二人の関係修復の為に『大和から話を聞いてやる』と約束し――-―。

 次回、第6話「俺のネガイ」

栗原 オサム(アフロ)『カッコよすぎて、思わず動画撮っちまった…!』

男子『猛男すげえ!』『これ特別快速だよな!』『終点まで行っちまったか!』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 猛男、今週も愛され祭り。

『剛田猛男』を二分する評価
 あれから、猛男は大和を庇って乗り換え損なってしまい、うっかりそのまま終点まで。
 朝っぱらから愛に生きる男、剛田猛男。

 剛田君の事 好きになる子、普通いないって。

 しかし、良くも悪くもクラスの話題の中心でこそあったが、評価は真っ二つ。
 男惚れする男達、評価マイナスな女性陣。

 好きだ!

猛男『こんなにキレイに撮れるのか……(感心)』

砂川『そこ?』

イメージ 6

 あっと言う間にその日の放課後、砂川に『動画』を見せてもらいつつ、華麗にメカ音痴な猛男。
 思わず砂川もマジ笑い。

 スマホで、うっかり自撮してしまう猛男

 かわいいな猛男!

母親『誰か! 子供が川に…、誰か!』

猛男『ふんっ!』

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 猛男、キラめいてる!(水滴で)

日常系物理トラブル
 だが、今週は『川に子供が流されていく』場面を目撃し、猛男、迷わずダイブ&スイムダッシュ
 FREE!スタイルで、見事に水難救助するのだが――――

 大和を待たせたくなかった。

 その一心で、身体も拭かず待ち合わせ場所へ急ぐ猛男。
 いつだって大和原理主義

 好きだ!

砂川『(待たせたくないなら)電話か、メールすれば良かったんじゃないの?』

カップル『スナ! おまえ頭いいな!』『賢いよね!』

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

 このジャージ、もう着れない(確信)。

俺の誤解
 やがて、いつもの『三人でケーキを食べる』風景を介し、猛男の心情を丁寧に描き伏線と為す!
 つまり猛男は、そういう風に大和を見ているのだ。

 彼女というのは、なんでもないのに嬉しそうに笑ったりするものなのだな――――。

 違うぞ猛男!
 あと、『純情なんだな』も誤解の始まりなんだな猛男!

 今週も猛男、ニブすぎるよ猛男!

猛男『安心しろ大和! ちゃんと大人になるまで、指一本触れないから!』

大和『あ、ありがとう……』

イメージ 14

 しかし気の利く砂川のおかげで、二人きりで大和を見送った猛男は、致命的にすれ違う。
 さっき大和に触れた時、彼女が照れた事を過剰に捉え
 もう触れないと明言してしまう。

 大切にしよう。俺の全身全霊をかけて、大和を大切にしよう―――、今日は良い日だったッ!

 猛男の全身全霊とかいうオーバーキル的愛情表現

猛男『昔、アマチュアプロレス王者だったウチのカーチャンとは違う……!』

イメージ 13

 しかし猛男、『純情なんだな』からの比較対象がおかしい、おかしいよ猛男!
 カーチャン強すぎだよ猛男!

砂川 愛『猛男は? たくさんあるから一緒に食べれば? 呼べば?』

スナ『アイツは彼女送ってった』

イメージ 1

イメージ 15

イメージ 16

 cv井上喜久子さんエレクトラさんが泣き崩れてる…!

幼馴染が帰ってきて修羅場
 その上、帰ってきた『砂川の姉』が実は猛男が好きだったと判明し、砂川家が修羅場モードに突入。
 猛男は騙されてる、と大暴れする砂川の姉!

 私以外に猛男を好きになる女がいるなんてありえないっ! 会わせてよ、猛男の彼女に!

 ああ、コレ砂川の姉さんか!
 あらあらまあまあ、美人さんになっちゃって!

 と思ったら、実は猛男が好きで、猛男だからいつでもフリーだろうと手を出せなかったと判明。

実はうち、今まで猛男君に言えなかったんだけど、ほんとは―――

イメージ 17

 しかも大和も、猛男に打ち明けたいことがあるが、言い出せないという描写が。
 料理モードのポニテが可愛い。

 かくして、渦中の猛男が不在のまま、恋のトラブルが高まっていく第5話。

 猛男以外の視点を多めでお送りしております。

愛『ねえ、大和さんは猛男のどんなところが好きなの?』

大和『え!? えーと、えーと……、上手くいえないです、でも、好きです!』

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

 お姉さん、人の良さが隠しきれてなくて可愛い

何も問題ない
 翌日、いつもの集まりに『品定め』に現れた愛だったが、大和が痛恨のミスを犯す。
 悩んだまま調理し、塩と砂糖を間違えたのだ。

 大和、何も問題ない。“俺が食いたい”んだ。ぜんぶ俺に寄越せ

 しかし猛男、裏表ゼロの言葉。
 これは惚れる…。

 思わず愛姉さんに飛び火しちゃう、愛のクリティカル!

 猛男、さすがすぎ!

愛『猛男、大和さんのどんなところが好きなの?』

猛男『(もちろん全てだ。敢えて言うなら……)、ピュアなところかな!』

イメージ 33

イメージ 24

 しかし、『大和はピュアだ』と評した猛男に大和は動揺、これを愛は誤解してしまう。
 猛男、慣れないカタカナ語を使うから…!

 あの子、裏あるよ。猛男に何か隠してるよ――――。猛男に対して、何か後ろめたいことがあるね?

 半分正解、半分大間違い!
 大和さんに二股する心の余裕なんて無いッスよ愛姉さん!

 薄い本は厚くなりそうですけれども!

大和『本当は…、うちね……』

猛男『(俺は…、ニブイと思う……)』

イメージ 25

 なんでも無いのか…、そうか…。そうか!? 大和! どうした!

なんでもない
 また大和を送って行った猛男は、『彼女の気持ちを察せられない』自分のニブさを猛省。
 猛男、月に吼える。

 やめて猛男、通報されちゃう!

愛『そもそも猛男に一目惚れって時点で、怪しいって気付かないと』

『―――よっぽどの理由が無きゃ、猛男を好きになったりなんてしない』

イメージ 26

 一方、砂川家では愛さんの大悪口大会が展開されており、視聴者は頭と腹を抱えざるを得ない。
 が、砂川は大和凛子を信じ続ける。
 スナ、良い男だ!

 姉さん、なかなかに屈折した愛情の持ち主である

 猛男があんなですから、色んな意味で仕方ないのでしょうけれども。 

愛『猛男……!? あんた、何してんの!』

猛男『おう姉さん。女心の研究だ』

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

 俺はニブい。解らない、言ってくれれば力になれるのに……。

問題ない
 が、愛の大和への疑いは、猛男が『大和を理解しよう』と頑張る姿に思わぬ方向へ転がってゆく
 猛男が大和に騙されていると思っている愛は、ついムキになってしまい
 他に好きな人が出来たのかもと口にするが――――。

 たとえそうだとしても問題ない。大和が悩んでいる事の方が、問題なんだ。

 猛男、不動の愛。
 基準はたった一つのシンプルなもの。

 大和が幸せである事、その為なら自分の幸せなぞ惜しくないのだ。 

愛『あたしが聞いたげるよ! 女同士の方が話しやすいかもしれないだろ』

猛男『ありがとう、優しいな姉さんは!』

イメージ 31

イメージ 32

 いつも高い空を見上げる猛男。

優しいな姉さんは!
 愛は、猛男の真っ直ぐな気持ちに応えたくなってしまい、つい二人の関係修復に乗り出す。
 もっとも、未だ疑っている事は疑っているのだが。

 俺も、男があんなのを読むのは怪しいと薄々思ってたんだ。なんとかしたかったからなぁ…

 中盤の「姉さんは優しい」を拾う展開。
 姉さん優しい……。

 そして猛男はどこまでデカくて、好きな人の為に必死になれるのがカッコイイわ。

次回、俺のネガイ。猛男の願い、大和の本音

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

 赤丸=女は愛、男=猛男は誠意。シンプルだけど良いアイキャッチ

俺はニブイ
 ニブいからわかりたくて努力する
 もしフラれても、それで大和が幸せになるならそれが一番良いという猛男、カッコよすぎ。

 あの、砂川に譲る前提で努力した頃と、今もまったく変わってない。

 そして、実は身近に、猛男を好きな人がもう一人いましたという、鈍感猛男回。なるほど……。
 その姉さんも、ある意味、猛男と似た優しい人で
 さっぱり終わりそうな前後編。

 でも、こういうヒロインは見てて辛いね! 彼女も良い人であるだけに!!

 あと『問題ない』とか、同じ台詞や状況を繰り返して
 違いを感じさせるのもグッときた!

 次回、第6話「俺のネガイ」