GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

シドニアの騎士 2期 ♯04「激昂」感想、つむぎ激昂! 96騎の猛攻が美しい!

つむぎ激昂、イザナの無茶、ナガテの突貫! 大型ガウナとの激闘回!

イメージ 28

イメージ 1

 冒頭、つむぎ激昂の叫びが真に迫り、96騎が陣形を変えつつ砲撃、砲撃、また砲撃を尽くす姿が美しい!
 敵の切り札といい、めっちゃ激闘で大満足でした!
 イザナも本当に良い子。

 特につむぎが命がけでそらした直後、怒りに燃える衛人隊の突撃がすごく格好良かった!!

ナガテ、安心の無茶
 超々々々巨大ヘイグス粒子砲へ、ヘイグス機関を叩き込むナガテもカッコ良かった!
 いや毎度ながら無茶しすぎなのよ主人公!

 ラストシーン、つむぎを抱くイザナ機も悲壮で、映像的にも凄かった――――。

海苔落合『ちょうどいい、人工カビを仕込んだツメを試してみるか』

イメージ 2

 敵の包囲に余裕で迎撃に出る海苔落合、余裕。

白羽衣つむぎの激昂
 レム恒星系、惑星セブンに入植を図った住民はガウナの餌食となり、彼らを模した艦型ガウナが出現
 猛威に晒されたつむぎは、人類の皆を同じ目に遭わせるつもりかと激昂
 制御不能となって荒れ狂った。

 イザナは、防御を捨てたつむぎを心配して巻き込まれ重傷を負い、なんとか彼女を正気に戻す。

 だが、船型ガウナの「超巨大ヘイグス砲」からシドニアを庇い
 つむぎもまた重傷を負う。

 ナガテ以下、衛人隊96機の活躍でなんとかこれを下すが、イザナの哀しい叫びが木霊する――――。

 次回、♯05「願望」

観測班『本艦へ侵攻中のガウナ本体、さらに103個体!』

ユハタ副指令『衛人隊は、接触点で邀撃態勢を展開。各個撃破して!』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 いやこりゃ壮大だ……。

騎士行進曲
 つむぎを捕らえた100個体の脅威はともかく、更に展開した100個体の迎撃を急ぐシドニア守備隊。
 96騎で、二段構えの火力邀撃を展開――――。

 各小隊、火力邀撃態勢、展開急げ!

 現在、ガウナを一撃死させられる武器は、まだ『人工カビ弾』のみである為
 前衛が砲撃で迎撃、撃ちもらしを後衛が迎撃

 二段構えの『火力邀撃』にて、これを迎撃してゆく。

観測班『袋状構造が破裂しました! ガウナの反応、一つもありません!』

弦打『なんだと!?』

イメージ 8

 が、ナガテ達が100個体の迎撃にてこずっていた時、同じく100個体に閉じ込められたつむぎが復活……!
 内部から、ツメに仕込んだ『人工カビ刃』を縦横に駆使し
 100体を皆殺しにしたらしい。

 つむぎスゲェ。
 しかし、身体はあちこちズタズタに……。

海苔落合『つむぎ? どうした、なぜ黙っているんだ?』

つむぎ『だめ…、たい……!』

イメージ 9

 海苔落合さんも仰天。

白羽衣つむぎの決意
 だが、つむぎが本当に怒ったのは“この脅威が、仲間に向けられる”ことだった。
 痛み以上に、仲間がこんな目に遭うと想像する事が怖い。

 ダメ…、絶対…! ガウナは今、私にすごく酷い事をしました。私の友人や仲間に、あんな事させない…!

 海苔夫、司令部は強く制止するが、つむぎの怒りは止まらない。
 彼女はズタズタのまま、再び出撃してゆく。

 白羽衣つむぎの激昂

ユハタ『つむぎ、あなたはもう十分役に立ってくれたわ! 撤退して!』

岐神海苔夫『クソ! つむぎ!』

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

 つむぎ役、cv洲崎さんホントに良いわ……。

激昂する流星
 一方、3人の犠牲と15機の大破で、50数体を撃破しつつあった衛人主力部隊の眼前に乱入
 怒れるつむぎは次々とガウナを撃破し、傷付いてゆく。

 がぁぁぁぁぁぁぁぁ!

 仲間、人間を傷付けさせるかと怒るつむぎを
 ナガテ達も必死に庇い、イザナに至っては、無理な突出で身体的に傷付き、昏倒してしまう。

 他人の為に、正気を失うほど激昂するつむぎも、イザナも良い子だ…。

ナガテ『イザナを頼む、つむぎ!』

つむぎ『は、はい!』

イメージ 15

 結果的に、ガウナたちは壊滅状態に陥り、つむぎも正気に戻って事態は優勢で仕切り直しに。
 我に返ったつむぎが可愛すぎる。
 海苔夫がんばれ。

 ホント、純粋に「良い子」で、まだまだ子供なのですよねつむぎ。

観測班『ガ550本体は、胴体中央に偏在と確認! 各機、円環隊形を展開せよ!』

サマリ隊長『円環隊形、斉射用意! 撃て!』

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

 円環隊形で次々突入する衛人隊、めちゃくちゃかっけぇ!

お願い、何も起きないで
 遂に前衛部隊を片付けたシドニア衛人隊は、巨大なガ550に連続砲撃を仕掛けてゆくのだが
 そのまま、ユハタの「お願い」を裏切る展開へ――――!

 この構造…、まさかヘイグス配荷機!?

 構造を変化、衛人の頭部を数百倍もデカくしたような、超巨大『粒子砲』を形成するガ550
 なんて自由自在な生き物だろう!

 ユハタが願ったとおり、何をやらかすか解らない生き物がガウナ!

 ガウナ怖ァ!

勢威『全機、正面の“穴”の奥を狙え!』

仄『周囲の壁が邪魔で届かない!?』『もっと接近するしか無いよ!』

イメージ 25

 しかも攻撃側は、いつ火を吹くか判らない『シドニアをも一撃で破壊する超々巨大砲』を前に
 可能な限り、正面から撃たねばならない。
 度胸試しすぎる!

 その火力は、シドニアを貫通しうるレベルと推測され―――――。

 そいつが直後に火を吹いた!

勢威『シドニアァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァアッ!』

観測班『このままでは直撃します!?』

イメージ 26

 イザナさん、目を閉じて!

サマリ『―――融合個体が曲げたのか!?』

観測班『つむぎと科戸瀬機、消息不明です!』

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

 まるで、つむぎの仇を討つと言わんばかりに向きかえるサマリ隊長、男前!

捨て身と決意
 だが、融合個体つむぎが捨て身で『そらした』ことで、シドニア九死に一生得るのだが
 そのまま、つむぎは消息不明に。

 くッ! 今度こそ阻止しろ!

 だが巨大ガウナは、何事もなかったかのように『砲撃』の再チャージを開始し
 サマリ以下、衛人隊も砲撃を再開。

 艦長は『シドニア緊急転舵』準備を命じ、誰もが犠牲覚悟で、再び立ち向かうのだったが――

仄 煉『谷風!?(前期ラストで助けられた仄)』

仄 焔『どうして逃げるの!?(前回、復調したばかり)』

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

 ナガテ、怒りをぶつける(物理)。

谷風ナガテの突貫
 だが、ナガテは一旦後退して助走するや、加速・暴走させた『ヘイグス機関』を分離!
 ヘイグス砲に、強力なヘイグス粒子を直接ぶつけ
 誘爆させる大技を炸裂――――

 要は一期と同じ、ヘイグス粒子にヘイグス粒子をぶつけて誘爆させるアレの超拡大版!

 ナガテのヘイグス粒子が起爆剤となり
 ガウナは、自ら溜め込んだエネルギーが暴走・爆発・崩壊……、主推進器を失ったナガテも傷を負う。

 無茶しやがって……。

サマリ『本体露出! 全機一斉射撃! 撃てェェェェェッ!』

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 1

 イザナ、やはり腕と足が…………。

科戸瀬イザナの絶叫
 やがて、露出した大本体はサマリ率いる残存部隊が集中砲火し、大破・胞状分解に至る。
 絶望的な状況から、一気に逆転を果たしたのだ。
 だが

 誰か、つむぎ、早く助けて、誰か早く助けて! つむぎが、つむぎがぁぁぁぁ!

 目を覚ましたイザナは、真っ先につむぎを助けてと絶叫
 ズタズタになったつむぎの姿が――――。

 また実は、イザナも酷い怪我を負っているのに、真っ先につむぎをと叫ぶイザナ。

 今週、イザナも本当に素敵過ぎる……。

イザナ、痛みのあまり昏倒する

イメージ 46

 ただ、昏倒する瞬間がある意味アレだったのは作画的な問題ですね!
 ああもう作画の問題ですね!
 まったくもー!

次回、ナガテは『星白』の姿を見る――――

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 30

 量産タイプ、一八式もめっちゃ格好良かった!

白羽衣つむぎの絶叫
 フルCGが印象的な本作ですが、一期の山野といい今週のつむぎ&イザナといい、声というか絶叫も印象的
 サブタイだけに、激昂っぷりが凄まじかったですね。
 洲崎さん好演過ぎィ!

 苦戦に次ぐ苦戦、今週もガウナの脅威がハンパでなく、つむぎの強さもハンパでない。

 その上、尽くすタイプの健気な子だから
 また熱い展開だわ……。

 ナガテもここぞで決めてくれましたが、原作より『シドニア全員で勝った』事を強調する展開も
 個人的に快く、ホント、いい感じに再構成されてるなと思いました
 シドニア衛人隊、みんなホント頑張った! 

 そして次回は……?
 イザナがどうなってしまうかも含め、気になりますね。

 次回、♯05「願望」