GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

食戟のソーマ 5品目「氷の女王と春の嵐」感想、めばえっ! 春の極星、氷のえりな

創真とえりな、温度差が深刻。こんなの絶対おなか減るに決まってんじゃん!

イメージ 23

イメージ 1

 創真、初の料理対決と『食戟』のタイトル回収。まったく、どいつもコイツも料理脳ですね!(褒め言葉)
 繊細な仕事の一色先輩に対し、いかにもお腹が減る料理を出す創真!
 いやあ、実に美味しそうな一品だった!

 パリッざくざくっとポワレで焼き上げられた鰆を、塩昆布茶の茶漬けで頂く!

そして吉野かわいい
 一方、えりな様サイドは、悪魔超人もかくやの残虐プレイ。さすがですえりな様!
 圧倒的な技量の違い、豪田林先輩もメロメロっすよ!

 なんて嬉しくない絵柄なんだ……。

創真『(親父が俺をここへ寄越した意味が、少し解った気がするぜ…!)』

イメージ 2

 創真、他者の料理に感銘を受ける

その名は『食戟』
 創真は、遠月学園の上位七位『第七席』である一色の料理に、深い衝撃を受ける。
 が、俄然闘志を燃え上がらせた創真の料理は
 一色と引き分けに持ち込んだ。

 だが、一色が『看板料理』を出さず“無難な料理”で済ませた事を、伊武崎はいぶかしがる。

 一色は、創真が『食戟』を呼ぶと確信。
 遠月学園伝統の、料理による決闘『食戟』が咲き乱れる事に、一人心を躍らせていたのだった。

 次回、6品目「肉の侵略者」。

吉野&榊『あれ? 幸平また料理してる?』『お腹すいたのかしら?』

伊武崎『料理対決だってよ』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 裸が先輩のユニフォームですので……。

春の魚
 同じ『鰆(さわら)』を食材に、第七席・一色先輩と料理を競う事となった創真。
 寮生、伊武崎たちもこれを見守る――――。

 ゆきひらの人気メニューを、先輩と同じく、春をテーマにお届けしますよ!

 先輩の料理は、鰆を春キャベツのピューレと合わせた山椒焼き。
 柔らかい甘みを持つ、意外なピューレ!

 ほくほくの鰆、ピューレ、そこに山椒がピリッと効くんですから、より美味いという。

創真『完成! ゆきひら裏メニューその20改 鰆おにぎり茶漬けだ!』

『本当は鮭で作るんだけど、今回は鰆バージョン!』

イメージ 7

 対し創真が作ったのは、焼き魚を閉じ込めたおにぎりを、塩昆布茶でお茶漬けにした
 美味しそうだが、いかにも大衆料理の風情。

 鰆の身がすごくジューシーで、何より皮のこのザクザク感! 噛むたび、旨みが湧き出してくる!

 だが旨い!
 これは想像するだけで旨い!

榊『ただ炙っただけじゃ、この歯ごたえは出ないわ。一体どうやって?』

一色先輩『ポワレだ。この鰆、ポワレで焼き上げられている!』

イメージ 8

イメージ 9

 なお原作と一部解説が異なる模様。

ポイントは『ポワレ
 肝は鰆を焼きつつ、時おり熱い油を上からかけることで、厚い皮もカリッと香ばしく焼いた事。
 皮の厚い、鮭の為の父のメニューを、鰆に応用したのだ。

 まさかおにぎりの具をフレンチの手法で作るなんて、なんて自由な料理だろう!

 また、鰆は鮭と同じく皮が厚い。
 そこを臨機応変に応用した点も高評価となる。

 その強い味わいを、塩昆布茶のお茶漬けが受け止め、さっぱり食べさせる!

一色先輩『純白に輝くお米は、さながら雪のよう。その中から現れる鰆―――』

『彼は、春の始まるその一瞬を、この品で表現したんだ!』

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 1

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

 さりげなく、原作で試食させてもらえなかった伊部崎の分もあるという優しさ。

めばえっ!
 創真の料理を一色先輩もいたく気に入り、結局、「勝負」はつかないままお開きに。
 それぞれ、三々五々に部屋へと帰ってゆくのだが―――。

 いま先輩に勝ったら、俺が遠月で七番目になるの?

 しかし創真、今度は先輩にケンカを売る。
 戦わないと死ぬ体質なの!?

 少しは空気読もうよ! あと田所さんかわいい!

一色先輩『素晴らしい! 素晴らしい向上心だ創真君!』

イメージ 17

 しかし一色先輩、敢えて、キモいリアクションをとって沈静化する高度なファンサービス。
 さすがcv櫻井さんは伊達じゃあない。

 キモ! キモい動きやで!!

※褒め言葉。

創真『昨日はお預けくらったからねぇ…、さぁ、第七席を賭けて勝負だ!』

一色先輩『……ごめんよ創真君、説明が足りなかった』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

 学園全体が料理脳。 

食戟のえりな
 翌朝、対戦には『互いに対価をかける』必要があると一色は語り、同じ頃『第十席』が戦っていた。
 十席の地位と、部の存続を賭けての戦い!

 その戦いこそ食戟! 学内の揉め事は料理でつける、それが遠月のルールなのだ!!

 第十席でも、部一つとつりあう価値がある。
 創真には『対価』が無い。

 ゆえに、勝負を受けることはできないと一色先輩は語る。

ちゃん研・豪田林『完敗…、そんな、俺達のちゃん研が……!?』

イメージ 24

イメージ 25

 原作を補完し、試食リアクションを追加。ただし無言。

俺達のちゃん研
 一方、えりなは『自分用の料理棟(6棟目)』の敷地の為に、二年の先輩を瞬殺。
 敷地なんて余ってるだろうにちきしょう!

 先輩の料理には、至らぬ点が27点あります―――――

 先輩の鍋は、美しい海を仕切る遮断機と、踏み荒らしてゆくカバの群れのような雑味が――――! 

豪田『黙れ! 今日の為に練りに練った俺の品より、旨いはずが……!』

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

 コワモテでも容赦なく脱がすスタイル。 

極上…!
 対するは『ラビオリ・ド・ラングスティーヌ』。
 その旨さ、横綱級……!

 まるで横綱の凄みに圧倒されるような…! 味の、次元が違う……! 極上――――!!

 パスタ生地のラビオリから、あふれ出る手長えびの旨み
 二年まで生き残った先輩すら悶絶する。

 あまりの旨さに、心の中でスッポンポンになるほどに―――――!

一色先輩『キミの料理を食べた時、予感がしたんだ』

『キミというルーキーを引き金に、食戟の華、咲きみだれる予感が……!』

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 33

イメージ 34

 ナイフでけぇ!(解体用ナイフ)

『食戟』の予感
 えりなは、その実力と学園総帥の血縁をかさにきて、『食戟』をフルに活用。
 高校進学から一月と待たず、勢力を伸ばす。

 えりな様、次は私に任せて下さいませんか? ミートマスターと呼ばれる私が、名に恥じぬ完璧な勝利を!

 ケンカっ早く才能に溢れた創真に、食戟の活性化を期待する一色
 その望み通りかはともかく、食戟迫る!

 なおスペシャリテとは、いわゆる看板メニューの事。

次回、原作を少しアレンジしてお送り!

イメージ 18

イメージ 35

イメージ 32

 えりな様、後ろうしろー!

2クール確定!
 映像ディスクも予約開始し、ともかく六ヶ月作品と確定!
 でもアニメ一話=原作二話の現ペースだと
 残り原作40話分…?

 しかし原作48話といえば、ちょうど『××編』スタートのタイミングと一致。

 しかもストーリー上、40話~48話は新シリーズの準備回なので
 かなり中途半端になってしまうんですが…?

 次回、6品目「肉の侵略者」。