GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

俺物語!! 第4話「うちの彼氏」感想。春だなぁ、春は良いなぁ、猛男は本当にすごいなぁ…。

猛男、合コンへ―――。待ち受けていたトラブル(物理)とは!

イメージ 15

イメージ 1

 冒頭五分でひたすら笑わされた後、猛男というか、大和さんが「現実」を突きつけられる合コン回。
 これは悲しい…、と思ったら今度はビル火災発生って
 猛男、トラブルに愛されすぎィ!

 あのさ、大和さん今にも火の中飛び込みそうな勢いだから、なんとか早いとこ帰ってきてくれる?

お前居ないと、俺もつまんないし
 そんで、最後で「聞いてんのか!」と必死になった事まで含めて、スナもまたイケメンだった…!
 さすがに、今回は支えに来ないよなぁと思ったら
 電話でまでイケメン。

 胴上げオチを繰り返すアホ友人、根は素直な大和の友人、みんな良い奴らだったわ!

モブ『どんだけガタイ良いんだよ』『憧れるわー』『挑んでみようかな』

イメージ 2

 モブ男子の台詞に、あふれ出る女子力

春だなぁ…
 大和が、友達に頼まれ「彼氏の紹介」を兼ね、合コンを拓きたいと言い出し
 快諾した猛男だったが、やはり面食らわれてしまう。

 だが、彼女たちの蔑みの目も、結果的に二人の仲を深める事となり―――――。

 仲直りした二人の眼前で、今度はビル火災が発生。
 猛男の悪口で、大和を傷つけたと落ち込んだ少女二人が巻きこまれてしまった。

 猛男は身体を張って二人を助け出し、彼女たちの見る目を変える。

 次回、第5話「俺はニブイ」

通りすがり『あー! あたしの赤ちゃーーーん!?』

砂川『―――上に運ぶの、お手伝いするだけです』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 7

 好きだ!

日本の春、剛田猛男の春
 再スタートの第4話、猛男の不器用な優しさや、大和とのイチャイチャっぷりを強調するスタイル。
 猛男、好きだ!って言いすぎィ!

 そうだな、大和。ずっとこうしていられたら良いなぁ――――、好きだぁぁぁぁッ!

 傍目から見ると、事案一歩手前な凸凹カップル。
 付き合う砂川も良い男である。

 春の暖かさ、大和への愛しさ、猛男絶好調であった――――。

 好きだぁ!

大和『失敗~、緊張する~~~』

猛男『(俺は心臓が爆発しそうだぁ!)』

イメージ 6

 一緒に写メをとる姿も微笑ましいですが、猛男、フレームアウトしすぎだよ猛男!
 まったくデカい男だぜ……
※物理的に。

大和(電話中)『うん、そうだよ、カレシと一緒♪』

猛男『(カレシ! カレシ、カレシ、カレシ……! 胸が一杯だぁ!)』

イメージ 8

 また、大和に電話がかかってきて、猛男はまたも幸福を味わう――――
 と共に疑問を覚える。

 しかし、大和どうして俺がカレシでこんなに嬉しそうなのだろう……?

 猛男、不憫…!
 その境遇上、自己評価がとても低い猛男らしい疑問。ここも好感ポイントですが。

大和『カレシがいない人5人いて、ウチのカレシと友達に会わせてって…』

猛男『よし解った!(男の友達なら、多いほうだ!)』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

 男子勢、ねたむどころか胴上げするバカ野郎共!(褒め言葉)。

猛男、胴上げされる
 そんな猛男、クラスメイトを誘おうと説明したところ、話も終わらぬうちに胴上げ責めのファンサービス!
 猛男、どんだけ愛されてるのさ猛男!

 猛男、良い子の友達がみんな良い子とは限んねぇよ。良い子だから友達やれてる、って場合もあるよ?

 しかし砂川、冷静で残酷な指摘。
 その通りだ砂川…。
 
 スナさんの冷静な価値観、この辺、少女漫画らしいと思います。良い意味で。

大和『カレシの猛男くん♪』

猛男『こんにちはーーーーッ!』

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 クマかと思いました。アイキャッチも熊扱いでした。

混合
 実際に会ってみると、これまたフツーに微笑ましい女友達だったが、猛男の存在に凍りつき
 素早く砂川にターゲットを移してゆく。

 そういうの、店じゃなくてビル管理してる会社に言わないと。

 熊扱いされて笑いますが
 まさかと思った、「非常階段」関連が事故フラグだったのも驚きでした。前フリだったのか!

 そんで凛子の彼は、なんであんなに愛されんの…?

 ツッコミも的確であった……。

『アレ、栓抜きねーや……、すいませーん!』

猛男『開いたぞ?』

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

 猛男、それそういう作りじゃないから……♪

合コンはつつがなく
 やがて、猛男が素手で栓を抜く事件と共に合コン開始、砂川もスマイルを披露してしまう。
 迂闊だぞ砂川! それは破壊力が高すぎる!

 うちは作るほう! パウンドケーキ、色んな味でめちゃ焼いたっ!

 文化祭ネタも。
 大和、エスカレータ式の女子校なのか…?

 てっきり同じ学校かと。

菜々子『やば、コンタクトずれた。トイレで直してくる』

アユ『うちもー』

イメージ 19

 しかし、トイレに消えた友達が戻ってこないと心配し、大和と猛男も店外へ。
 結果、聞いちゃいけない会話を……

 なにあれ、ほんとゴリラじゃんね? あれがカッコイイとか凛子大丈夫かねー?

 トイレで陰口は基本。
 しかし、外まで届く声量は迂闊すぎる……!

 迂闊だったな、凛子の友よ……。

大和『かっこいいよ! すごくかっこいい!』

猛男『―――大和ッ!』

イメージ 20

 やまとりんこはにげだした! しかし、まわりこまれてしまった!

「無傷だ」
 怒り、猛男を傷つけてしまったと逃げ出してしまう大和だったが、猛男は慣れっこだった。
 むしろ「ありがとう」とさえ言う。

 人はそれぞれだ。人それぞれだからこそ、俺はお前に会えたんだ、大和。

 猛男でけぇ……。
 むしろ、そんなに褒めててくれて、ありがとうという猛男。

 加えて「慣れっこだ」とは一言も言わない、けっして同情を買おうとしない猛男。カッコイイ…。

猛男『(大和に会えて良かったと…、ずっとこんな日が続けば良いと…)』

モブ『火事だぁ!』

イメージ 21

 しかし、安堵した猛男がフラグを立てた瞬間トラブルが発生、今度は火事か!?
 早! フラグからトラブル早ァ!

『どうしよう!? トイレからまだ戻ってこなくて……!』

猛男『! ここで待ってろ、必ず連れて来る!』

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

 猛男が信じたとおり、悪い子ではなかった…。普通の子なのだ…。

炎のたからもの
 あの後、凛子を傷付けたと気に病んだ二人は、うっかり逃げ遅れてしまい火に巻かれていた。
 当の猛男は、迷わず水を被ると炎の中へ――――。

 大和、大和が送ってくれた写メの中でお前は楽しそうに笑っていた…、みんな、良い友達だ!

 砂川はああ言った。
 実際、猛男はひどい評価を受けた。

 しかし、大和を楽しそうに笑わせてくれる子達なら、悪い子のはずが無いのだ―――!

 猛男、どこまで熱い男…!

猛男『さすがに…、ここまでか。思えば最近、幸せすぎたな』

『大和、お前の為に死ぬなら、悪くない人生だ…!』

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 1

イメージ 31

 冷静に火を消そうとする砂川、そして右隣で感動する男衆が二人…ッ!

時には不死鳥のように
 結果、逃げ遅れ死を覚悟した猛男を奮起させたのは、砂川の電話だった。
 いつものように、何気ない声で電話する砂川。

 あのさ、大和さん今にも火の中飛び込みそうな勢いだから、なんとか早いとこ帰ってきてくれる?

 お前いないと、俺もつまんないし……
 おい聞こえてんのか!

 大和…、俺はお前が泣くのが何より辛い…、俺は生きるぞ…、生きて、この手で、幸せにするのだ!

大和の友達『間違ってました!』『いい男だ』『そしてアンタも良い子だ!』

『完全に、アンタしかみてねーだろ!』

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

 よっしゃ胴上げだ!(ドッスーン)!!

春だなぁ…
 火、湧き上がって土固まる、結果的に、猛男のナイスガイさは女性陣にも知れ渡り
 合コン事件は、大団円として終わる。
 良かったな猛男…。

 春だなぁ…、春は良いなぁ……、大和。

 良い話だった…
 そして、こんがり焼けて適切に穴が空いてるセクハラ火傷とか、突っ込みどころ満載!

 こんなん笑うわ!

次回、『俺はニブイ』。うん、知ってる

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

 猛男に一切の迷いが無くて泣ける。

大団円
 猛男が嫌われ慣れてると知らない大和が、必死になって抗弁するという温度差。
 受け入れる猛男、猛男の為に必死になる大和
 どっちも良い子だわ。

 早々に付き合いだす展開といい、砂川の台詞といい、少女漫画らしさが少し新鮮です。アニメ的に。

 今週、久々に猛男の愛されっぷりが強調されてて
 そっちでも笑えましたね!

 次回、第5話「俺はニブイ」