GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

HG カットシー ランナー写真。スイッチあり? 意外なキット化だって言ってんでしょ![Gのレコンギスタ]

『アーミィ』としての最初の量産機、出陣! バックパック切り替えスイッチ?

イメージ 1

イメージ 12

 動かせるカットシーと、エフラグを出せって言ってんでしょ!!

HG-13 カットシー
 完全新規、PC-002Aポリと軟質プラの関節を持つ最新設計ガンプラで、サーベルはSB-15(オレンジ)。
 ランナーは、バックパックと盾が除外できるスイッチがあり
 派生キットの目算がある模様。

 Gレコ公式にも載っていない「宇宙用」の、プレバン販売を見込んだものなのでしょうか?

 アレ、バックパック違ったのかなぁ……?
 HGUCズサのスイッチ同様、使わぬまま終わるのかもですが。

 手首は右の銃握り手、左右の平手のみで、左の握り手がないからちきしょう!

キャピタル政府が、千年振りの『軍隊』へ開発したモビル・スーツ

イメージ 2

 CAMS-01は不明。レックス・ノーでしょうか?

CAMS-02 カットシー
 第一話冒頭から登場するなど、序盤を代表する、キャピタル・アーミィ自慢の『軍用機』
 ですがご存知の通り、すぐにマスク部隊らに出番を譲る為か
 キット化される事なく終わるはずでした。

 Gレコのキット、グリモアなどの反響が良かった事で、ラインナップ拡充が為されたのだとか。

 その為か、活躍期間から遠く外れてのキット化。ファンへのご褒美と言えます。

極小シールは色分け良好の証。量産機らしいシンプル・カラー

イメージ 3

 ただし、「顔」はクリアパーツの上、もしくは下にシールを張る事で色を再現する仕様。
 クリアパーツは無色透明です。

 ここは、クリアグリーン成型+赤シール'''で良かった気もします。

ランナーA、B×2

イメージ 4

 A,ホワイト(+グレー少々)
 B、同上。

 Bランナーは同一が二枚。

 ご覧の通り、すねパーツが異なる派生機を出せる仕様が窺えます。

C、D

イメージ 5

 C,カーキグリーン+α
 D、同上。

 これまたバックパック部が除外できるよう、スイッチが入ってますね。

E×2、F

イメージ 6

 E,エアクラフトグレー+α
 D、同上。

 Eが同色二枚。
 関節などに使う軟質プラスチックランナーですが、いつもより青みがかったグレイです。

G1、G2、H1、H2、サーベル、シール

イメージ 7

 G1、無色クリア
 G2、グレー
 H1、ピンク
 H2、イエロー、

 SB-15ビームサーベル(Gレコ系の細く長いビームサーベル)。
 PC-002A

 スイッチが入ってますが、位置的に同じ金型で、色の異なるランナーを作る為っぽいですね。

派生キットが出るのかって聞いてんでしょ!

イメージ 11

 気になるのは、バックパックとすねパーツの特徴的な部分を除外して
 新しい商品を作れるよう、設計されている事。
 マークした部分で「除外」。

 一応、本編中でもちょくちょく宇宙に出てきてましたが、換装されていたんでしょうか?

 HGBFガンダムX魔王の新造部みたいに、放置されるスイッチは多いのですが。

『味方の量産機』『やられ役』として活躍した、初期型MS

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 物語の冒頭や、軍隊<アーミィ>を一般民が嫌う描写などが印象的。

防空用モビルスーツ
 政府が、『軍隊』を現代に復活させるにあたって、初期に開発・量産した主力機。
 その思想は、大陸間の戦争からの防衛用。

 アメリアなどの国が、千年振りに軍隊と戦争の概念を復活させ、活発に争い始めた中での防衛戦力。

 既存の『レクテン』、その改修機『レックス・ノー』に地上を任せ
 軍拡競争に、空から対抗すべく作られた。

 ご存知の通り、キャピタル周辺は広大なジャングルであり、航空戦力は必須だったと言って良い。

クリム『ジャベリンは、こう使うッ! ――――しまった!?』

デレンセン大尉『なぁにがジャベリンよ!』

イメージ 13

 特に、クリム回=トイレ回で大活躍! モンテーロと因縁深いキットだなぁ!

デレンセン教官殿!
 本機は、戦いに不慣れな「軍隊かぶれ」の象徴とも言い換えられ、基本『ヤラレ役』に終わった。
 が、第三話では、カットシーがボロキレの如く落とされる中
 食い下がった教官が居た!

 動かせるカット・シーと、エフラグを出せって言ってんでしょ!!

 天才クリムに一撃を加えた数少ないパイロット
 だが、不意をつけたのは自由落下、後先考えない蛮行ゆえで、G-セルフが間に合わねば死んでいたはず。

 もしここで間に合わなかったら、ベルリもトラウマを負わなかったのかもしれません。