GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ミカグラ学園組曲 第4話「無気力クーデター」感想。結成、放課後シックス! 早くも開戦!

演劇部回。いや、もう良いから入部しちゃったらどうかね!?

イメージ 15

イメージ 22

 完敗を経て、演劇部に特訓を仕込んで貰い、早くも「ルーキー戦トーナメント」に突入!
 赤間先輩の和解、尊敬してました宣言といい
 とにかく展開が早い!

 そんなこと気付いたからって、友達じゃなくなったりしないよ?

確執、解消
 エルナと演劇部の親和性が高すぎて、最後までカオスだった!
 欲を言えば、気付く描写がもっと欲しかった気も。

 素の自分は嫌われると思い、わざと社交的な性格を装っていた赤間先輩回、これにてコンプリート!

赤間『欠落のある出来損ないだから、必要ないんだ……!』

イメージ 2

 両親が離婚した際、母は弟だけを連れて出て行った。

完勝オープニング!
 演劇部の赤間は、弟と両親にトラウマを持ち、周囲を欺いて生きようとする少年だったのだが
 エルナを見かねて手を貸したことから、彼女にトラウマを見抜かれ
 部員全員が、実は解ってて共に過ごしていたと知る。

 能天気なエルナは、そんな風に一人の少年を救った等とは露とも知らず、ルーキー戦に参加。

 緒戦で、寝袋同盟の花袋と激突するも
 訓練の甲斐あってか、久しぶりに「オモチャの銃」を発動、快勝する!

 次回、第5話

赤間『そうだ…、これは無気力な、一人ぼっちのクーデターだ!』

イメージ 3

イメージ 4

 クーデター、既存の「権力側」の一部が、暴力によって政治的主権を奪う行為……?

開幕サブタイトル
 本来、赤間は「非社交的な少年」で、真逆の明るい弟を愛していたのだが
 両親が離婚し、弟だけが母に引き取られた事で
 自分の暗さに否定的になる。

 高校では、明るい自分を演じてグループを築いたが、弟そっくりなアスヒの存在に動揺

 演劇や「視覚を欺く」能力、アスヒへの態度、なるほどねぇ……。

エルナ『今日から私、ルーキー戦に向けて頑張りますっ!!』

イメージ 5

 一方主人公、朝から妄想したあげく階段から蹴り落とされ、朝食は「骨」のファンサービスの嵐。
 落下作画、戦闘作画より良いじゃないか!
 可愛いじゃないか!

 そして、犬扱いされてもめげない強メンタル!

 さすがですエルナ様!

エルナ『テンションマックス! いっえぇぇぇぇぇぇぇぇ……、アレ!?』

ひみ『残念無念! また来週ー!』

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 ひみ先輩、ホントにここで今週の出番終了であった。。。

つって!
 その後、早朝からひみ相手に模擬戦をしていたエルナだったが、「必殺技」が発動しない
 が、彼女を気に入ったという演劇部員が提案を。

 そーだー♪ 対抗戦の初心者向け講座を開いてあげるのはどうかなー?

 なんて気前の良い。
 というか、もう部に入れてあげなさいよ!

 そして「っつって!」さんはキャラを作ってたとかなんとか。

アスヒ『先輩、あ、あの、きのうは済みませんでした!』

イメージ 9

 そのまま模擬戦室でダベッていると、赤間の弟と、笑顔も優秀さもそっくりなアスヒが現れ
 思わず動揺、エルナに凝視されてしまう。

 この時、「エルナが勘付いた」と赤間君は気付いたわけね。

 察しが良い子だわ。

一同『『放課後シーーーーーーーーックス!』』

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 エルナ、放課後いとこんにゃくって階級ですらないよ!?

演劇部騒乱編
 かくして、演劇部と合同練習になったエルナだったが、別に特殊な事をするワケでもなく。
 劇を演じて、テンション上げて
 そして不発を繰り返す!

 放課後シックスの台本っていうか、赤間くんがそれぞれに合わせて書いてくれたマニュアルです!

 まったく成長しないエルナ
 まったく懲りない悪びれないエルナ!

 この子、メンタル強すぎィ! て赤間くんも面倒見良すぎィ!!

エルナ『先輩のキリング・アートって、どんな技なんですか?』

星鎖『―――それについては話したくないわ』

イメージ 16

 ただし、空気を読めなさ過ぎるのが難点で、星鎖のトラウマに言葉をねじ込むファンサービス。
 能力自体、彼女のトラウマらしい。

 元は美術部?

 しかし、第一話冒頭で戦ってたのは「写真部」っぽかったですが…?

うさ丸『そう、スーパーミラクルマン的な!』

赤間『!』

イメージ 17

イメージ 18

 また、腹ごしらえの際に「弟が好きだったヒーロー」の名前が飛び出し、またも赤間クラッシュ。
 トラウマ回である。

 エルナ、この二回の流れで気付いたのか…?

赤間『珍しいねぇ、学園に来るなんて?』

星鎖『珍しいわね、あなたが独りだなんて?』

イメージ 21

 そんなトラウマ二人は、辛い過去を呼び覚まされたらどうする?という赤間の問いに
 星鎖は、過去を忘れてしまえばいいと断言。

 対する赤間答えず黙したまま――――

 トラウマだけど、けれど幸せな思い出だから、ってところでしょうか…?

赤間『一宮ちゃんはさ、気付いてるでしょ…?』

エルナ『そんなこと気付いたからって、友達じゃなくなったりしないよ?』

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

 アスヒ君、まさかのホントに「似てただけ」

発展的解散
 その後、エルナが自分の正体に気付き、それでも「自分を嫌わなかった」事を問い詰めた赤間
 きっと部員全員が気付いてるよ? と軽く返される。

 お前さ、似てんだよな。俺の弟と――――、せいぜい、頑張れよ?

 出会ったばかりのエルナが気付いた
 付き合いの長いメンバーなら、とっくに気付いている。

 結局、自分こそ周りを信じていなかったと気付いたのか、赤間君は少し優しくなるのだった。

めいか『いつか戦いたいと思ってましたけど、こんなに早く機会が来るなんて!』

『良い戦いにしましょう!』

イメージ 1

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

 数少ない一年生キャラ、めいかが早くも脱落…!

決戦!寝袋同盟!!
 翌日、ツンデレと化した星鎖先輩が見守る中、エルナは寝袋同盟の花袋と激突!
 描いた軍馬を、次々と実体化させる術に苦戦する。

 出来ればこれを使わずに勝てたらと思ってました…、キューティーインクッ!

 技名が横文字!?
 基本、ひみの技と同様。

 が、戦いの中でテンションが上がったエルナは、「おもちゃの銃」を発動、長距離から一撃で決める。

正直『楽しいね!』のエールを交わすには早かったよ!?

イメージ 19

イメージ 20

 この筆、墨汁何本必要なんでしょ。

緒戦、快勝!
 なんと、まだ「どんな部を作るか」すら決まってないのに、始まってしまったルーキー戦!
 しかも顔なじみと激突、後は演劇部くらいしか……!?

 これはアレか、ここで紫ツインテールさんと激突するのでしょうか?

 フツー、二話ぶんくらいありそうな内容を
 ギュッと一話に凝縮!

 とりあえず、放課後シックスに振り回される赤間先輩も可愛かった!