GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

プラスティック・メモリーズ ♯4「うまく笑えなくて」感想。悪い想い出は、最悪の想い出に……!?

危機感を煽るラスト。次回、マーシャの運命はやはり……!?

イメージ 1

イメージ 30

 技術実現に伴う、アンドロイドチルドレン・闇回収業者の二つの社会問題と、ミチルの事情が掘り下げ。
 歳相応に、ついついツカサを意識しちゃうミチルかわいい!
 なんて言ってられないラスト…!

 ギフティアをSAI社と偽り回収する偽業者、果たしてマーシャを守りきれるのか…!?

「アイラ視点」で人間視点
 また面白いのは、「思い出なんか要らない」と、人間側が言い出すというケースである事。
 本当にケースバイケースなんですよね。

 思い出を拒絶するアイラが共感し、彼女の心境変化へと繋がるのも面白かったです。アイラ可愛い。

アイラ『おはよう』

イメージ 2

 おめでとう! 初の「職務外コミュニケーション」だ!

思い出を引き裂く仕事
 ツカサとアイラは、三年前に両親を失い、ギフティア「マーシャ」に育てられている少年ソウタに
 やむなく、彼女の回収を告げに向かったのだったが
 逆に「早く回収して」と返される。

 ソウタはマーシャも自分を置いて行ってしまうことが、悲しくてならなかったのだ。

 マーシャをウソつきと責めるソウタだったが、同じくギフティアに育てられたミチルも協力し
 幼い頃の思い出を再現、心はずっと傍にいるとソウタを励ます。

 ソウタとマーシャは仲直りしたのだったが、SAI社職員を名乗る「闇回収業者」が現れ―――――。

 次回、♯05「守りたかった約束」。

ミチル『うるっさぁい!』

ツカサ『聞いてくれっ! 今、おはようってアイラがッ!』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 ホント、毎週怒鳴り込んでくるミチルが見逃せない。

一歩前進と新たなトラブル
 あれから、アイラは私生活でもコミュニケーションをとってくれるようになり、欣喜雀躍のツカサ。
 仕事もより難しいものが回され、展望が開ける。

 しかしSAI社を騙って、違法に回収していく業者への注意喚起が――――。

 第1話、婆ちゃんに「人格だけリセットすればまた使える」
 そう言ってたのはコレか……。

 ボディ自体は耐久性が良いらしいですね。

カヅキ『……って、ヤスタカは?』

シェリー『連絡が付きません。担当分は私から伝えます』

イメージ 7

 また、ミスター昼行灯が席を開けているのが不気味ですが、果たしてどんな理由なのか?
 とりあえず「実は敵だった!」をやらかしそう

 事実上のリーダー、カヅキさんって隙が多い人っぽいですしね。

ツカサ『アンドロイド・チルドレン?』

イメージ 8

 もう一つの社会問題、ギフティアが親代わりとなるケースが出てきているというもの。
 親を失う子供へのケアは、通常より難しい。
 生活能力とか。

 今回のケース、ソウタ君は三年前に両親を失ったらしい。

マーシャ『ようこそ! ターミナルサービスの人、だよね♪』

ソウタ『――――すぐ連れちゃってよ! もう要らないからっ!!』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

 なおソウタ君、CV:福圓美里ジョジョのイギー(犬)である。

ああ意外
 しかし、ギフティアのマーシャは「悲しいけど仕方ない」と受け入れており、二人は困惑。
 どころか「借主」ソウタも、早く持って帰れと迫る。

 ずっと一緒に居てくれるっていうのもウソだったから、きっとウソに決まってる!

 なるほど…。
 それは後で後悔するぞ少年。

 さすがに、こんな状況で連れて帰るわけにもいかず、ツカサ達は転進する。

ミチル『――――なんとなくわかる気がする』

イメージ 13

 ソウタは、「ギフティアに寿命がある」事をつい最近まで知らず、大きなショックを受けたらしい。
 なぜか、ミチルは彼の言葉を代弁し――――。

 自分が何者なのか解らなくなるって、かなりの恐怖よ

 両親を失い姉も回収、子供ながらに大きな衝撃に「みんな自分を騙してた」と、現実を拒絶する。

部長『必要経費が、キミのところだけ他の五倍もある!』

イメージ 14

 一方、本部では課長が言葉責めの真っ最中、部長さん厳しい人だったのか……。カニ頭なのに。
 ツカサをコネで入れた人ですね。

 というか経費五倍って、そりゃ本部も文句を言うよ!

 どうやって改善するのか?
 また、こんな厳しい部長がコネ入社なんてさせたなんて、もしかして何か事情があるのか?

ツカサ『ソウタくんは、この時の事も覚えていない……?』

マーシャ『やっぱりショックだったのかもね…、ずっと塞ぎこんでたから』

イメージ 15

イメージ 18

イメージ 19

 マーシャ、cv能登さん「保護者役」がすっかり板に付いた感がありますね。

ミチルの共感
 ツカサへ、「愛されてたって、信じさせる事」が鍵だと教えたミチル、彼女も同じ境遇だった。
 彼女は父子家庭で、父がギフティアだった。

 思い出なんてみんなウソだ! 誰が信じるもんかっ!!

 ソウタを放っておけなくなり
 ミチルも、ボランティアで「誕生日パーティー」の支度に協力。

 鍵はソウタが忘れてしまった、思い出のケーキを再現する事だと逸るのだったが――――。

アイラ『これは、ソウタにとって本当に幸せなことなの?』

イメージ 17

 しかしメンバー中、アイラだけは「ソウタの拒絶」に共感を覚えていた。
 別れを前に、思い出を作りたくない。
 それはアイラも同じだ。

 この行為はソウタとマーシャの別れを、より辛くするだけじゃないのかと口にしかけ、飲み込む。

回想カヅキ『お前と一緒に仕事をした思い出は、忘れないよ』

『でも、お前とはもう組まない。お互いに、その方が良いだろう?』

イメージ 16

 また、回想でカヅキさんが別れを切り出していましたが、それが完全にカップルのそれだった
 それはともかく!

 やはりアイラとカヅキはパートナーで、あの遊園地で解消した

 その理由とは?
 OPで、笑っているアイラと同じ服装なのも、ちょっと意味深ですね。

ミチル『これだから素人は……、強く振りすぎなのよーーーっ!』

ツカサ『ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃっ!?』

イメージ 1

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

 一方的に意識するミチルさん、可愛すぎ問題。

「放浪者<ワンダラー>」
 また、自分もアンドロイドチルドレンだったと明かしたミチルは、もう一つの問題も口にする。
 期限を越えたギフティアは、最悪のケースに陥るのだ。

 私の時はソウタ君とは逆だった。必死につなぎとめようとしちゃって……、“ワンダラー”に。

 記憶が完全に壊れ、獣と化すケース。
 人を襲うこともある。

 気になるのは、「普通、身体能力は劣化しない」という事。アイラは特殊なのか?

ミチル『って、なんでアンタがそんな顔してんのよ!?』

ツカサ『―――ミチル、ごめん、俺、知らなくて…』

イメージ 23

 そしてミチルに共感してボロボロ泣き出すツカサ、マジで良い子ですわ。
 人の痛みに敏感な子。
 いい子だ。

 絵的には完全にギャグだけど!

 今週、調理技術が壊滅的だったり、何かとツカサもかわいい!

ザック『ミチル、今回やけに面倒見が良いよね、そう思わない?』

イメージ 24

 あとザック君、「ミチルはいつも自分を可愛がってる」とか、ツカサが変な本買ったと告げ口したり
 どーも、ツカサに嫉妬してるっぽくて可愛い。
 無意識っぽいし。

 普段、彼女を「からかう側」と自認しつつも、意外に彼女に依存してるタイプっぽいぞ!

アイラ『―――ザック、この顔どう思う?』

ザック『けっこうキモい♪』

イメージ 25

 そしてマーシャさんに促され、今週はずっと顔芸してたアイラさん。
 かわいい(断言)。

 が、笑顔になりたい動機はどうなんですかアイラさん?

 ともあれ、OPの笑顔につながるのかしら?

ソウタ『“こんなことしないで”って、言ってるんだよっ!』

『どうせ僕を置いてみんないっちゃう! こんなウソばっかりのお祝いなんて…!』

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

 おいていってしまう、けれど「愛していない」訳ではない。たったそれだけの事なのだ。

ずっと傍にいるから
 ソウタ君は最初こそ嫌がったけれど、ケーキをきっかけに幸せだった記憶を思い出してゆく。
 マーシャは、自分も両親もいなくなってしまうけど
 ずっとソウタを想うと告げる。

 少なくともマーシャとは仲直りできただろ? 悪い思い出のままで終わるよりは、ずっと良いと思わないか?

 若手コンビ×2の奮戦は
 ソウタとマーシャ、二人の別れを「悪い想い出」にせず済んだのだった。

 済んだはずだったのだが――――

ソウタ『え…? ツカサさんやアイラさんは?』

錆鼠『その人らは急用が出来てねぇ、私は代わりの者なんだ』

イメージ 31

 しかし、今回の件を“悪い想い出にせず済んだ”というツカサのモノローグと共に
 ソウタ少年は、闇回収業者に丸め込まれてゆく。

 何せ相手は百戦錬磨で、ソウタはただの少年に過ぎず――――。

 正規回収日の前日。
 既に役目を終え、ツカサたちが再び訪れる理由も「普通は」無いハズですが……? 

予告ツカサ『料理の腕前って、食べてくれる人がいると上達するのかなぁ?』

イメージ 3

イメージ 6

イメージ 21

イメージ 23

 予告は公式で配信中 http://www.plastic-memories.jp/

新トラブル「闇回収」
 今回は、新しいトラブルの勃発で前後編チックに展開したプラスチック・メモリーズ。
 予告では、厳しい顔で「音声」を聞いている面々が…?

 ただ、闇回収といったって「人格を初期化できる技術力」がないと、商売にならないはず。

 第一話に寄れば、まだSAI社が独占状態らしいですし
 回収の効率化も急いでます。

 となると実は本社の別働隊だったケースを連想しますが、さてはて……?

 次回、♯05「守りたかった約束」。
 予告カットが真剣!