GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

超戦士ガンダム野郎 新装版4巻[やまと虹一]感想。見参、四代目大将軍! SD連合編終結

 改造ガンプラを作り出し、そのデータで戦いあうプラモ・バトル漫画、その新装版!

SD仮面とロマが手を組んだ!? 最強陣営と最強将軍、決戦の4巻!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 1

※画像右下隅クリックで拡大。

 前巻、パワーインフレを起こした超絶ボス“ガンキラー”を打ち破り、更なる決戦へと臨んだ巻!
 千生将軍も、必殺のサラマンダー・トップ形態へ進化し
 素晴らしいデビュー戦でしたね!

 その後、最強の大将軍とも謳われた「四代目」を巡っての抗争がまた激しかった!

サラマンダートップ!
 コレ、後にキット化もされたんですが、更なるパワーアップ形態を前提にしていたので
 本形態だと残念な感じでした。

 肩なんかから解るとおり、ベースはF91なんですがスゲェデザインですわ。

レッドウォーリアも更なる進化! 紅戦士シリーズ三機登場!

イメージ 4

 実はコレ「フルアーマー」で、装甲を外すとノーマルに近いのが入ってるという。

炸裂! SD魂!!
 復活した大河のパワーも相まって、ロマ家の「ガンキラー」を打ち破るG研メンバー!
 だが彼は、かつて倒したSD仮面=スミス大薫と手を組み
 更なる大暗黒SD連合を結成。

 無数のガンキラーと、強度4000を誇る怪物、悪の手に落ちた大将軍の猛攻!

 だが、彼ら自身の仲間割れと
 奪われた大将軍が、本来の姿を取り戻した事で状況は逆転!

 平和を取り戻した大河達は、F1レースを取り入れた「バトル=サーキット」で更なる開発に挑んでゆく。

今巻のゲストは「紅武者」「ガンキラー」などの生みの親!

イメージ 5

 メカデザイン担当、やまだたかひろ様。

まさかのライジンオー
 巻末、本作オリジナル機の多くを手がけられた、メカデザ・やまだたかひろ氏のインタビューが。
 ガンダム的には、馴染みがないお名前ですが
 少年作品で有名な方。

 この方がデザインされていたのか!

 近年、アニメ現場で「ガンキラーのデザインをした」等の話をし、若手スタッフがビックリしたとか
 非常に微笑ましいエピソードが掲載。

 歴史を感じますね。

その「ガンキラー」、驚きの量産開始!

イメージ 8

 そのガンキラーですが、敗戦後は量産機となり、有名無名問わず多くのプレイヤーが使う展開に。
 あの強敵が、凄まじい数で押し寄せてる恐怖!
 支部とか一瞬で壊滅です。

 これを「格下げ」と見る向きもあるかもしれませんが、個人的には好きな展開。

 その場の改造で、あっさり1000越えしたのはどうかと思いますけど!

ボスユニット夢のコラボ、『大暗黒帝デラーズ』出陣!

イメージ 7

 直後、ガンキラーと合体し『SDスピリット4000』を誇る超怪物へ。

闇の最終兵器!
 あとコレです、当時のSD大ボス『闇皇帝』『フューラーザタリオン』の二つを合体させたという
 非常にシンプルなラスボス機、これ好きなんですよねぇ。
 実際には足が貧弱になっちゃうんですが。

 こんなデカイものを作りやがって、資源の無駄だぜ!

 とかいう大河の台詞がまた良いんだ!
 実際は、中に「本命」が入っている前座機なんですが、ボス同士の合体ってアイデアが好きです。

収録

イメージ 6

 コレも大好きなんですが、当時の水準でもキットの体型がイマイチで……。レジェンドにならないかなぁ……。
 
 KCDX復活ボンボンシリーズ「超戦士ガンダム野郎 新装版 第4巻」。やまと虹一先生。
 原作:クラフト団、講談社発行。
 2015年4月発売(隔月発売)

 月刊コミックボンボン 1991年6月号~1992年3月号掲載

 第30話「罠! 闇のオリ」
 第31話「“北海のシャア”の挑戦!」
 第32話「真のSD戦士!!」
 第33話「ガンキラーの逆襲」
 第34話「狼馬舞留人の秘策」

 第35話「大暗黒SD連合の挑戦」
 第36話「闇からの使者デラーズ!」
 第37話「大暗黒SD連合の最期」
 第38話「最強の武者誕生!」
 第39話「千生将軍vs千壱将軍」

 新装版記念「特別インタビュー 第4回 やまだたかひろ様」

 結成早々総力戦をやって消滅する大暗黒SD連合
 ロマ自体が出てから日が浅かった一方、ダイクンもずるがしこさが先行し、やや残念な連中でした。

 とは、あくまで終わってみてからの印象。

 ガンキラーの量産に、SD指数4000&吸収能力付きのデカブツ&悪の大将軍投入など
 とにかくパワフルに盛り上げてくれた!
 それは確かでした!