GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

うみねこのなく頃に散Episode7 最終 9巻[水野英多 ]感想。奇跡と種明かしの物語、これにて完結…!

 無数に描かれた本シリーズですが、私は夏見先生版&水野先生版のみ購読。

唯一“ベアトが幸福な人生を歩んだ”レアケース、これにて完結

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 1

※画像右下隅クリックで拡大。

 ざっくり言えば、「この後、めちゃくちゃ惨殺された」とかいうバッドエンドで完結。
 シリーズ上、当然とはいえ悲しい結末……。
 久々の出番だったのに!

 ベアトの正体など、ファンタジーめいた事件の「種明かし」を行うと共に、レアケースを描いた作品。

「理御」の奇跡
 結局エンジェは実母が最悪の人物で、憎んだ義理の母・エヴァがこそが自分を愛していたと知り
 身を投げて死ぬ、という規定路線を全うするなど
 救われないラストに。

 リオン共々、とことん救われないラストですが、果たしてepisode8はどうなるんでしょう?

「レアケース」終焉

イメージ 6

 そして「主」は眠ってしまい、物語はエピソード8へ。

種明かしの果てに
 魔女ベルンカステルが見せていたのは、「ゲーム」ではなく「真実」だとリオンは受け止める
 彼女は、エンジェとリオンに真実を明かす事で
 ベアトに復讐を果たしたのだ。

 ベアトリーチェへ、お前が幸せになる結末など存在しないと見せ付けるベルンカステル

 以上の顛末を語ったベルンに、彼女の主「アウローラ」は満足して眠りにつき
 解放されたベルンは、今度は自らゲームを始める。

 エンジェとリオン、二人は真相を知り辿るべき死を辿り、7番目の物語は終わる――――――。

ベアトリーチェは、どんな人生を辿ろうと幸福にはなれないのか?

イメージ 5

 今シリーズの新キャラ「リオン」は、ベアトが唯一「当主の子」として生きる幸福な可能性。
 それすら、親族の恨みを買って殺されると判明。

 今作は、ベアトは絶対に救われないと断言する為のお話だった、と。

 使用人「シャノン」として生きた場合も
 バトラに、悪意ゼロで、徹底的にもてあそばれてしまう悲しい運命だとも判明しましたし。

 ホント、アレはバトラさんの株を下げた! 持ち直したけど!

今シリーズラスト、最強の存在感を見せた『母』

イメージ 4

 キリエさんも、こういう考え方もあるんだなぁと思うしか無い、圧倒的ゲスキャラさ!
 合理的に考えていく様は素晴らしい凄みでした。

 その合理性も、ルドルフへの揺るがない愛ゆえにだというのも複雑。

 それでいて。
 彼が死んでしまったと知れば
 もう自由だ、さっさと次の人生を歩もうと言い出すへこたれなさといい、恐ろしい強メンタルでしたね。

 強い強い愛情を持っていたけれど、その為に、自分を捨てるような真似はしないという。

収録

イメージ 7

 巻末は心温まるオチでしたが、どこかの黄金郷は果たして成立しうるのか…?

 ガンガンコミックスJOKER「うみねこのなく頃に散Episode7、9巻」。2015年4月発行(前巻2014年12月)
 原作・監修:竜騎士07。作画:水野英多
 月刊ガンガンJOKER連載。

 第44話「加速する惨劇」
 第45話「決着、生き残るのは…」
 第46話「あの日起こった事」
 第47話「逃れ得ぬ運命」
 最終話「希望の先に」

 巻末にオマケ漫画あり。