GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

東京喰種:re 1巻[石田スイ]感想、あんていく炎上から2年後、リ・スタート

 人を喰う怪物「喰種」が闊歩する世界を描く、東京喰種の続編。アニメ1、2期の視聴のみ。

ホント、彼は何処でも幸福になっちゃう子だわぁ……(そして悲劇へ)。

イメージ 2

イメージ 1

※画像の右下隅をクリックで画像拡大。

 原作未読・アニメ視聴者ですが、ちゃんと話は繋がっているらしく面白い東京喰種続編。
 台詞から見るに、あんていく炎上から2年を経て
 CCGに就職していた模様。

 カネキは全ての記憶を失い、「半喰種の捜査官・佐々木ハイセ」としてCCGの一員に――――。

まずは結束だ!
 一巻は、ハイセ率いる「CCGの新兵器たち」の共同生活と、彼らにハイセが認められるまで。
 その中で、ニシキ先輩やアヤト君、ヨモさんなどなど
 既存キャラも続々登場。

 最後の最後で、満を持して董香ちゃんも登場し、さてさてどうなるのか…?

CCGテスト部隊「クインクス」リーダー、ハイセ

イメージ 3

 特殊処理の上、クインケを体内に埋め込んだ次世代兵士。「半喰種」とまではいかない水準。

「佐々木ハイセ」という男
 CCGは、クインケをより自在に操る「内蔵型兵士」を開発、テスト部隊「クインクス」を新設した。
 佐々木ハイセは、それとはまた異なる出自を持つが
 彼らの指揮官に任命される。

 一癖も二癖もある四人を率いるハイセは、当初はナメられていた

 だが、彼が「喰種化手術を施された人間」であり、そのリスクを負って彼らを助けた
 その人格、強さに、クインクスのメンバー達は惹かれはじめる。 

 新たに追う喰種は「ナッツクラッカー」。

 その捜査の途中、メンバーはreという名前の喫茶店へと足を踏み入れ―――――。

『手足をもがれても、逃げろ!』

イメージ 4

 今のハイセ=カネキを、端的に表した一言。
 彼らしいですね。

 記憶を失おうがカネキはカネキで、彼らしく周囲へと溶け込んでゆく

 さて、どういう風に人格統合されるのでしょうか?

推定能力「Sレート以上」の強力喰種“オロチ”、その正体は…!

イメージ 5

 クソ錦先輩! 新キャラ勢を一蹴し、メチャクチャ強くなった事をアピール。超強いッス!

喰種狩りの喰種
 あの後、錦は「オロチ」と呼ばれる超強力喰種となり、アオギリとは距離を置いている模様。
 董香ちゃんたち、新生あんていく一派なのか?

 その一方で、成長したヒナミ=フエグチは「アオギリ」所属となった模様。

 月山さんはすっかり塞ぎこんでおり
 彼に心酔する新キャラ、叶くんを哀しませ、結果「24歳のマスコミ小学生」堀ちえを動かしている。

「佐々木ハイセ」は幸せである

イメージ 6

 真戸アキラを直属の上司に、亜門くんとも知己らしき描写があるのも気になります。
 亜門君、アニメ版とは異なるのでしょうか?

 また、巻末にはこんなノリの四コマが沢山掲載され非常にお買い得。

 アニメ二期、Cパートがなくて寂しかったんですよねぇ…。

収録

イメージ 7

 ラストシーンでは董香ちゃんとヨモさんが登場、兄妹として「喫茶店re」を経営している。

 ヤングジャンプ・コミックス「東京喰種:re 1巻」。石田スイ
 週刊ヤングジャンプ連載、集英社発行。
 2014年12月発売

 1:骨
 2:委舵と畏蛇
 3:鐘
 4:未と師、視と屍
 5:執徒
 6:握人への悪賭
 7:昧人
 8:代行者
 9:継情