GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

腐らんす日記 1巻 [ヤス&大清水さち] 感想、単行本が10巻も遅れるフランス暮らし。オタク少女の日常漫画

 フランス出身・フランス在住、オタク少女4人の日常漫画。

地方在住オタクに懐かしい共感。秋葉原! なんて尊い響きだろうか!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 1

イメージ 5

※画像右下隅クリックで拡大。

 言うほど腐ってないというか、別に腐った話題をしてる訳でも無い、オタク少女四人の日常漫画。
 進撃の巨人など、一週遅れの単行本に「もっと続きが読みたいねー」とか
 秋葉原って行きたいねー、ってな日常。

 とらドラの挿絵、じょしらくの漫画を担当した、ヤス先生が作画担当なので、ノリも良く似てます。

次巻、決戦の秋葉原
 そんで次巻は、早くも『日本行き』チャンスが訪れましたが、チケットが二人分足りない!
 さて、一体どうするんでしょう?

 とりあえずアメリ可愛い。
 そして、一昔前の地方オタクに共感できる作品。東京は遠い。

しかしアレだ、三人のバックボーンがやや重いのは誰の趣味だっ!

イメージ 7

 アメリ姉ちゃん、驚異の表情修正術。

ツイン・シグナル
 また、原作『大清水幸先生』だったのもポイントですけど、別にフランス暮らしじゃない……?
 とりあえずツイッターされてましたが、元気に艦これと刀剣なんとか。
 お元気そうで何より。

 そしてFateネタ。

 なんかわかりませんが、絶好調そうでなにより。

収録

イメージ 6

 基本、同じ講談社のネタは実名、某忍者漫画は『チクワ』として……。くっくっく何の事かなぁ?

 ヤンマガKC「腐らんす日記 1巻」。原作:大清水さち、作画:ヤス。
 ヤングマガジンサード連載、講談社
 2015年4月発売。

 第1話「推しの王子さま」
 第2話「恐るべき原書たち」
 第3話「忍じん」
 第4話「猫の寝室」
 第5話「比類なき放課後」
 第6話「地獄での一料理」

 作者様コメント、オマケなど特に無し。カバーが『オーベルジュろわぞぶりゅ』を思い出しますね。

■関連記事
 なし