GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ジュウドウズ 最終巻 [3巻 近藤信輔]感想。“ご先祖様”の描きおろしを65Pも収録! 伊っ達伊達な最終巻だった!

 人知を越えた超・柔道バトル漫画。

風呂敷畳まぬ最終回! 先生の次回作にご期待ください!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 5

※画像右下隅クリックで拡大。

 風呂敷を畳まず、勢いよく広げるかのごとく駆け抜けた最終巻、これにてジュウドウズ未完!
 大量の作者さまコメント共々、ここからがクライマックスだ…!
 ってなところで、一気呵成に終了。

 巻末は、本編で殆ど描けなかった「兄貴」そのままのご先祖が活躍する、関が原の戦いを収録!

人間って思った以上に
 単行本だと、漫画単体以上に作者さんに思い入れますし、本当に買って良かった最終巻。
 カバー下までぎっしりで、応援したくなります。

 描きおろしもまさかの伊っ達伊達だし、ご先祖様もカッコよかった!

ジュウドウズ第3夜、「兄と互角」の最強男が参戦……!

イメージ 1

 一気にスケールを広げた後、最後まで諦めない熱い最終話だった!

「最強」を目指して
 柔道の「足払い」を極めた達人、斗賀歩武を倒した華は、第2夜終了時で単独トップに立つ。
 が、突然帰省した兄、“村の創始者の生まれ変わり”とも謳われる
 最強の男『柳陽志』に、野試合で瞬殺される。

 兄は所用で帰省しただけだったが、続く3夜からは、かつて自分と同等だった男が現れると忠告。

 同じ柔神の血を継ぐ、十の村の強者が集う“ジュウドウズ本祭”への挑戦権を得るべく
 華は、村最強の男『王屋主水』に挑む――――。

 本祭参戦、たった5枚の切符を賭けた、熱い夜はまだ終わらない(完)。

村の「最強戦力」は、実は第3夜まで参戦しないシステムと判明

イメージ 7

 既存の村人ではまったく歯が立たない最強戦力、展開がやや単純だったのは確か。
 かといって、漫画アニメが大量に作られまくった現代
 新しいパターンも難しいですよね。

 新しく新鮮で、かつ唐突なだけでなく納得・共感できるストーリー

 本当に創作は難しい。
 でも作者さんの、「初めて柔道で人を投げた時の感覚、驚き」原体験って、素晴らしいと思うのです。

 投げた当人が感じた驚きを、読者に、絵を通し共感できる形で感じてもらう……?

描きおろしの一コマ、どっかの「主」とそっくりなあの人に

イメージ 6

 前作「伊達先輩」を読んでる身には超面白かった描きおろし。

敬意
 読みきり面白かったですけど、特にグッときたのがこれ、幸村公に敬意を示すワンシーン。
 本編でもそうですが、敬意を持つ強者って好き。

 ただアレです、読みきりだと武蔵が瞬殺でちょっと悲しかった!

 尺的に仕方ないし
 見せ場として、必要だったのはわかるつもりですけどね! ずんだー!

収録

イメージ 4

 読み切りラストシーンにて、家臣一同合同切腹とかいうフレーズは卑怯。笑うしかないでしょ!

 ジャンプコミックス「ジュドウズ 最終巻(3巻)」、近藤信輔
 週間少年ジャンプ連載、集英社発行。
 2015年4月(前巻3月)

 第13話「思っていた」
 第9話「ハロゥ、ベイビィ」
 第10話「風、一陣」
 第11話「死んで来い」
 第12話「王屋十折」
 最終話「受けてきたモノ」
 
 特別編「ジュウドウズ外伝 柔も轟に」
 カバー下も含めてオマケページが多数で読み応えがありました。特にカバー下。

 先生、お疲れ様でした。