GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

食戟のソーマ 1品目「果てなき荒野」感想、学園“料理”バトル開始! cv銀河万丈氏、まさかのナレーションで登場!

想像以上にバカバカしい! 現役ジャンプ漫画、アニメ化!

イメージ 27

イメージ 1

 原作既読、想像以上に「全力」でバカっぽく映像化されており、これは楽しいかもしれない! いいね!
 ドン引きな試食リアクションまで全力でアニメ化!
 バカじゃないの!

 旅立つ時だ…、創真。てめえの器を量って来い……!

まだまだこれから!
 しかし、卒業到達率10%を切るって、今更ながらとんでもねえ設定である。
 オープニングもエンディングも気に入った!

 また本作、キャラが増えてきたからが本番だと思いますが、三話にあててくるんでしょうかね?

創真『マズい……、不味いわ……、破壊的なまでに…、笑いが出るわ…ッ!』

イメージ 2

 不味いから始まる料理アニメ。

ゆきひら、営業休むってよ
 中学三年の幸平創真は、父の経営する大衆食堂「ゆきひら」で働き、卒業後は店に入るつもりだった。
 そんなある日、父が不在の時、敷地を狙う地上げ屋が店を荒らし
 いけしゃあしゃあと料理を注文。

 客の望む料理を提供できないなら、店を閉めると言ったはずだと創真の揚げ足を取る。

 だが、創真は機転を利かせてこれを撃退し
 店を守りぬいた。

 しかし父は「店は休業する」と言い出し、創真を“卒業率到達率10%の超・難関料理校”へと叩き込む……!

 次回、2品目「神の舌<ゴッドタン>」。

幸平城一郎『ご賞味あれ?』

幸平創真『おあがりよ!』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 とみた屋の兄ちゃんがイケメン!?

食事どころ「ゆきひら」
 創真は、中学生ながら父の大衆食堂で働いている、そりゃもう負けず嫌いな料理少年であった。
 時に客に審査を頼み、勝負をするのが名物となっているくらいだ。

 ハァ!? 調子のんな! まだ489敗目だッ!

 まだ、一度も勝った事は無いハズですが
 挑み続ける事が肝要。

 しかし、一話目とはいえ料理の作画、効果音もスゴイですわ。

創真『さあおあがりよ、笑えるほど不味いから……!』

イメージ 7

 しかも、可能性に賭けて失敗作も数限りなく作り出し、嬉々として他人にも食わせる料理バカ。
 彼に言わせれば、そう――――。

 料理とは、果て無き荒野そのものである。美味しさも不味さも、数限りなく点在する荒野……!

 まさかのナレーション銀河万丈
 視聴確定の瞬間。

 本作、確かナレーション結構多いし、万丈さんは料理系のナレーションも多いし……!

創真『アレは壮絶な不味さだった……、でもゲソピーの方が不味いな!』

城一郎『いいや! 煮干ジャムの方が不味いッ!』

イメージ 8

 ともかく、失敗を含め研鑽を積み重ねる事で、料理の高みを目指す親子なんだか
 ただの不味い料理の自慢なのか
 ただの負けず嫌いなのか

 幸平親子、圧倒的似たもの親子であった――――!

 父はcv小山力也さん。
 いいねぇ、このダメ親父っぽいし力強い声、超似合ってますわ。

目の前に 広がる景色ぜんぶが 実は ちっぽけだったと気付いた♪

イメージ 9

 オープニング主題歌『希望の唄』も、高みを目指す歌詞がすごく本作にあっていて実に良い!
 誂えたのでしょうか?

 そして四之宮先輩の悪役顔!

 登場が楽しみ!
 そして、「修羅」とか書かれた包丁持ってるトーチャンのネタキャラ感! 間違ってないけど!

創真『(もうすぐ中学卒業……、そしたら、もっと料理の修行が出来る!)』

地上げ屋『ごめんくださぁい♪』

イメージ 10

 あざとい、地上げ屋の姉さんあざとい。

野望とトラブル
 創真は、義務教育終了と共に店に専念し、いずれは父を越えようと燃えているのだが
 あいにくと、駅前にある立地に目を付けられてしまい――――

 けれど、客の求める料理を出せなかったら、どういう形で責任を取るのかしら?

 売り言葉に買い言葉。
 まんまと、地上げ屋の望む言葉を叩き付けてしまう。

 つまり、もし客の望む料理が出せなければ、廃業でも何でもしてやると――――。

親父@電話『<俺、用事で出ててな。明日になるから、店開けなくていいぞ>』

創真『(あの親父が店を休むほどの用事って……?)』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

 親父がどこに行ってるかは、次回に持ち越しか。

地上げ屋襲来
 その翌日、父が珍しく店を空けた隙を狙い、地上げ屋は店内をムチャクチャに荒らしてしまう!
 勿論、こうなれば注文は一つ。

 ねぇボク? 一品作ってよ、とびきりジューシィなお肉料理を……♪

 食材、特に「肉」を丹念に潰し切った上での注文
 なんて仕事が速いんだ……。

 とりあえず通報すべき。

創真『ジューシィな肉料理……、注文は以上だな?』

『二度と店に立ち入らないと誓え! アンタの舌を満足させられたらな!』

イメージ 15

イメージ 17

イメージ 1

 料理の作画と緊張感すげぇ!

なんちゃって!
 しかし、一歩も臆さず注文を受けた創真は、お題にあさっての方向で応えてしまう。
 ちょうど買ってきた、朝食用の食材があったのだ。

 お答えするよ……、じゃがいもに明日の朝食用に買ったベーコンを巻いた、なんちゃってローストポークだ!

 って肉料理じゃねえ!?
 なお、ベーコンなどで肉を巻き肉汁アップする料理法、トルネードステーキは実在します。

 美味しいよ!

創真『……あれ? なんだろうこの空気……?』

地上げ屋『バカにしてるのかしら? 肉料理を出せって言ったのよっ!』

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

 いやその反応はおかしい。

春の肉汁祭り
 事実、地上げ屋は「失敗作だ」と罵倒し、口をつけようともしなかったが、その勢いと香りに惹かれる。
 オーブンでたっぷり炙られた、香ばしさと醤油・香草の香り!

 ゆきひらに価値が無いかどうか…、この一皿で解るさ。おあがりよっ!

 びっくりするほど脂を出すベーコン。
 これをカリッと焼き、中にジャガイモとキノコを閉じ込め、その脂を逃さず吸収。

 更に焦がした醤油・みりん・バターとワインの熱々ソース!

 一口食べれば香ばしく、パリッと噛めば肉汁たっぷり含んだポテトがじゅわ&ほくほく!ってな寸法よ!

創真『―――そこからこの料理を考えたんだ、失敗作からね?』

イメージ 22

 ヒントは、昔、うっかりポテトサラダに脂を染ませてしまったという失敗。
 脂と味が染み込みやすいなら……、と。

 失敗を繰り返しながら、負けず嫌いな創真は、それを貪欲にアイデアとして取り込む。

 それが今回の「なんちゃってローストポーク」なのだ、と。

地上げ屋『こんなもの……、でも…、手が、止まらない…!』

創真『―――続きが喰いたきゃ誓いなよ、二度と狙わないってな?』

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

 かつて、これほど酷いリアクションがあったろうか!(実は色々ある)。

お粗末!
 食い意地のみなぎる地上げ屋の皆さんは、遂にその誘惑に屈してしまい、地上げを断念。
 思う様、ボリュームたっぷりのローストポークもどきを貪る。

 く…、く、だ、さ、い……!

 なんて酷い絵面だ……!
 もはや、ツッコミどころ以外ないじゃないか……!

 なお、原作の「食べないなら廃棄するぞ」の一言は、TV的にNGだった模様。おのれ放送倫理!

城一郎『創真――――、二、三年、この店閉めるわ♪』

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

 なんと昭和の香り漂うスケールのデカさ……! リアルさ? なにそれ美味しいの?

魔王の学園
 しかし、当の親父は「しばらく休業する」とあっけらかんと言い放ち、創真、硬直。
 お前は料理学校に進め、と言い渡される。

 旅立つ時だ…、創真。てめえの器を量って来い……!''

 しかもその学校は、純粋な実力主義だけが支配し、卒業到達率10%を切るキチガイなエリート校……!
 かくて、春から新生活が始まる。

 また、そこにはこれまたおかしいヒロインの姿があった―――!

薙切えりな『不味い! 酷いお吸い物ね!』

『安らかに滝業している時、ジュークボックスが降ってきたような味がしたわ!』

イメージ 33

イメージ 32

イメージ 16

イメージ 34

 なお“五万匹のワタリガニ”とかいう、手間のかかる例えは変更された模様(読み切り版準拠)。

おあがりよっ!
 EDも、メッチャ良い笑顔してて良いですねーというか、銀河万丈さんが不意打ち過ぎる。
 京騒戯画といい、ナレーション役がホント良いんですよね。
 流石、ダービー・ザ・ギレン総帥!

 週末はリアルタイムしやすいとはいえ、週末にアニメ集中しすぎィ!

 そんな中、気合の入ったバカアニメっぷりが笑える!
 いやぁ、良い仕事してますわ(褒め言葉)。
 次回も楽しみです。

 次回、2品目「神の舌<ゴッドタン>」。

 原作一話を縮めているので、学園の詳細とか親父のエピソードは次回に回された模様。
 さて、その判断は吉と出るか凶と出るか。

■関連感想記事
 なし