GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ユリ熊嵐 最終話「ユリ熊嵐」感想。納得と大混乱の最終回。それがセクシー! シャバダドゥ?

きっと、大切なのは“自分が感じたスキに、正直になりなさい”って

イメージ 1

イメージ 34

 主人公、紅羽と銀子がどうなったのかは解らないけれど、そんな事よりもあなたはあなた自身を考えて?
 彼女達を見て、あなた自身の世界は、どう変わりましたか?と問う物語。
 だったのでしょうか……?

 でも、それで良いのです。世界はあなたのスキで目覚め、変わってゆくものなのですから。

透明な嵐に混じらずに
 自分の価値観、自分の世界を変えられる程に大きな出会いで、幸せを見つけた少女たちの物語。
 これにて完結、それがセクシー!
 シャバダドゥ?

 実は、紅羽の記憶を消したのは紅羽自身だったとか、納得させつつも大混乱をもたらす最終回だった!

『銀子、くれちん、ありがとう……、るるは、二人の事がダイスキだよ…』

イメージ 2

 るるの死と、ゲスの極み乙女チョーコから最終話スタート!

ただ、それだけの物語
 銀子もるるも、それぞれが自分の「スキ」の為にその身を投げ出し、るるは落命した。
 また、純花が自分の為に「透明な嵐」に逆らってくれた事に
 紅羽は一つの結論に至る。

 紅羽は、スキとは相手の為に我が身を惜しまない事だと、自分をクマに変えてくれと願う。

 女神クマリアは願いを叶え、二人は種族の壁を越えいずこかへと消えた。
 対し、蝶子らは、自分達は勝利したと歓喜する。

 けれど、二人の自分に正直にある幸せは学園を感化させ、世界は少しずつ変わってゆくのだった(終)。

蝶子『私達は、透明な存在でなければなりません。排除の儀を始めましょう』

『友達は、何より大切ですよね?』

イメージ 3

イメージ 4

 ホント、この語りは最後まで憎たらしかったわー。すげぇセンスです。

「空気を読めない者」への罰
 蝶子らは、無抵抗となった銀子を敢えて捕らえ、紅羽=悪を行う者への見せしめに使った。
 このマタギってば、チョー卑劣である!

 これはあなたへの罰! あなた(の行い)が友達を殺すのよ!

 紅羽への見せしめ。
 そして、空気を読めなければこうなるという、格好の見せしめなのでしょう。

 フック船長みたいな事をしおって!

蝶子『友達……? ばかを言うな、がうがう! その娘は、私の友達じゃない!』

『私は椿輝紅羽を食べに来ただけ、友達じゃない!』

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 モブ子たちの空気の読みっぷり、さすがといえよう。

最初から私の友達だった!
 が、前回、前々回共々「友達じゃない」と銀子も叫ぶが、紅羽は即座に否定を否定。
 銀子が、自分の為に嘘をついていると叫ぶ。

 それはウソよ…。それならなぜ私の側に居てくれたの? あなた達は私を護ろうとしてくれた。

 嗚呼、ウソがバレる間隔がどんどん短くなる!
 クマショック!

 透明な嵐の中から、自分を見つけてくれた銀子の為に、紅羽も危険に身を晒す。

銀子『違う! 私はお前の敵だ、最初からお前を食べに来た、私はクマだ!』

蝶子『―――! クマが正体を現したわね、排除よっ!!』

イメージ 9

 おいそこの蝶子、空気読め

「記憶の欠落」の真相
 かくのごとく、クマは悪だと詰め寄る少女たちの姿に、紅羽はカンペキに思い出した。
 幼い頃、同じように詰め寄られた日の事を。

 そう、約束のキスを望んだのは“私”だった!

 裁判は“二つ”あったッ!
 幼い日、紅羽が記憶を失ったのは「彼女自身が望んだから」でもあった、と判明する。

 そして前回、前々回での「裁判」がソレだったのだ、と。

紅羽『もし、この子が、人間の女の子だったら―――――』

セクシー『開廷ーーーーーーーっ! ようこそ、断絶の裁判所へ』

イメージ 10

イメージ 11

 敵陣ど真ん中で、断絶裁判スタートとかマジぱねェ。かわいい。

回想の中の「傲慢」
 紅羽は、幼い自分がユリ裁判に臨み、あまりに傲慢な言葉を吐いていた事実を思い出す。
 相手を想って、あまりに傲慢な言葉を吐く少女。

 それに銀子だって、ヒトになったほうが幸せだわっ!

 それが紅羽の罪か。
 なんて可愛い、もとい酷い話なのだ……。

 傲慢なんて言葉も知らない、浅慮だった自分と、それを囃し立てたクール・ビューティーを思い起こす。

セクシー『あなたの罪を、認めますか?』

紅羽『認めます。私は、かつて傲慢の罪を犯し、願いました』

イメージ 12

 そして再び現在、成長した紅羽が、自分の罪を理解した姿にクール・ビューティーは驚き
 セクシーはセクシーに、彼女の得た答えを問う。

セクシー『あなたの望むものは、見つかりましたか?』

紅羽『私は、私の望むものを、本当のスキを見つけました!』

イメージ 13

 それから紅羽は純花に出会い、好きなものの為に自分自身を投げ出してくれた、スキの形を想う。
 その返答に、セクシーは戒めを解いてくれた。

 セクシー認定で、この時点で、椿輝紅羽は「罪人」では無くなった

紅羽『もう怖くない――――、私は、嵐の中に飛び込む!』

蝶子『な、何なのよ!?』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 20

イメージ 22

 蝶子さん、ごもっともです。

あなたのスキは本物?
 やがて、現実に舞い戻った紅羽は「クマリア」に呼びかけ、自らをクマに変えてもらった。
 銀子の為に、自分自身を捨てる覚悟。

 クマリア様、どうか私を――――、クマにしてくださいっ!

 マタギも、視聴者も呆然とする中
 クマリアさま降臨!

 自分に合わせて貰うのではなく、他人の為に自分自身を捨てる、純花たちに学んだ覚悟を実践する紅羽。

クール・ビューティ『おお、クマリア様が!』『お姿を取り戻されるぅ!』

セクシー『それでは我々も、行くとするか…』

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 21

 これぞセクシー! シャバダドゥッ! まさにクール! キラキラァ♪

自分自身を打ち砕く
 また、断絶裁判の面々も「クマリアさま」の一部だったと判明、復元したクマリアと融合。
 世界中に散らばったクマリア流星群は、再び女神に戻る。

 そして、童話の「自分を引き裂く」とは、文字通り自分を捨てるという事だった、と。

 銀子もそうでした
 そして今、紅羽も「人間の自分」を捨て、クマに!

 そういう意味だったのか……、そして、クマリア様の姿は「紅羽の持つ女神のイメージです」なのか……?

紅羽『銀子…、スキを忘れないでいてくれて、ありがとう。貴方に約束のキスを』

『私たち、これからはずっと一緒よ――――』

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

 壁が超反応してたのは、二人を、「断絶を超えたどこか」へ飛ばす為なのか……?

そして全ては「日常」に戻る…?
 やがて、クマに変じた紅羽に一同は動揺を隠せなかったが、蝶子は「排除」を強行。
 二人は姿を消し、高らかに勝利宣言を行った。

 な…、何してるの……? あれはもう人ではない、クマだ! 迷うな! 考えるな、撃てぇぇぇぇぇぇっ!

 目の前で愛し合う二人。
 はい、撃ちます!の亜衣撃子さんでさえ、もう撃てません……と言い出す始末であった。

 ですが、一応「空気」は勝ち、学校は平穏を取り戻すのです。

蝶子(戦後)『それでは、排除の儀を始めましょうっ!』

イメージ 29

 その後、勝利宣言と「排除の儀」を再会する蝶子ですが、てっきり蝶子が排除される流れかと……。
 でも、そんな解りやすい因果応報では終わらず
 もっとじわっとした決着へ。

 それがセクシー!

ゲスメカクマ子『げすぅ~、げすぅ~~……』

亜衣撃子『――――見つけたよ?』

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

 まさかのゲス子エンド。

そしてまた花開く
 あの戦いで、二人が女神に導かれて旅立つ姿を見た撃子は、処分されたクマ子と仲良しに。
 紅羽と銀子は、「社会体制と常識=透明な嵐を変える」とかではなく
 ただ、自分のスキを貫いただけ。

 でも自分のスキ、自分がスキだと感じたものを貫く事は、不幸ではなく幸福だと知らしめた。

 感化された二人にも種族を越えさせ
 また、きっと同じように、或いはこの二人に感化されて、きっと世界は変わっていく。

 きっとそういう事なんだと、私は思います。

みるん(弟)『ねーねー、おねえたまー、それで二人はどうなったの?』

るる『どうなったのかなぁ…、みるんはどう想う?』

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

 るる、やっぱり死んじゃったのか……?

ずっと一緒だよ♪
 EDは「スキがキスになる場所」で、死んだ弟と一緒にすごせるようなった、るるの姿が。
 銀子に仮託するのでなく、自分自身の願いを果たするる。

 一つ解ったことがあるんだ。“約束のキス”、ボクからすれば良かったんだ♪

 そこに気付くとは……。
 あの第4話、みるんは「キスして」ってしつこく迫ったけど、もっとカンタンな方法があった!

 私を愛して、じゃなくて愛すれば良かったってお話さ!(多分)

クマリア様『娘たちの行く先は、誰も知りません。でも、それで良いのです』

『世界はあなたのスキで目覚め、変わってゆくものなのですから』

イメージ 38

イメージ 1

イメージ 39

 なんとも、自分はこう感じたけど、これで良いのかなぁ?とも思わせられる終わり方。

■いわゆるイクニ監督エンド
 純花の献身に紅羽が答えを見出したように、二人の姿に、撃子が変わりゲス子が救われたように
 二人が、物語がどうなったしまったかという事より
 そこに何を見出しますか、と。

 紅羽の罪、セクシーでクールでビューティーな合体だとかクマリア様降臨、クマ変化、撃子エンド!

 みるんの答え、自分の姿を砕く本当の意味とか
 納得しつつも大混乱!

 本当に、驚かされっぱなしだし納得したし楽しかったし、物語としても考えさせられたし、映像もスゴかった!
 良いアニメーションだった、楽しかった!
 そう思いました。

 それがセクシー! スタッフの皆さまお疲れ様でした。シャバダドゥ?