GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ガンダム Gのレコンギスタ 最終話「大地に立つ」感想。元気のGは、自由に生きるG! Gのレコンギスタ!

かくしてベルリは、自分の足で「レコンギスタ」へ飛び出したのです!

イメージ 17

イメージ 26

 世界を自分の足で歩き、自分の経験とする自由の旅路、ベルリなりの「レコンギスタ」の始まりエンド!
 結局、技術や思想に溺れて戦争ではしゃいでた大人は戦争で死に
 伸びやかな最終回となりましたね! 

 そうか、飛べっ! 僕はこれで世界一周するぞぉっ!!

ゴッチャゴチャエンド!
 クンパ大佐が割とどうでもいい状況で戦死、クリムもノリで父殺しするし監督ノリノリすぎる!
 結局、メインキャラはほぼ死なずベルリの恋愛云々も発展せず
 なんとも自由闊達なラスト。

 色々あったけど結局人類は戦争に懲りて、少し元気になった平和エンドって、悪くない!

マスク『マニィを傷つけた礼はさせて貰うッ!』

イメージ 2

 開幕早々、容赦ない逆恨みって奴だ!

そして少年は大地に立つ
 地球に降りると、アメリア大統領の手配した艦隊が、キャピタルへ空き巣狙いをかけている真っ最中!
 アーミィは彼らと交戦に入り、メガファウナ隊もこれに乱入。
 艦隊は壊滅し、アーミィはクンパらを失う。

 アメリアの大統領もなんやかやで死に、ひとまず戦いたがり達は居なくなった。

 けれど世界は、相変わらず「電力」にまつわる病理を抱えており
 アイーダは再び月と金星へ渡った。

 ベルリは独り大地を踏みしめ、姉と弟は「世界」を見て、問題解決への手段を模索する旅を始めるのだった。

アイーダ『(アメリアの)艦隊って……!?』

ノレド『こういう機会に、アメリアがキャピタルを占領しようって!』

イメージ 3

 アメリア本国艦隊、このチャンスに空き巣狙いとかいうファンサービス。

激戦のギアナ
 地上に降りたメガファウナ、マスクの母艦、そしてアーミィの「ブルジン」本隊だったが
 アメリアが手配した、新鋭艦五隻と遭遇してしまう。

 そんなインスタント艦隊など、このブルジンのウーシア部隊で叩き潰せるッ!!

 このアーミィ司令、ノリノリである
 ホント戦争好きなんだから!

 一方マスクはといえば、ガールフレンドが居ない奴の事も考えず、未だベルリを付け狙う。

マスク母艦の艦長『アメリアの艦隊とは何だ!? そんな話は聞いていない!』

『他人の戦争で死ぬ気などない、カリブ海に出るぞ!』

イメージ 4

 なおガランデンの艦長、妙に真っ当なリアクションをするんで笑わせます。
 地球に降りたら、五隻も敵が居た!

 なんでこうまで交戦をやるんです! 地球人は戦争オタクですか!?

 同じく、金星頭さんも真っ当なリアクション。

マスク大尉『飛び級生は何をやっているんだ!?』

ベルリ『艦隊の戦いは止めさせる!』

イメージ 5

イメージ 6

 最終話でもG-セルフ強ぇ!

「G-セルフは悪魔か!?」
 マスクは、あまりにも共感できる言葉を吐くが、実はGには欠陥が芽生えていたと判明。
 Pパックが強すぎて、エネルギーを浪費しているのだ。

 将来! 独裁者になるような筋の者ォォォォォッ! この世を去れええええええええええええっ!

 節電思考に入ったベルリ。
 怒るマスク!

 最終話でもワンサイドゲームで押しまくるベルリ、G-セルフ強すぎィ!

アーミィ司令『ガランデンを狙うアメリア艦隊に、集中砲火をかけろ!』

ガランデン艦長『な、なんだこいつらァ!?』

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 1

 戦場ド真ん中に下りたクンパ大佐、コケたベルリママに蹴っ飛ばされるとかホント好き。

乱戦、艦隊戦!
 アイーダは、艦隊編成は死んだ父の行いだと責任感に駆られるが、既にそれどころでは無い。
 アメリア艦隊はアーミィと真っ向から交戦に入っていた。

 あの大きい軍艦の正体! あの軍艦に乗ってる大人って、大きなオモチャをもらってはしゃいでるんです!

 戦争の正体が、新技術と戦争の興奮に酔っているだけだと罵倒し
 ラライも、蝶の羽根の一撃!

 って、蝶の羽根って、コイツは「ターンタイプ」の原型か何かなのかよ!?

マスク大尉『バッテリー切れだな、ベルリ・ゼナム君!』

イメージ 9

 ラライア達が「艦隊戦」に決定打を食らわしていた頃、ベルリはしつこいマスクと戦闘。
 しつこいというか、もう殺さずにはすまないマスクの怨念
 ホント、この人どうなってるんだ!?

 どうも話によると、あのマスクで「強化人間」的におかしくなってるらしい。

クリム『何がビーナス・グロゥブのジット団だッ!』

ミック『所詮、懐古趣味の歴史オタクと解ったんだよッ!』

イメージ 10

イメージ 28

イメージ 11

イメージ 12

 ダメだこのクリム、今週テンションが高すぎる!

チッカラ、粉砕 
 一方クリムは金星コンビとの激闘の末、チッカラを粉砕しクンを後退に追い込む。
 あちこちからビームを出すわ、グルグル回すわ!

 諸君は、ビーナス・グロゥブから私にヤられに来たんだよなぁッ!

 さすが最終回!
 天才クリムにチッカラが戦死。

 あの人、地球で思う存分に筋トレさせてやりたかったなぁ……。

ベルリ母『ベル…、ベル…、ベルなんだからベルを鳴らして頂戴……!』

マスク『バッテリー切れと見た! 勝負、賭けたッ!』

イメージ 31

イメージ 13

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 乱戦の中でアーミィ司令は戦死し、クンパ大佐も、交通事故同然に落下死―――――

レイハントン!
 やがて、勝負を賭けたマスクとクーンと渡り合ったベルリは、両機を沈黙。
 艦隊もそれぞれに機能を失い、停戦となった

 全ての遭難者を救出する事を、アメリアのアイーダ・スルガンの名を以って命令します!

 ギャグみたいに散った人も居ますが
 結局、心から戦いたい人は、戦う機能を失うまで戦いを止めなかったという辺り、残酷なものもある。

 ベルリは、遂に「マスク大尉」とは解りあえなかったわけですから。

ベルリ『縛ったんじゃなくて、繋がっているんです!』

『もう僕は攻撃はしません、その意味は解りますよねっ!』

イメージ 18

 一方、相手を「攻撃する」ビームウィップではなく、牽引ビームで拘束するだけに留めるベルリ。
 その言葉に、地球人を見下していたキアの相棒クン・スーン
 地球人が人殺し集団ではないと悟ったらしい。

 いつでも殺せる状態だけどそうしない、ベルリに殺意が無い事を理解するクン。

 彼女はベルリと和解し、エンディングでは一団に加わった。

ルイン『――――遂に世界一周飛行かい…』

マニィ『ルイン、コーンスープ』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

 ああ、フラミニアさんも「ボディスーツ」だったのか! 軽くビビるビジュアル。

そして「世界一周」へ
 戦後、クレセントシップによる地球・月面・金星の「世界一周旅行」が成立。
 その道中、クリムは父を潰させてしまった。

 止めないで下さい! 自分の息子を戦死させてまで利用するような大統領などは、潰してもいいッ!

 クンさんは、キア隊長の息子を妊娠してたと判明するし
 もうドタバタだなチキショウ!

 なおクリム、どうも大統領の息子の地位も捨てるのか、グライダーで南洋に飛んでいった模様。

ノレド『ベルは!? ベルが居ないよ!?』

アイーダ『ノレドさん、“チュチュミィの世話は頼む”って伝言でした!』

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 26

イメージ 27

 さすがにノレドの扱い、可哀想だなぁベルリ・ゼナム君!

立ってみて歩く!
 そして、ベルリも途中下車して「シャンク」を使い、生身で世界を歩く旅を始めた。
 ルインもクリムも、ベルリも自然へと帰る。

 そうか、飛べっ! 僕はこれで世界一周するぞぉっ!!

 他人と技術に振り回された戦争から、生身で世界を見て回る新しい旅立ちへ。
 それがベルリの選択。

 その旅に実りあれ、そういう結末ってワケさ!

「動かないままなら、始まらないから」。Gのレコンギスタ、終幕―――。

イメージ 25

 ちなみにこの「農家の爺さん、cv井荻 翼さん」は、富野監督ご本人がcvを務めたそうな。

そして世界は動き出す
 結局、各勢力の“戦いたがり”な人たちはみんな死に、そして世界の抱える病理は理解された。
 アイーダが当初言ったとおり、エネルギーの独占は不公平感を生む。
 けど管理側、「金星」も問題を抱えていた。

 解決策はまだ見つからないけど、互いに問題を抱えている事は理解されたワケです。

 当初のアイーダみたいに、単に「独占する連中は悪だ!」って非難じゃなくて
 今は彼らと寄り添い、共に問題解決を考えられる
 これは大きな一歩ですよ。

 互いを理解すれば、少なくとも、問題解決は「攻撃」じゃなくて「話し合い」に変わるはず。

 そうした一歩にアイーダが踏み出す一方
 ベルリは、そんな大上段じゃなくて「世界」を直接見て回る事を結論。

 方法は違えど、今回の件で世界の抱える問題を見て、解決へと自分達の足で歩き出す決着。

 私には、そう思えました。
 EDの歌詞的にも。

 ともあれ、スタッフの皆さまお疲れ様でした!