GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

夜ノヤッターマン 第11夜「真実のヤッター・メトロポリス」感想、真実と絶叫と。次回、ホントに終わるのか!?

最終話前夜にて、“戦意を新たにする”ドロンボー+2! ゴロゾーさん絶叫!

イメージ 13

イメージ 19

 ゴロー将軍、いえゴロゾーさんの渾身の絶叫がベタだけど涙腺にくる、どうしようもない敗北回。
 そしてドクロベー様、あまりにもロングスパンにタチが悪すぎる!
 どんだけ気長な計画なんだ……。

 アルエットォ! お前は俺の――――、天使だぜぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇッ!

ドロンボー再起動!
 残り一話にして、一話目を思い起こさせる完全敗北と脱出の回。
 ここからどうやって反撃をキメるのか?

 父の死という心理的要因で盲目になっているアルエットの回復も、カギとなるのでしょうか?

ドロンジョ『タイム! ターイム!』

イメージ 2

 明らかにボケ老人くさいドクロベエ様に、一同困惑。

地球よりも長生きな悪党
 待っていた「ヤッターマン」の正体は、ドロンボーの主だった“ドクロベエ”その人だった。
 長命な宇宙人の彼は、長い長い戦いに繰り返し敗北し続けるも
 最終的に、人類を壊滅に追い込んでいた。

 ヤッターマンを名乗った彼は生き残りをデッカイドーに集め、閉じこめ、絶滅するまで苛めつくすと決意。

 真相を知ったドロンジョ達は反発
 同じく、「アルの父・ゴロゾー」に立ち戻ったゴロー将軍の自己犠牲を受け、脱出する。

 だがドクロベエ撃墜され、湖深くへとと沈んでゆくのだった――――。

 次回、第十二朝

ドクロベエ『やれやれ、子孫も世話の焼ける奴らだべ……』

『よーく聞くだべ? 我輩、ドクロベエ様の栄光の歴史だべ!』

イメージ 3

イメージ 4

 いまや、ベータでもなく、フツーのビデオデッキすら絶滅危惧家電という恐怖。

しょうげきのこくはく!?
 出迎えられたドロンジョ達は、自分は「子孫」でなく本物のドクロベエだと語る老人に困惑する
 が、彼は自分は宇宙人なのだと明かし―――。

 宇宙人なら長生きしてても不思議は無いですねぇ……

 あっさり受け入れるボヤトンコンビ。
 話が早すぎる!

 そして、今から説明するんだべぇ?と、細やかなサービスをしてくれるドクロベエ様、親切。

ボヤやん『私、全国の女子高生とお友達になりたい……! 魂に刻まれた記憶♪』

イメージ 5

 説明の際、誤って「女子高生」のビデオテープを流してしまい
 感動するボヤッキー

 ていうか、女子で高校生、高校生と言う概念は知っているのかボヤやん。

ドクロベエ『我輩は地球誕生に巻き込まれ、身体がバラバラになってしまったべ』

『宇宙に帰る為に、ドクロストーンを集めさせていたべ――――』

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 お察しの通り、ドロンジョ達の鼻歌は「旧作の主題歌」なんだべ~。

「全ての未来」の物語
 宇宙人、ドクロベエは宇宙に帰るべく、バラバラになった身体を旧ドロンボーに集めさせた
 それは成功したが、あまりの無能さに「オシオキ」をする。

 身体を取り戻した後も、地球人を逆恨みして攻撃を繰り返すが、連戦連敗。

 だが本作一話冒頭の通り、最終的に「戦争」に勝利
 支配者として、君臨するに至った。

 ドロンボーの一族の受けた「オシオキ」とは、やはりドクロベエによるオシオキだったのである。

ドクロベエヤッターマンに勝った我輩だが、むしゃくしゃが収まらなかったべ』

『人間たちも我輩を迫害したべ! おしおきだべぇ~~~~っ!』

イメージ 9

 つまりあらゆる「旧作」の果てには、やがてドクロベエが勝利するという未来が存在。
 その矛先は、人間にも向かった。

 荒廃した世界を捨てて、生き残りをデッカイドーに集約し「ヤッターキングダム」を創設。

 その目的は、自分の管理下で人類をイジメ殺す事。
 絶滅するまでイジメ抜く事。

ドクロベエ『人間は、最後の一人まで我輩の為に働き続けるべ―――』

イメージ 10

 労働は全て「エネルギーを生み出すこと」に用いられ、その全てはドクロベエに吸収される。
 そもそも全ては、人類が滅びるまで圧迫し続ける
 壮大なイヤガラセだったのだ。

 なんつうタチの悪いクソジジイでしょうか……。

 普通は反乱が起こりますが、マインドコントロール、絶対的な武力の差でカバーするという。

ドクロベエ『話は以上だべ。ヤッターマンは居ない、言うなれば我輩がそうだべ?』

『改めましてこんばんわ、ヤッターマンでぇ~~す』

イメージ 11

イメージ 12

 オイ待て、素になるな素に!

ヤッターマン
 そして、自分の言う事だけを聞くよう改造したサイボーグ、ロボットの兵隊を組織し
 人類を苛めつくそうとしている、と。

 昔のよしみだべ、ヤッター十二神将に入れてやっても良いべ? ひいふう…、十六神将だべ~♪

 十六神将って、徳川家じゃないんだから……。
 もちろん断るドロンジョ

 しかし阪神を応援するのに忙しいって、まだ球団残ってるのかよちきしょう!?(原作ネタ)

ドロンジョ『私達を苦しめてたのはヤッターマンだと思ってたのに…!』

オダ様『―――やれやれ、俺様の出番でブ~~』

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 このブタ、毎度毎度優秀すぎる。

ゴローでゴロゾー
 ひとまず、牢屋に幽閉されたドロンボー御一行だったが、オダ様の機転で脱出に成功。
 また、実はそばの牢屋にはゴローも眠っていた。

 ヒバリは日晴とも書くんだぜぇ? お前も天高く飛べるぜぇ……?

 ゴローは、アルの父ゴロゾー。
 爆発事故で死に、サイボーグ処理されて甦った、ドクロベエの奴隷だった。

 機能が弱りフラッシュバックする記憶、優しいゴロゾーさんに何故か変な笑いが出るんだぜぇ!

ゴロゾー『ワン……、力を貸してほしいぜぇ…?』

イメージ 16

 記憶が甦ったゴロゾーは、同じくサイボーグ化された愛犬「ワン」に助けを求める
 先日の一件で、下半身が丸ごとなくなっているのだ。

ゴロー将軍『ここは俺に任せるがいいぜ……!』

『―――罠だとして、他に選択肢があるのか? だぜぇ』

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 1

イメージ 21

 何があっても、俺が命がけで護ってやるぜ――――

何があっても
 やがて、退路をふさがれた一行の前に満身創痍で駆けつけ、戸惑う彼らの盾となって逃がす。
 その脳裏に次々と甦るのは、愛娘の笑顔ばかり―――。

 アルエットォ! お前は俺のォ――――、天使だぜぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇッ!

 ようやく察したガリナも強引に帰し
 愛犬ワンと共に、ゴロゾーは敵ごと自爆スイッチを起動。

 愛娘への愛を高らかに叫び、アルエットの父ゴロゾーは今度こそ本当の死を迎える

ガリナ『絶対に許せない……、ドクロベエを!』

ドロンジョ『倒そう! どうせ、どこへも逃げられっこない!』

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

 ようやく街の全景を知る二人、なんとまぁ自己主張の強いジジイだこと!

おしおきだべぇ~!
 ゴロゾーの最期を見届けたガリナは、ドロンジョと共に奴を必ず倒すと決意。
 しかし、ヤッターコウノトリは撃墜されてしまう。

 この闇の世界に、新たな夜明けをもたらす為に!

 熱い決意!
 しかしあっと言う間に撃ち落すとか、ドクロベエさま空気読んで!?

 この宇宙人、フットワーク軽いなオイ!? 

次回最終回、ガリナとアルエットは目覚めるか?

イメージ 27

 湖に落ちたっぽいですが、クッシーや、「外界」から戻った太郎でオールスター総反撃となるか?

次回、最終話
 後半が完全にゴロー主人公、満身創痍で有限実行する姿がカッコよすぎたけど救われない……。
 ガリナが戻った時、救われるのかと思いましたが
 あの身体ではこれ以外ないのか。

 またアルエットは気付いているのかいないのか、本当に父が死んだのだと。

 彼女の盲目は父の死による心因性だそうですが
 ここからどうするのか?

 次回、いよいよ最終回! 尺がどう考えても足りない「予想」を上回る展開に期待!



 公式サイト http://yatterman.jp/character/